1541年とは? わかりやすく解説

1541年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 03:13 UTC 版)

1541年(1541 ねん)は、西暦ユリウス暦)による、平年


  1. ^ 大友宗麟とカボチャ渡来について。”. 2007年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月15日閲覧。
  2. ^ 市村高男『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年。


「1541年」の続きの解説一覧

1541年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:08 UTC 版)

1540年代」の記事における「1541年」の解説

詳細は「1541年」を参照 カルヴァンジュネーヴにて宗教改革唱える

※この「1541年」の解説は、「1540年代」の解説の一部です。
「1541年」を含む「1540年代」の記事については、「1540年代」の概要を参照ください。


1541年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 09:29 UTC 版)

エルナンド・デ・ソト」の記事における「1541年」の解説

1541年春、デ・ソトチカソー族に、男を200荷負奴隷寄こすよう要求したが、当然彼らはそれを拒否しスペイン人野営地夜襲をかけた。スペイン人40名と備品残り失った隊員記録によると、遠征隊もうすこし全滅するところであったという。遠征隊にとって幸運なことに、チカソー族は彼らを解放してくれた。 1541年5月8日デ・ソト部隊ミシシッピ川到達した。彼がミシシッピ川見た最初の白人かどうか不明であるが、記録上は最初の白人である。 もっともデ・ソトは、単なる任務への障害捉えており、この白人としての最初の発見それほど興味を持っていなかった。彼と400名の隊員幅広い川を渡らなければならず、そこでは常に敵対的なインディアンたちが巡回していた。およそ一ヶ月後、いくつかのボート作った後ついにミシシッピ川渡り現在のアーカンソーオクラホマテキサス通って西方への旅を続けたアーカンザス川流域のアウティアミクで冬を過ごした厳しい冬後に野営引き払ってから、遠征隊迷走していった。有能な通訳だったフアン・オルティス死亡したため、行き先食料源見つけたりインディアンとの意思の疎通困難になったのである遠征隊カドー川のはるか内陸にまで行き、そこで好戦的なチュラ族・インディアン衝突した見たところ、彼らはこれまで遭遇した中で最も手強く危険な戦士だった。これは恐らく現在のアーカンソー州カドーギャップ(このコミュニティには記念碑建っている)の範囲内で起こったものとされている最終的に遠征隊ははミシシッピ川戻った

※この「1541年」の解説は、「エルナンド・デ・ソト」の解説の一部です。
「1541年」を含む「エルナンド・デ・ソト」の記事については、「エルナンド・デ・ソト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1541年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1541年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1541年」の関連用語

1541年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1541年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1541年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1540年代 (改訂履歴)、エルナンド・デ・ソト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS