ねとは?

【一】[助動]完了の助動詞「ぬ」の命令形》⇒ぬ[助動]

【二】[助動]打消し助動詞「ぬ」の已然形》⇒ぬ[助動]


[感]親しみをこめて呼びかけたり、念を押したりするときに言う語。「ね、聞いて」「ね、いいよね」


接尾上代語》人を表す名詞に付いて、親愛の意を表す。「いろね」「なね」


【一】[終助]文末種々の語に付く。

軽い感動詠嘆の意を表す。「いい眺めですね」「よくしゃべる人だわね」

相手同意返答などを期待する意を表す。「君の郷里青森でしたね」「そろそろ出かけようね」

自分考え気持ち主張する意を表す。「その方法はまずいね」「彼はりっぱな人だと思いますね」

上代語動詞動詞型活用語未然形禁止の「な…そ」に付いて、他に対してあつらえ望む意を表す。…てほしい。

「この岡に菜摘ます児(こ)家聞かな名告(の)らさ—」〈万・一

大き海水底照らし沈く玉斎(いは)ひて取らむ風な吹きそ—」〈万・一三一九〉

【二】[間助]文節切れ目に付いて、相手注意をひくように語勢添えたり、語調整えたりする意を表す。「しかしね、こっちだってね、都合があるんだよ」

あれから—、わたしを送ってやらうとって」〈滑・浮世風呂・二〉

[補説] 【一】13【二】近世後期以降話し言葉用いられる。同じ用法の助詞「な」よりも語勢柔らかい。「ねえ」となることもある。


五十音図ナ行の第4音。歯茎鼻音有声子音[n]と母音[e]とから成る音節。[ne

平仮名「ね」は「祢」の草体から。片仮名「ネ」は「祢」の偏から。


ね【峰/×嶺】

山の頂上。みね。「真白き富士の—」

「高き—にの付くのす我さへに君に付きな高嶺と思(も)ひて」〈三五一四〉


ね【子】

十二支の一で、その1番目。

方角の名。北。

時刻の名。今の夜中12時ごろ、およびその後の2時間。または夜中12時前後の2時間

1にあたる年や日。

陰暦11月異称


ね【音/×哭】

おと。「鐘の—」「琴の—」

声。また、泣き声。「本—」「弱—」

鳥獣などの鳴き声。「雁(かり)の—」「の—」

[補説] 「おと」が大きな音響をさしたのに対し、「ね」は比較小さな、人の感情訴えかけるような音声をいう。


ね【値/直】

物が売買されるときの金額値段。あたい。価格。「土地の—が上がる」「—をつける」

物の値うち。価値。「父親としての—を上げる」


ね【根】

維管束植物基本器官の一。普通は地中にあって、植物体を支え養分吸収する。先端根冠に包まれた生長点があり、根毛をもつ。「植木の根がつく」「竹が根を張る

立った生えたりしているものの下の部分。「歯の根」「髷(まげ)の根」

物事基礎土台根本。「息の根を止める」「思想の根」

物事の起こるもと。根本原因。「悪の根絶つ」「両国対立の根は深い」

はれ物などの中心になっている堅い部分。「できものの根」「魚の目の根」

本来の性質生まれつきの性質。「根は心のやさしい人だ」

釣りで、海底にある岩礁帯。「根魚

名詞の下に付いて、複合語をつくる。

㋐地に根ざしている、立っている意を表す。「垣根」「岩根

語調整えるために用いる。「(き)根」「島根

[下接語] 息の根岩根枝根海老(えび)根・大(おお)根・尾根・主(おも)根・垣根固根草の根首根心根舌の根・性(しょう)根・白(しら)根・白(しろ)根・付け根・這(は)い根・(はす)根・羽根・歯の根・鬚(ひげ)根・(ひし)根・棒根細根・眉(まゆ)根・屋根矢の根横根若根

根の画像

ね【寝】

寝ること。眠ること。「寝が浅い」


ね【ね・ネ】

〔名〕 五十音図第五第四段(ナ行エ段)に置かれ、五十音順第二十四位のかな。いろは順では第二十位で、「つ」のあと「な」の前に位置する。現代標準語発音では、舌の先上の歯茎との間を閉鎖した有声通鼻音 n と母音 e との結合した音節 ne にあたる。「ね」の字形は、「禰」の略体「祢」の草体から出た。「ネ」の字形は同じく「祢」の左部分をとったものである。なお、明治時代までは、かたかなとして、「子」から出た「」が多く用いられた。ローマ字では、ne をあてる。


感動親しみをこめて、呼びかけたり念を押したりする時にいう。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「何でも引立(ひったて)られねへ程の三十六文さ。ネ、おまへ。肝の潰れた話だネ」


〔終助〕 文末にあって動詞型活用の語の未然形および禁止の「な…そ」をうけ、他者行動実現希望する意を表わす上代語。下に感動の「も」の添った「ねも」の形もある。→補注。

古事記(712)上・歌謡「うれたくも 鳴くなるか この打ち止(や)め こせ(ネ)」

万葉(8C後)五・八〇〇石本より 成りてし人か 汝が名告らさ(ネ)」

万葉(8C後)二〇・四三三五「今替る新防人船出する海原の上に浪な開(さ)きそ(ネ)」

[補注]他者行動実現希望する助詞には、このほか「なも」「なむ」があるが、これらは三人称的なものの行動・状態に関するものであり、しかも実現可能度の低い場合が多いのに対して、「ね」は二人称的なものの行動実現願いその実現可能度が高い。その点、命令形に近い表現と言い得る。


〔間投助〕 文節終わりに付けて相手に念を押し、あるいは軽い感動表わす

洒落本一向不通替善運(1788)「コヲおとさん、とんだけふはさむい

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「いづれサ、他人の飯をたべねば、他の想像(おもひやり)がございませんのさ」

蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉四「ぢゃ、まだ子供には何も話してないんだ?━」

[補注](1)浮世風呂」では男女とも同じように使用している。待遇的には、下位者から上位に対してまた上層の対等のもの同士用い、「ます」「ございます」などの丁寧語に続く例も多い。
(2)現代東京語では男女接続上の違いがみられ、男性語は「ね」の前に「だ・か」がきて「そうだね」「そうかね」のように、女性語は「わ・よ」がきて「そうだわね」「そうよね」のように用いることが多い。「です」「ます」に付く「そうですね」などは男女両用


接尾男女を問わず、親愛尊敬気持相手を呼ぶときに用いる語。上代語「いろね」「なね」など。ただし、それぞれ「いろと(同母弟)」「なおと(汝弟)」と対をなして用いられるので、この「ね」は接尾語でなく、「え(兄)」の変化した形とも考えられる


1打消の助動詞「ず」の已然形) ⇒ず〔助動〕

2完了の助動詞「ぬ」の命令形) ⇒ぬ〔助動〕


ね【値・直】

〔名〕

売買相場。あたい。ねだん。価格

名語記(1275)二「売買につきて、うりね、かひねのね、如何

*虎明本狂言鐘の音室町末‐近世初)「のしつけにせう程に、きがねのねをきひてこひと云たに」

物のねうち。物のよさ、有用さなどの度合

やみ夜(1895)〈樋口一葉一二可惜(あたら)男の直(ネ)も下がらず」


ね【子】

〔名〕

十二支一つで、その第一番目。ねずみ。

拾遺(1005‐07頃か)物名・四二九「ね うし とら う たつ み ひと夜ねてうしとらこそは思ひけめうきなたつみぞわびしかりける〈よみ人しらず〉」

② ①を年月日方角時刻に配して、その呼び名とするもの。

(イ) ①にあたる年や日。

万葉(8C後)二〇・四四九三「初春の初禰(ネ)の今日たまばはき手にとるからにゆらく玉の緒

(ロ) 北の方角。北。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

浄瑠璃源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)九「昼日に星顕はる、方角に寄て吉凶有。今見る所は北方子(ネ)の方」

(ハ) 現在の午前零時頃。また、その前後二時間。一説に、その後二時間。子の刻。子の時。

(10C終)二九〇「時丑三つ、ね四つなど、はるかなる声にいひて」

(ニ) (北斗七星の柄が初昏に子(ね)の方向をさす月の意から) 陰暦一一月の異称。《季・冬

俳諧滑稽雑談(1713)一一月「又十一月子月なる故に子の日を用る事は其子細ある事なり」


ね【寝】

1 〔名〕 (動詞「ねる(寝)」の連用形名詞化) ねること。ねむり。

万葉(8C後)一四・三三六六「ま愛(かな)しみさ禰(ネ)に吾は行く鎌倉水無瀬川に潮満つなむか」

伊勢物語(10C前)二「起きもせずねもせで夜をあかしては春のものとてながめ暮しつ」

2語素物の古くなって役に立たなくなったものの意を添える。「寝(ね)粉」「寝(ね)糸」


ね【嶺】

〔名〕 山の頂。みね。ねら。ねろ。

万葉(8C後)一四・三五一四「高き禰(ネ)にの着くのすわれさへに君に着きなな高嶺思ひて」


ね【根】

1 〔名〕

[一] 高等植物基本的器官一つ。普通は地中にあって、植物体の支持および、栄養分吸収主な機能とする。一般先端根冠根毛を持つ。通常の働きをするもののほか、水根気根呼吸根同化根、寄生根などの変態根がある。

古事記(712)下・歌謡「竹の泥(ネ)の 泥(ネ)足る宮 木の泥(ネ)の 泥(ネ)ふ宮」

後撰(951‐953頃)恋四・八四四もなく人に折らるる女郎花ねをだに残せ植ゑし我がため〈平希世〉」

[二] 物の基礎となり、それを形づくる根本となる部分。ねもと。つけね。

生えているものの下部。毛、歯などの生えているもとの部分

万葉(8C後)四・五六二「いとま無く人の眉(まよ)根(ね)をいたづらに掻かしめつつもあはぬ妹かも」

あきらめ(1911)〈田村俊子〉七「頭髪の根が痛くって仕様がないよ」

② 立っているものが、地に接す部分。ふもと。すそ。

書紀720神代上(兼方本訓)「譬ば海(うな)の上(うへ)に浮(うか)べるの根(ネ)係所(かかること)無(な)きが猶し

真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝五一手水鉢(てうづばち)の根に金が埋め有るから」

髪を束ねて結ぶところ。もとどり

洒落本遊子方言(1770)発端「髪がとんだやぼた。どうぞもう五ぶほど、ねをあげて、はけさきを、すっと、ひっこきとしたい

④ やじり。

経覚私要鈔嘉吉四年(1444一月六日矢三腰、同根一腰

(5) できものはれものなどの内部固い部分

小右記長元五年(1032)一二月二五日所労熱物三分許、基底白物云々。根未出」

史記抄(1477)一四「腫の根が益ひろごりて」

(6) 釣り漁業で、水底にある岩礁などの障害物をいう。

河羨録(1743頃か)上「根の字もと訓、総ては瑰石の陰に宿すの根と云心と云り」

(7) 地下。→根国(ねのくに)。

書紀720神代上(兼方本訓)「急(すみや)かに底(そこつ)根(ネ)の国に適(い)ねといひて」

[三] 裏面にかくされた本性また、その結果誘引した原因

ことの起こり起源。もと。根本原因根拠。ねもと。

源氏100114頃)紅梅「同じ花の名なれど、は生ひ出でけむねこそ哀なれ」

浮世草子日本永代蔵(1688)六「商の心ざしは、根をおさめてふとくもつ事かんようなり」

本性生まれつき。また、心の根本。性根

井蛙抄(1362‐64頃)六「おのがねの心おとりせられまゐらせじとて、げざんはし候はぬぞ」

滑稽本八笑人(1820‐49)四「みんな根が下主(げす)でございますから」

心中にわだかまって、あとまで残るもの。名残り未練また、遺恨

洒落本五大力(1802)発端三五兵衛様が其事を根(ネ)に思って居て」

2接尾〕 (名詞に付く)

生えている意、地上に立っている意などを添える。「岩ね」「垣ね」「木ね」「ね」など。

語調整える。「(き)ね」「島ね」など。


ね【音・哭】

〔名〕

泣くこと。→ねし泣くねに泣くねのみ泣くねを泣く

物の音や人の声。また、ひびき。ねいろ。

宇津保(970‐999頃)吹上上「君達の、もののねかき合せつつおはしまさんは、故郷思ほしかけてんや」

などが鳴く声。

古事記(712)下・歌謡「天飛ぶ も使そ (たづ)が泥(ネ)の 聞こえむ時は 我が名問はさね」

源氏100114頃)桐壺いとどし虫のねしげきあさぢふに露おきそふのうへ人」

④ 人の泣く声。

源氏100114頃)松風「変らじと契りしことをたのみにてのひびきにねをそへしかな」


ね【鼠】

〔名〕 =ねずみ(鼠)

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一「鼠(ネ)い此の縁り上り阿蘇羅の能く空の中の月を障ふるを除去せむときに」


【文語】ナ行下二段活用動詞「ぬ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


読み方:ね

【文語】ナ行下二段活用動詞「寝」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ね

ナ行下二段活用動詞「寝」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
「寝」の口語形としては、ナ行下一段活用動詞「寝る」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ね

海中にある岩礁溶岩性のもの、サンゴでできたもの、巨大なもの、人間より小さいものなどなど各種あるが、ダイビングターゲットとなるものをひっくるめてこう呼んでいる。

  1. 米屋及び雑穀乾物店の通り符牒にして九といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 九。〔雑穀乾物商〕

分類 符牒雑穀乾物


  1. 木綿屋通り符牒にして百といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒

分類 符牒


読み方:ね

  1. 一。〔料理屋

分類 料理屋


読み方:ね

  1. 根。男陰の古称男根
  2. 男茎
  3. 男根の略。
  4. 男女根のこと。〔風流
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 11:21 UTC 版)

五十音と撥音




「ね」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/05/05 23:53 UTC 版)

名詞・子

  1. 十二支第一番目。ねずみ)。
  2. 方位1つ方位角0度。きた

関連語

十二支

文字 動物 方位
八卦
カン
チュウ うし 北東ゴン うしとら
イン とら
ボウ シン
シン たつ 東南ソン たつみ
うま :リ)
ひつじ 南西コン ひつじさる
シン さる
ユウ とり 西:ダ)
ジュツ いぬ 北西ケン・カン いぬい
ガイ

名詞・音

  1. おと。

慣用句

翻訳

名詞・値

  1. 物につく金銭的な価値

類義語

派生語

翻訳

名詞・根

  1. 植物において、多く地中にあって水分水溶性栄養分を吸収する器官
  2. 比喩)ある物事の(隠れた原因

翻訳

名詞・寝

  1. (主に複合語となって)寝ること又は眠ること。

複合語

助詞

ねえともなる

  1. 終助詞
    1. 相手同意求め気持ちを表す
    2. 相手真偽確かめ気持ちを表す
  2. 間投助詞語勢整えたり、話が続くことを示したりする

形容詞

  1. (口語疑問形) …ない? 相手同意求める。
    • これすごく?

感動詞

  1. 親しい間柄において、注意引き寄せる働きを表す。ねえともなる。

関連項目

「ね、ネ」で始まる日本語

漢字

Wiktionary:漢字索引 音訓 ね#ネ参照


名詞:子

  1. 十二支第一番目。
  2. 方位1つ方位角0度。きた
  3. 時刻1つ現在の午前0時頃及びその前後2時間。または午前0時からの2時間

発音

一拍名詞二類

ね↘ぇ

名詞:音

  1. おとこえ

発音

一拍名詞三類

ねぇ

名詞:根

  1. 植物の根。
  2. 根本根源

発音

一拍名詞三類

ねぇ

名詞:峰

  1. みね山頂

助動詞

  1. 打消の助動詞ずの已然形
  2. 完了の助動詞ぬの命令形
  3. 上代語)(活用語未然形禁止の「な~そ」の「そ」に付いて)他者行動対す願望。~てほしい

接尾辞

  1. 上代語相手対す親しみを表す接尾辞

派生語

  • いろね
  • なね


  • 画数:10
  • 音読み:チ、 チョク
  • 訓読み:ね、 あたい、 あう



  • 画数:10
  • 音読み:タ、 ネ
  • 訓読み:ね
  • ピンイン:duo4



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



ねと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ね」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ねのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2021 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのね (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS