大津事件とは? わかりやすく解説

おおつ‐じけん〔おほつ‐〕【大津事件】


大津事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/04 06:25 UTC 版)

大津事件(おおつじけん)は、1891年明治24年)5月11日日本を訪問中のロシア帝国皇太子・ ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ (後の皇帝ニコライ2世)が、滋賀県滋賀郡大津町(現・大津市)で警察官津田三蔵に突然斬りつけられ負傷した暗殺未遂事件である[1][2]湖南事件(こなんじけん)とも呼ばれる[3][4]


注釈

  1. ^ 現在の2代目新橋駅ではなく、1872年に開設した初代新橋駅のことで後の汐留駅である。当時まだ東京駅は無く、この初代新橋駅が東海道本線起点であった。
  2. ^ 読売新聞』のみが行在所を二条離宮(二条城)と報道。他紙および『明治天皇紀』は「京都御所」と記している。
  3. ^ ただし山田の場合は、大津事件手記によると、内心では皇室罪の適用に消極的だったと思われる記述がある[9]
  4. ^ 一部の書籍には発言者が陸奥宗光であるとされているが、青木周蔵日記によると後藤であると見られている[10]
  5. ^ これは、大逆罪の類推適用を考慮していたため、皇室罪に関する裁判はすべて大審院における一審において判決が下されることから、適用可否判断を含め地裁ではなく大審院に持ち込まれることになった。
  6. ^ コミックでは他にも、直接ではないがゆうきまさみ機動警察パトレイバー」の作中、登場人物の警察官が外国の要人に拳銃を向ける(ように見える)シーンにおいて触れられている。

出典

  1. ^ 大津事件』 - コトバンク
  2. ^ 大津事件』 - ジャパンナレッジ
  3. ^ a b c d 衝撃の大きさ3ページで伝える…大津事件 - 読売新聞会社案内サイト「読売新聞へようこそ」
  4. ^ a b c 大津事件 ~ロシア皇太子遭難をめぐって~ - 国立公文書館アジア歴史資料センター
  5. ^ 明治24年5月11日『官報』号外。国立国会図書館デジタルコレクション コマ12
  6. ^ 明治24年5月11日『官報』号外。国立国会図書館デジタルコレクション コマ13
  7. ^ 明治24年5月13日『官報』号外。国立国会図書館デジタルコレクション コマ8
  8. ^ 佐々木、p.71
  9. ^ 児島惟謙著『児島惟謙大津事件手記』関西大学出版部 ISBN 4873543754
  10. ^ 佐々木、72p
  11. ^ 『官報』第2373号、明治24年5月30日、p.362
  12. ^ 佐々木、a74p
  13. ^ 佐々木隆『藩閥政府と立憲政治』(吉川弘文館
  14. ^ 保田孝一 『最後のロシア皇帝 ニコライ二世の日記』(朝日選書、のち講談社学術文庫
  15. ^ 鉄砲安の生涯Movie Walker
  16. ^ Katia (2008年12月22日). “Boffins confirm authenticity of Last Tsar's remains”. CNN iReport. https://web.archive.org/web/20140306192343/http://ireport.cnn.com/docs/DOC-167726 
  17. ^ ナショナルジオグラフィックチャンネル「あなたの知らない世界史」第3話「ロマノフ家 処刑の謎」
  18. ^ 芸術祭参加作品 こがね虫テレビドラマデータベース
  19. ^ 鉄砲安の生涯Movie Walker


「大津事件」の続きの解説一覧

大津事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 01:24 UTC 版)

岡田逸治郎」の記事における「大津事件」の解説

1891年明治24年5月11日滋賀県大津においてロシア帝国皇太子ニコライ警官津田三蔵により切りつけられた「大津事件」がおきた。事件直後滋賀県全体ロシア皇太子謝意を表することとなった当初陳謝大使派遣検討されたが、直ぐに電報をもってロシア皇室慰問を行うべきと決められ、逸治郎等有力県議会議員発起者となり陳謝の意を込めた電報が、京に滞在中のロシア皇太子打電された。その後、逸治郎が県民代表し皇太子滞在する京に伺候し陳謝行った

※この「大津事件」の解説は、「岡田逸治郎」の解説の一部です。
「大津事件」を含む「岡田逸治郎」の記事については、「岡田逸治郎」の概要を参照ください。


大津事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 01:24 UTC 版)

鵜飼退蔵」の記事における「大津事件」の解説

1891年明治24年5月11日滋賀県大津においてロシア帝国皇太子ニコライ警官津田三蔵により切りつけられた「大津事件」がおきた。事件直後滋賀県全体ロシア皇太子謝意を表することとなった当初陳謝大使派遣検討されたが、直ぐに電報をもってロシア皇室慰問を行うべきと決められ鵜飼退蔵岡田逸治郎等他の有力県議会議員と共に発起者となり陳謝のための電報を、京で療養中ロシア皇太子打電した

※この「大津事件」の解説は、「鵜飼退蔵」の解説の一部です。
「大津事件」を含む「鵜飼退蔵」の記事については、「鵜飼退蔵」の概要を参照ください。


大津事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 14:41 UTC 版)

ニコライ2世 (ロシア皇帝)」の記事における「大津事件」の解説

詳細は「大津事件」を参照 5月11日大津入り琵琶湖唐崎神社見学した。しかし同日大津から京都へ戻る際、滋賀県警察部所属警察官津田三蔵巡査人力車乗っていたニコライ皇太子サーベルで斬りかかり、彼の右耳上部負傷させた。切り傷そのものそれほど深くなかったものの、重いサーベルによる斬撃受けたため頭蓋骨裂傷入った(脳には届かなかった)。これ以降ニコライ終生、傷の後遺症頭痛苦しむようになった。 ニコライはこの時のことを次のように日記書いている。「人力車人々沿道あふれている通り曲がった時、私は右耳の上に強い衝撃感じた振り返ると胸悪くなるほど醜い顔をした巡査両手サーベル持って私を斬りつけようとしていた。とっさに私は『何をする』と叫んで道路飛び降りた醜い顔は私を追いかけてきたが、誰も止めようとしないので、私はやむなくその場から逃げた群衆中に紛れこもうと思ったが、日本人たちは混乱して四散してしまったので、それも不可能だった走りながら振り返ると私を追ってくる巡査後ろからゲオルギオス追跡しているのが確認できた。更に60走ってもう一度振り返ると、ありがたいことに全て終わっていた。ゲオルギオスが竹の一撃狂人倒していたのである。私がそこへ戻ると、人力車車夫警官たち狂人取り押さえていた。一人狂人胸ぐら掴んで奪ったサーベルを喉につきつけていた。群衆誰一人として私を助けようとしなかった。なぜ通り真ん中に私とゲオルギオスとあの狂人だけが取り残されたのか、私は怪訝に思う。」。 しかし津田裁判の際の目撃者たちの証言によると、津田取り押さえた一番の功労者ゲオルギオス王子ではなく人力車車夫だったという。確かに最初に津田立ち向かったのはゲオルギオス王子であり、彼はその日お土産買った竹の武器にしていた。だがゲオルギオスの竹の津田をひるませただけであり、ひるんだところを人力車車夫たちが津田飛びかかり、この時津田サーベル落とし、それを拾った車夫津田首筋背中斬りつけたのだという。ニコライも後に一応これを認めていたらしく、彼を助けた車夫二人勲章送っている。だがニコライ毎年5月11日行っていた大津事件記念礼拝においては感謝の意日本人車夫ではなくゲオルギオス捧げていた。

※この「大津事件」の解説は、「ニコライ2世 (ロシア皇帝)」の解説の一部です。
「大津事件」を含む「ニコライ2世 (ロシア皇帝)」の記事については、「ニコライ2世 (ロシア皇帝)」の概要を参照ください。


大津事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 17:10 UTC 版)

不敬罪」の記事における「大津事件」の解説

詳細は「大津事件」を参照 1891年明治24年5月日本訪問していたロシア帝国皇太子ニコライ(後のニコライ2世)が、滋賀県大津市警備巡査津田三蔵に突然斬りかかられ負傷する暗殺未遂事件発生したその事件処理に際して大国ロシア恐れた政府大審院対し皇室対する罪を適用して処断するよう圧力をかけた。しかし、大審院は、「皇室対する罪は、外国皇太子対す行為については適用されない」として、一般殺人未遂事件として処理し司法権の独立保った。このとき政府から適用するよう求められた罪は、不敬罪ではなく皇族対す危害罪(旧刑法116条)である。 また昭和21年5月19日に於ける不敬罪事件(最大判23・526刑集2・6529)ではGHQ連合国軍最高司令官総司令部)の「天皇といえども特別な保護を受けるべきではない」という意向により不敬罪起訴され被告人天皇個人対す名誉毀損の特別罪として免訴された判例がある。

※この「大津事件」の解説は、「不敬罪」の解説の一部です。
「大津事件」を含む「不敬罪」の記事については、「不敬罪」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大津事件」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



大津事件と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大津事件」の関連用語

大津事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大津事件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大津事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの岡田逸治郎 (改訂履歴)、鵜飼退蔵 (改訂履歴)、ニコライ2世 (ロシア皇帝) (改訂履歴)、不敬罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS