証拠隠滅とは? わかりやすく解説

犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪

(証拠隠滅 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 15:26 UTC 版)

犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪(はんにんぞうとくおよびしょうこいんめつのつみ)は、刑法に規定された犯罪類型の1つで、犯人をかくまったり証拠を隠滅したりすることで、捜査裁判など国家の刑事司法作用を阻害する犯罪のことをいう。


注釈

  1. ^ 牧師が信徒などを指導すること。

出典

  1. ^ 判例時報768号』(判例時報社)p3、『判例タイムズ318号』(判例タイムズ社)p219
  2. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)461頁
  3. ^ a b 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)462頁
  4. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)463頁


「犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪」の続きの解説一覧

証拠隠滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 07:51 UTC 版)

ヨハネ・パウロ1世 (ローマ教皇)」の記事における「証拠隠滅」の解説

午前4時という、通常通り起床時間になって起きて来ないことを不審に思った修道女によって発見され直後に個人秘書であるマギー神父に連絡が行き、さらに午前5時にはヴィヨ国務長官に連絡が行った、しかしヴィヨはすぐに専属医師団呼ばず自らの側近に連絡した後にようやく医師団次席であるレナート・ブゾネッティ医師に連絡を行ったその後午前6時過ぎに駆けつけたブゾネッティ医師による検死が行われたものの、遺体解剖が行われていないにもかかわらず、ブゾネッティは「死亡推定時刻27日午後11時ころで、死因急性心筋梗塞である」と断定し午前7時27分にバチカン放送による逝去発表がされた際にはこの検死内容そのまま発表された。なお、この際にはなぜか(聖職者私室修道女ではあっても女性入ってはいけないという理由で遺体の発見者が個人秘書マギー神父であると偽って発表され、さらに遺体発見時刻も「午前5時30分」と偽って発表された。 さらに死去後ヨハネ・パウロ1世遺体発見時にベッド周辺置かれていた眼鏡スリッパ就寝前に手元にあったヴィヨ国務長官マルチンクス大司教などのバチカン銀行関係者更迭を含むバチカン人事異動リスト通常常時用意されている遺言状が、前日ヨハネ・パウロ1世より更迭言い渡されヴィヨ国務長官により持ち去られており、その後行方不明になったヨハネ・パウロ1世遺体発見されてから15分経たず、医師団への連絡行われていない午前5時前には、早くもバチカン御用達葬儀社であるシニョラッティ社に連絡が行った上に遺体解剖行われず明確な死因わからないうちから防腐処理が行われたことなど、バチカンによる「証拠隠滅」や「情報操作と思われる行為矢継ぎ早に行われたことが、信者イタリア政界関係者マスコミだけでなく、バチカン内部関係者からも大きな疑惑呼んだイタリア有力紙である『コリエーレ・デラ・セラ』は、遺体解剖がすぐに行われなかったことを10月1日紙面大々的に批判した。なお、遺体解剖防腐処理終了後秘密裏に行われた

※この「証拠隠滅」の解説は、「ヨハネ・パウロ1世 (ローマ教皇)」の解説の一部です。
「証拠隠滅」を含む「ヨハネ・パウロ1世 (ローマ教皇)」の記事については、「ヨハネ・パウロ1世 (ローマ教皇)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「証拠隠滅」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「証拠隠滅」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「証拠隠滅」の関連用語

証拠隠滅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



証拠隠滅のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヨハネ・パウロ1世 (ローマ教皇) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS