工務店とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 会社 > 工務店の意味・解説 

工務店

一般に工務店とは、比較的狭い営業エリア内で地元密着した活動を行っている建設会社のこと。伝統的木造軸組工法を得意とする工務店が多く基本的には自由設計で、建築主施主)の好み条件合わせ設計してくれるのが特徴だ。また、建築条件付き土地」の分譲を行っている工務店も多い。いずれも地域密着型のため、何か困ったことがあった場合にも素早い対応期待できる。

建設業

(工務店 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 06:48 UTC 版)

建設業(けんせつぎょう、英語: construction)とは、建設工事の完成を請け負う営業をいい、日本においては、土木建築に関する工事で、建設業法に規定する建設工事の種類にある工事の完成を請け負う営業をいう。第二次産業に含まれる。




  1. ^ a b c d e 長門昇 1997.
  2. ^ 発注者(最初の注文者)から直接工事を請け負う。


「建設業」の続きの解説一覧



工務店と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「工務店」の関連用語

工務店のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



工務店のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2020 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの建設業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS