丸投げとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 丸投げの意味・解説 

まる‐なげ【丸投げ】

[名](スル)

土木建設業界で)発注者から仕事請け負った元請けが、下請けから手数料取って仕事をそっくり譲ること。

本来なら担当すべき業務をそっくり他者任せること。「入試問題作成を予備校に丸投げする」


丸投げ(まるなげ)

受注した工事別の建設業者丸ごと回すこと

道路工事施設建設といった仕事請けいながら自分では何もせず、他の業者発注すること。建設業法禁止されている。一括下請けいっかつしたうけ)ともいう。

工事を丸投げした建設業者は、下請け業者から手数料ピンハネする形で利益を得る。下請け業者は、入札資格がなかったり、随意契約が取れなかったりする小規模なところが多いので、丸投げされた工事喜んで引き受け面がある。丸投げによって、両者とも得をする仕組みになっているわけだ。

しかし、競争入札によって落札した工事については、ピンハネした元請け業者利益は、もとをたどれば国民住民税金から出たもの。工事価格不当つり上げられるだけでなく、適正水準下回る価格で受けた下請け業者によって、工事手抜きになってしまう心配もある。

もし、工事下請けに出すとしたら、現場管理技術者派遣して、工事全般統括をさせなければならない建設現場では、形だけの管理技術者を置いて、行政監視から逃れている実態もあるという。

関連キーワード「競争入札
関連キーワード「安値落札
関連キーワード「入札妨害

(2002.02.20更新


まるなげ 丸投げ

一括下請負をみよ!

丸投げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 15:53 UTC 版)

丸投げ(まるなげ)は、官庁企業や個人が自らが行っていた業務、あるいは行おうとしている業務と責任を、他の企業・団体・個人へそのまま委託することをいう。委託側は、丸投げによってバックマージンを得ることができる。また、きつい仕事を他人(主に部下や後輩といった立場の弱い者)に全て押し付け、その責任を転嫁する意味でも使われる。


  1. ^ 昭和23年06月17日田中松月
  2. ^ 第2回衆議院決算委員会20号昭和23年06月24日竹谷源太郎
  3. ^ 「構造計算書偽装問題に対応した建築基準法等の一部改正について」キカンシネット[1]


「丸投げ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「丸投げ」の関連用語

丸投げのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



丸投げのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丸投げ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS