卑しいとは?

いやし・い【卑しい/×賤しい】

[形][文]いや・しシク

身分社会的地位が低い。「—・い身」

品位欠けている。下品だ。「—・い言葉遣い」「根性が—・い」

貧しい。みすぼらしい。「服装が—・い」

飲食物金銭に対して貪欲である。さもしい。「口が—・い」「金に—・い」

つたないとるに足りない

なにがし(=私)が—・しきいさめにて、すきたわめらむ女に心おかせ給へ」〈源・帚木

[派生] いやしげ形動いやしさ[名]


いやし・い【賤・卑・鄙】

〔形口〕 [文]いやし 〔形シク

身分地位が低い。⇔貴(あて)。

書紀720景行二七一二月(北野本訓)「是を以て、賤(イヤシキ)賊(あた)の陋(いや)しき口を以て尊号(みな)を奉らむ」

伊勢物語(10C前)八四「身はいやしながら、母なむ宮なりける」

貧しい。みすぼらしい。

万葉(8C後)一九・四二七〇「はふ伊也之伎(イヤシキ)屋戸大君の座(ま)さむと知らば玉敷かましを」

浮世草子近代艷隠者(1686)四「朝夕の饗(もふけ)とていやしき麦の飯などに暮す

蔑視卑下すべきであるとるに足りない

書紀720白雉元年二月北野本訓)「朕は惟虚薄(イヤシ)。何を以てか斯を享けむ」

古今(905‐914)仮名序大伴のくろぬしは、そのさまいやし」

④ 下品である。劣っている

(10C終)一九五「ただ文字一つにあやしう、あてにもいやしうもなるは、いかなるにかあらん」

(5) 吝嗇(りんしょく)である。けちである。

(10C終)二七八「いかにいやしくも惜しみせさせ給ふ宮とて」

(6) 特に飲食物金銭などに対して人前でも欲望を隠そうとせず、慎みがない。意地きたない。

落語真田小僧(1896)〈三代目柳家小さん〉「卑(イヤ)しい子供だ。阿母さんが何う為た

(7) 無教養である。無学である。

談義本・労四狂(1747)上「又其人人の生れにして、いやしくて事の弁(わきま)へもなきにこそ有らめ」

[語誌]本来、身分的・経済的な低さを表わし、人格とはかかわらない上代では「あて」と対義語の関係にあると考えられ、「あて」が「中心」の価値を示すのに対して、「いやし」は「周縁」の価値を示すものと位置づけられる。やがて貴賤とは直接かわらない人格美意識面での価値をも表わすようになる。

〔自ラ五(四)

形動

〔名〕


卑しい

出典:『Wiktionary』 (2020/02/23 05:15 UTC 版)

漢字混じり表記

しいいやしい

  1. いやしい参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「卑しい」の関連用語

卑しいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



卑しいの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの卑しい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS