ビルドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ビルドの意味・解説 

ビルド【build】

読み方:びるど

建設すること。「スクラップアンド—」

ソフトウエアデジタルコンテンツなどの開発工程において、プログラムソースファイルから実行可能ファイル作成したり、コンテンツデータを利用可能な状態にしたりすること。

ビルド番号」の略。


ビルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 06:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ビルド

build
Bild
  • ドイツのタブロイド紙「ビルト」の英語読み。

関連項目



ビルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:11 UTC 版)

ラグナロクオンラインの登場キャラクター」の記事における「ビルド」の解説

急進派トップ他の大神官とは違い教皇に次ぐ権力持った狡猾な老人頭頂だけ禿げかかった白髪で、サングラスをかけている。教皇御側付きにも息がかかったものを送り込んでおり、常に教皇や彼女に近づく者を監視している。古株であるジェド彼に頭が上がらない

※この「ビルド」の解説は、「ラグナロクオンラインの登場キャラクター」の解説の一部です。
「ビルド」を含む「ラグナロクオンラインの登場キャラクター」の記事については、「ラグナロクオンラインの登場キャラクター」の概要を参照ください。


ビルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 01:18 UTC 版)

カシノ」の記事における「ビルド」の解説

手札のうち1枚と、合計が同じ数字になる2枚以上の数札場札にあれば、手札あわせて1組にして取ることができる。たとえば、場札A・2・6があって手札に9(=1+2+6)がある場合、41組にして取ることができる。絵札はビルドで取ることはできない。 ビルドとテイク、ビルドとビルドの複合可能である。たとえば、場札2・3・510があり、手札10(=2+3+5)がある場合、51組にして取ることができる。また、場札A・2・23・4・6があり、手札に6(=1+2+3=2+4)がある場合、71組にして取ることができる。テイク同様、手札から出せるのは1度1枚のみ手札2・6場札の8を取る、というのはできない)。

※この「ビルド」の解説は、「カシノ」の解説の一部です。
「ビルド」を含む「カシノ」の記事については、「カシノ」の概要を参照ください。


ビルド(build)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 02:50 UTC 版)

カクテル」の記事における「ビルド(build)」の解説

直接グラス氷や酒類などの材料注いで作る技法。なお、この方法で冷たロングドリンクロングカクテル)を作る場合で、氷を使用する時は、予めグラスに氷を入れた上でその他の材料入れる。この方法で作った場合グラス材料注いだ後で、しばしばステアが行われる。ただし、ステアする場合でも、ステア前に炭酸を含む材料加えた場合炭酸二酸化炭素となって逃げてしまい、味が悪くならないように注意する必要がある

※この「ビルド(build)」の解説は、「カクテル」の解説の一部です。
「ビルド(build)」を含む「カクテル」の記事については、「カクテル」の概要を参照ください。


ビルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 00:19 UTC 版)

OpenJDK」の記事における「ビルド」の解説

Oracleが、長期サポートリリース(英語版)(LTSに対するアップデートJDK 11や8u211以降はパーミッシブ・ライセンスリリースするのを中止したため、他のグループらがパーミッシブなライセンスのビルドを提供し始めている。しかし、Oracle JDK 17からは次のLTSリリースされてから最低1年パーミッシブ・ライセンスであるNo-Fee Terms and Conditions (NFTC)とすることが発表されている。また、下記の内、AmazonMicrosoftOracle以外はOpenJREも配布している ビルドLTSパーミッシブTCK商用サポートAdoptiumYes Yes Yes オプション(Azul,IBM) Amazon CorrettoYes Yes Yes オプション(AWS上) Azul Zulu Builds of OpenJDKYes Yes Yes オプション BellSoft Liberica JDKYes Yes Yes オプション Microsoft Build of OpenJDKYes Yes Yes オプション(Azure上) Oracle Java SEYes (yes,LTSリリースから1年以内) Yes Yes Oracle OpenJDKNo Yes Yes No Red Hat OpenJDKYes Yes Yes Yes SapMachineYes Yes Yes オプション(SAP製品)

※この「ビルド」の解説は、「OpenJDK」の解説の一部です。
「ビルド」を含む「OpenJDK」の記事については、「OpenJDK」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビルド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ビルド

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:32 UTC 版)

語源

名詞

  1. 建物などを建てること。
  2. プログラミングソースファイルコンパイルするなどして、実行可能ファイル作成すること。

関連語


「ビルド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ビルドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビルドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリビルドの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビルド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラグナロクオンラインの登場キャラクター (改訂履歴)、カシノ (改訂履歴)、カクテル (改訂履歴)、OpenJDK (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのビルド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS