ブログとは? わかりやすく解説

ブログ【blog】

ウェブ上の記録を意味する「ウェブログ」の略》個人日記などを、簡便な方法作成し、公開することができるウェブサイト総称パソコンだけではなく携帯電話などを使って更新できるものもある。ブログサービス


ブログ blog, weblog

weblog履歴)という言葉合成したweblog原義で、これを縮めたのがblog日記のように簡単に更新できるホームページのこと。ホームページ制作ソフトができ、作成簡単になったものの、インターネットへのアップ更新には手間がかかる。ブログはISPなどが無料提供するサービス主流で、デザインなどには制約はあるが、簡単に書き込め画像音声アップ可能。また、書かれたものに対してコメントができるコメント機能や、他のブログなどにリンクが簡単に張れるトラックバック機能がある。このため米国では2003年頃から、日本でも04年頃から広がり始めた総務省調査では、05年でブログ利用者は約350万人推定している。

Blog ブログ

【同】 ブログ
【英】 Web Log

かつてはWeb Logの略と言われていたが、現在ではブログという名前が一般化した。Webページ情報日記などをカテゴリ分類をして記録しているWebサイトの事。

トラックバック機能でBlog同士情報共有図り閲覧者特定の属性を持った記事を辿ることができる。また、RSSAtomといったフォーマットで、Webページアクセスせずに更新履歴通知することができるBlogも多い。

関連用語


ブログ

別名:ウェブログ
【英】Blog, Weblog

ブログとは、特定の話題について書き綴った文章感想画像などを時系列順に配置した日記的なウェブサイトのことである。「Web」と「Log」(日誌)という二つの言葉をつなげて作られた「weblog」という言葉を略してこのように呼ばれる

単なる日記画像などを掲載しているだけであることもあれば、インターネット上で見つけた面白ニュース記事Webサイトへのリンクを張り、そこに自分の評論感想を書き加え記事時系列配置されている場合もある。また、単に個人運営されているともあれ複数の人が同じウェブページの中でブログに参加している場合もある。

ブログは1999年にPitas、Blogger、GrokSoupなどといったブログを作成するためのアプリケーション米国公開されたあとから普及始めたこうしたアプリケーション利用すればHTML言語に関する知識がなくても文章を書くだけで手軽にブログを立ち上げることができる。また、これらのアプリケーションやブログを制作するための一連のシステムなどを提供するブログホスティングサービス登場することにより、ブログは一層普及するようになった

インターネット普及につれて多くの人が個人Webサイト自分の日記などを公開始めたが、これらのサイトではその内容広く一般に公開されているため、ほかのサイトからリンクされたり論評されたりする。また、電子メールなどを通じて著者読者コミュニケーションをはかったり、特定のトピックスについて電子掲示板多人数論議することも容易である。こうした環境の中、個人作るウェブサイトは独自の進化遂げそれまで個人サイトでもない、紙の日記でもない新しメディアとして台頭した。

Weblogでは個人行動記録日々の雑感などが書き綴られることもあるが、それとは対照的にインターネット上で見つけた面白いもの、変なもの、スクープなどを紹介し、そこにリンクを張って意見感想を掲載する場合もある。また、この時取上げられるのはWeb上の情報限らず世相時事問題についての独自の情報見解街で見つけた話題紹介するという記事も多い。特に米国では911テロ事件ニューヨーク発生した後には、事件に関する情報意見などがブログ上を盛んに飛び交い既存メディアとは種類異な新しメディアとして社会的認知されるきっかけとなった。

Weblogには読者からのフィードバックを容易に受けることができるようにトラックバックコメントなどの機能が付いている他、RSS機能ユーザー制作した文章の中の特定の語句に対して自動的にリンクを貼る機能などが付いていることが多い。

なお、日本では2003年終わり頃から次第にブログが普及始め現在ではポータルサイトISPなどが自社サービスの一環として無料のレンタルブログサービスを提供している


ブログ

作者輝虎

収載図書不思幕の内弁当怪談特製恐い51
出版社文芸社
刊行年月2007.12


ブログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 04:47 UTC 版)

ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する[1]。執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。


  1. ^ ブログとは IT用語辞典
  2. ^ ブログ・SNSの現状分析及び将来予測] (PDF)”. 2007年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月19日閲覧。 総務省
  3. ^ ブログ訪問者は1年で2倍の2000万超に 2chは990万人 ITmediaの調査報道
  4. ^ 米テクノラティが2007年4月5日に発表した調査結果
  5. ^ Mobile Blogの略
  6. ^ 台湾の古参SNS「無名小站」が年末にサービス終了へ - ライブドアニュース(中央社フォーカス台湾)2013年9月1日



ブログ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:46 UTC 版)

名詞

  1. 身辺出来事論評などを日記形式掲載するウェブサイト

発音(?)

語源

関連語

翻訳


「ブログ」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ブログのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブログのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
PHPプロ!PHPプロ!
©COPYRIGHT ASIAL CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリブログの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブログ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのブログ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS