茶々とは? わかりやすく解説

ちゃ‐ちゃ【茶茶】

読み方:ちゃちゃ

他人の話に割り込んで言う、ひやかし冗談。「まじめな相談に—が入る」

近世上方女性語茶のこと。

「もしお入りなされ。—上がってお出(いで)んかいな」〈滑・膝栗毛・六〉


茶々


茶々

大阪弁 訳語 解説
茶々 邪魔、妨害 他人話の途中横から入れる、冷やかし気味の冗談。話をさえぎること。「茶々(を)入れる」で水をさすこと。


茶々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 06:55 UTC 版)

茶々(ちゃちゃ)




「茶々」の続きの解説一覧

茶々(ちゃちゃ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 14:49 UTC 版)

私立T女子学園」の記事における「茶々(ちゃちゃ)」の解説

竹田家飼われている茶色い雑種オス実在した(既に死亡したらしい)。家庭内での順位は母>父>自分>姉>妹だと考えている模様竹田姉が日旅行の帰りに妹へのお土産として連れて帰って来た。しかし1年後に、竹田姉駅前首輪付け電柱繋がれていたのを連れて来たことと、元の飼い主近所の宮田さん(名前のみ登場であることが判明。しかし元の飼い主返そう姉妹が茶々を連れて行ったところ、同じような容姿の大量にいたので、返さなくてもバレないと思い竹田家ペットのままとなっている。

※この「茶々(ちゃちゃ)」の解説は、「私立T女子学園」の解説の一部です。
「茶々(ちゃちゃ)」を含む「私立T女子学園」の記事については、「私立T女子学園」の概要を参照ください。


茶々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 17:58 UTC 版)

殿といっしょ」の記事における「茶々」の解説

長政お市間に生まれた長女。初と共に6巻巻末おまけマンガ初登場一人称は「わらわ」。幼児期から、容姿に関してお笑いに関しても高いプライドを持っているが、お笑い沸点極端に低くダジャレ一発で一日中大ウケしていた」と初が証言し長政の寒いギャグにもウケていた。

※この「茶々」の解説は、「殿といっしょ」の解説の一部です。
「茶々」を含む「殿といっしょ」の記事については、「殿といっしょ」の概要を参照ください。


茶々(ちゃちゃ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 04:56 UTC 版)

信長協奏曲」の記事における「茶々(ちゃちゃ)」の解説

信長の姪。お市長女見た目性格お市そっくりでサブローも「ミニチュア版おいっちゃんと言うほど似ている。だが、眉は長政同じく凛々しい

※この「茶々(ちゃちゃ)」の解説は、「信長協奏曲」の解説の一部です。
「茶々(ちゃちゃ)」を含む「信長協奏曲」の記事については、「信長協奏曲」の概要を参照ください。


茶々(ちゃちゃ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 02:19 UTC 版)

センゴク」の記事における「茶々(ちゃちゃ)」の解説

お市長政長女その姿かつてのお市瓜二つでその美貌周囲の男子無意識に魅惑するほど。政や姫としての嗜みには疎い反面武芸打ち込んでいる。父・長政自害追い込んだのは小谷城攻略した羽柴であったことからお市同様に羽柴豊臣秀吉のことは快く思っていなかった。

※この「茶々(ちゃちゃ)」の解説は、「センゴク」の解説の一部です。
「茶々(ちゃちゃ)」を含む「センゴク」の記事については、「センゴク」の概要を参照ください。


茶々(淀殿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 09:16 UTC 版)

浅井三姉妹」の記事における「茶々(淀殿)」の解説

詳細は「淀殿を参照 太政大臣および関白となる羽柴秀吉豊臣秀吉)の側室となり、嫡男豊臣秀頼幼名拾)を産む。秀吉死後は、秀頼生母として豊臣家政を掌握するが、やがて徳川家康対立することになる。大坂夏の陣徳川方敗れ秀頼と共に自害したとされる。このことと彼女の血縁・姻戚関係などが相まって時代劇歴史小説歴史情報番組などに登場する頻度も高い。これらの影響で女の存在は非常に広く知られている

※この「茶々(淀殿)」の解説は、「浅井三姉妹」の解説の一部です。
「茶々(淀殿)」を含む「浅井三姉妹」の記事については、「浅井三姉妹」の概要を参照ください。


茶々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 21:07 UTC 版)

戦国無双シリーズ」の記事における「茶々」の解説

浅井長政お市長女で、後の豊臣秀吉側室白百合抱いてさめざめ泣いており、髪が地面に着くほど長いまた、羽毛のような袿を来ている全体的に戦国無双2時代お市モチーフとしたキャラクターであり、母親口癖でだった「詮無き事」をしばしば口にする。

※この「茶々」の解説は、「戦国無双シリーズ」の解説の一部です。
「茶々」を含む「戦国無双シリーズ」の記事については、「戦国無双シリーズ」の概要を参照ください。


茶々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 03:08 UTC 版)

花の慶次の登場人物」の記事における「茶々」の解説

原作には登場しない秀吉最愛の側室織田信長の妹お市を母に持ち優雅で柔和な性格の女性。しかしその血筋からかいかなる時も動じない女丈夫で、多くの小説ドラマなどで見られるような驕慢激しやすい部分はない(隆慶一郎の各小説では豊臣家凋落滅亡元凶のように書かれることがほとんどである)。伯父影響で能楽を好む。

※この「茶々」の解説は、「花の慶次の登場人物」の解説の一部です。
「茶々」を含む「花の慶次の登場人物」の記事については、「花の慶次の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「茶々」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「茶々」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

茶々のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茶々のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茶々 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの私立T女子学園 (改訂履歴)、殿といっしょ (改訂履歴)、信長協奏曲 (改訂履歴)、センゴク (改訂履歴)、浅井三姉妹 (改訂履歴)、戦国無双シリーズ (改訂履歴)、花の慶次の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS