店舗販売業とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > 店舗販売業の意味・解説 

店舗販売業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/20 04:23 UTC 版)

店舗販売業(てんぽはんばいぎょう)とは、規制緩和により2009年施行の改正薬事法で新たに設けられた一般用医薬品の販売業態である。[1][2]


  1. ^ 一般用医薬品の新販売制度アーカイブされたコピー”. 2012年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月18日閲覧。
  2. ^ 厚生労働省. “薬事法の一部を改正する法律の概要 (PDF)”. 2010年8月13日閲覧。
  3. ^ 一般用医薬品の情報提供の方法等(新施行規則第159条の15から第159条の17まで関係)[1]
  4. ^ 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和三十五年法律第百四十五号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2016年12月16日). 2020年1月20日閲覧。 “2018年12月30日施行分”


「店舗販売業」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「店舗販売業」の関連用語

店舗販売業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



店舗販売業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの店舗販売業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS