発起とは?

はっ き [1] 【発起】

( 名 ) スル
ほっき(発起)」に同じ。 「疾病心中より-するは/世路日記 香水

ほっ き [0] 【発起・発企】

( 名 ) スル
新しい事を企てること。 「自ら首唱-して/緑簑談 南翠
信仰心をおこして出家すること。仏を信ずるようになること。発心。 「就(なかんずく本願皇帝-の叡念は大悲普現の観自在弘誓の海これ深く盛衰記 24
あきらめること。我を折ること。 「おのれと-し/浮世草子新色五巻書
物事のはじめ。特に、仏典本文初め部分。 「観経の-には…を説いたり/妻鏡


ほっき 【発起】

仏教用語。ホチキとも。心を起こすこと。また、起きること。信心一念が起こる(または起こす)のを一念発起という。

発起

出典:『Wiktionary』 (2019/05/27 14:41 UTC 版)

別表記

発音

ほ↗っき
は↘っき

名詞

(ほっき、はっき

  1. 新しい物事計画すること。
  2. (仏教) 発心
  3. 諦めること。

動詞

活用

サ行変格活用
発起-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発起」の関連用語

発起のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



発起のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発起 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS