茶々を入れるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 茶々を入れるの意味・解説 

茶々を入れる

読み方:ちゃちゃをいれる
別表記:茶茶を入れる

横から余計な言動をはさむこと。邪魔な発言をすること。

茶茶(ちゃちゃ)を入・れる

じゃまをする。水をさす。「まとまりかけた話に―・れる」


茶々を入れる

読み方:ちゃちゃをいれる

  1. 人の話中に真面目なことを話し真面目な話を打ちこはすことをいふ。
  2. 他人談話中に横合から不真面目なことを話し込んでその話を打ち壊すことをいふ。
  3. 他人の話の途中真面目な話をさしはさんでその話をこわすこと。茶々は邪魔の意。
  4. 他人の話に不真面目な話をもち出し話題をそらす。茶々を入れるで「」は茶目省略。〔俗〕

分類 俗語、俗/一般

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「茶々を入れる」の関連用語

茶々を入れるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茶々を入れるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 Weblio RSS