英国法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 英国法の意味・解説 

英国法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/05 02:23 UTC 版)

イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国。海外領土および王室属領は含まない。)の法制度は、イングランド法スコットランド法および北アイルランド法[要曖昧さ回避]の3つの法体系から構成されている。




  1. ^ 王が不在で王のベンチだけが有る、という意味である。なお、現在でも裁判官を「bench」と表現することがある。
  2. ^ 参照:上掲『英米判例百選(3版)』92頁
  3. ^ 英国には、日本やアメリカ合衆国のように人権規定がないのみならず、カタログ的な意味での人権という観念そのものがなかったとされ、イギリス憲法によって保障されているのは、人権でなく、市民的自由そのものであるとされている。
  4. ^ 2005年の憲法改革法により、2009年10月1日になり、ようやく貴族院と別個のイギリス最高裁判所が作られた。なお、大法官は、従来、貴族院の議長として立法権、司法権を併せた地位であったのみならず、内閣の一員(閣僚)として行政権の一角をも占めていたが、同じく2005年の憲法改革法により、内閣の一員(閣僚)としての地位のみとなって現在に至っている。
  5. ^ 参照:上掲『英米判例百選(3版)』150頁


「英国法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「英国法」の関連用語

英国法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



英国法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの英国法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS