アメリカ法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アメリカ法の意味・解説 

アメリカ法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/01 00:07 UTC 版)

アメリカ合衆国制度は、連邦法と各州法から構成されている。これらの総称として(日本では)アメリカ法という。




  1. ^ ただし、 ルイジアナ州は、大陸法系のフランスの植民地であったので、フランス法を基礎としつつ、英米法の影響を強く受けた法制度となっている。また、ニューヨーク州法はオランダ法の、カリフォルニア州法はスペイン法の影響を受けている。
  2. ^ ただし、伝統的な慣習であればどのようなものでもいいというわけではなく、「法」といえるためには、将来の予測が可能で誰にでも等しく適用されうる強制力のあるものであることが必要とされている。
  3. ^ 米国では、民事法(civil code)の対象は主に契約法(contract law)、不法行為法 (tort law)、財産法(property law)、相続法、家族法(family law) の五つに分かれるとされているが、日本と異なり、民法典と商法典の区別を明確に意識していない。むしろ商取引(契約)なのか、消費者契約なのかによって区別されている。
  4. ^ 日常的には巡回裁判所 (Circuit Court) と呼ばれることが多いが、これは控訴審裁判所が管轄区域内を定期的に移動し、審理を行っていたからである。
  5. ^ 最高司法裁判所 (supreme judicial court)、最高控訴裁判所 (supreme court of appeals) と呼ぶ州もある。
  6. ^ 治安判事裁判所 (justice of the peace court、magistrate court)、地区裁判所(district court)、郡裁判所(county court) 、都市裁判所(municipal court)、市裁判所(city court)、首都圏裁判所(metropolitan court)等と様々な名称で呼ばれている。
  7. ^ 記録審裁判所(Recorder's Court)、郡裁判所(County Court) 等と様々な名称で呼ばれているが、地区裁判所(District Court)、上級裁判所(Superior Court)と呼ばれるのが普通である。ただし、ニューヨーク州では、主要なものを最高裁判所(Supreme Court)と呼んでいる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アメリカ法」の関連用語

アメリカ法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アメリカ法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS