日光市とは?

日光市

読み方:ニッコウシ(nikkoushi)

所在 栃木県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

日光市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/18 14:44 UTC 版)

日光市(にっこうし)は、栃木県の北西部に位置する




注釈

  1. ^ イザベラ・バードフランツ・フェルディナント大公の日光訪問の手記が、当時の日光を詳らかに示している。
  2. ^ 17世紀から代々日光東照宮の雅楽師をつとめた金谷家9代目の金谷善一郎は、現「金谷ホテル歴史館」となっている武家屋敷だった自邸を1873年明治6年)に外国人専用の民宿「金谷カテッジイン」にした[1]1878年(明治11年)6月にイザベラ・バードに滞在し、その後同地に日光金谷ホテルを創設した[1]
  3. ^ 明治初期の日本人にとって「日光」は鉢石町と入町であった。フランツ・フェルディナント著『日本日記』による。
  4. ^ 明治初期の日本人にとって広義の「日光」は海抜600メートル以上の火山性山地であった。フランツ・フェルディナント著『日本日記』による。
  5. ^ 「321-23xx」地域は元・大沢郵便局管轄、「321-24xx」地域は元・大桑郵便局管轄。それぞれ2011年、2015年に現在の日光東郵便局に集配業務を移管。
  6. ^ 「321-13xx」地域は元・小来川郵便局管轄。2015年に小来川郵便局の無集配局化に伴って文挾郵便局へ移管。
  7. ^ 「321-27xx」地域は元・栗山郵便局管轄、「321-28xx」地域は元・三依郵便局管轄。それぞれ、2006年に三依郵便局、2017年に栗山郵便局の無集配局化に伴って川治郵便局へ移管。
  8. ^ 快速と区間快速が乗り入れていたが、2017年(平成29年)4月21日に有料の特急「リバティ会津」が運行開始[13]
  9. ^ 乗務員交代のための運転停車。市販の時刻表では通過表示のため旅客の乗降扱いはしない。
  10. ^ JTB時刻表では、市役所最寄りの当駅が中心駅と記載
  11. ^ 2017年(平成29年)5月2日に下今市機関区を開設[14]

出典

  1. ^ a b “みちのものがたり 会津西街道 福島県下郷町 すさまじき「奥地」への旅路”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 週末be・e1-2. (2015年10月17日) 
  2. ^ 今市 1981-2010年”. 気象庁. 2018年1月21日閲覧。
  3. ^ 今市 観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2018年1月21日閲覧。
  4. ^ 五十里 1981-2010年”. 気象庁. 2018年1月21日閲覧。
  5. ^ 五十里 観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2018年1月21日閲覧。
  6. ^ 土呂部 1981-2010年”. 気象庁. 2018年2月12日閲覧。
  7. ^ 土呂部 観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2018年2月12日閲覧。
  8. ^ 足尾 1981-2010年”. 気象庁. 2018年2月12日閲覧。
  9. ^ 図典 日本の市町村章 p70
  10. ^ “日光医療センター、災害拠点病院指定 県、DMATにも”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版. (2016年4月27日) 
  11. ^ 服部肇 (2015年8月8日). “待ちかねたお囃子 古河電工で日光和楽踊り”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版 
  12. ^ 吉田貴司 (2015年6月27日). “思い出の校舎見学会 あす旧足尾高校”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版 
  13. ^ “アーバンパークラインに近距離特急 東武、きょうから新ダイヤ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 埼玉版. (2017年4月21日) 
  14. ^ 梶山天 (2017年5月3日). “復活のSL「大樹」披露 東武鉄道、乗員の制服も”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版 
  15. ^ a b 石井久美子 (2016年2月2日). “ひとえきがたり 間藤駅 栃木県、わたらせ渓谷鉄道 終着駅は新たな旅の始発駅”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 5 
  16. ^ “「マロニエ号」が日光まで延伸へ 成田と結ぶ高速路線バス”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版. (2016年4月16日) 
  17. ^ “日光・羽田・横浜結ぶ 2月から京急と新便 東武バス日光”. 下野新聞. (2017年12月23日). http://www.shimotsuke.co.jp/category/biz/corporation/news/20171223/2913238 2017年12月27日閲覧。 
  18. ^ “片品―日光間、路線バス復活へ 5月〜10月、1日2往復 24年ぶり”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 群馬全県版. (2016年4月15日) 
  19. ^ 小来川地区デマンドバス日光市
  20. ^ 坂田達郎 (2016年1月14日). “日光宇都宮道路の有料期間を延長 老朽化・耐震補強など影響”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版 
  21. ^ 梶山天 (2016年8月31日). “金谷ホテル、東武鉄道子会社に 誘客の相乗効果 関係者、期待の声”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版 
  22. ^ 梶山天 (2016年11月8日). “リッツ・カールトン、日光進出 20年、中禅寺湖畔の東武鉄道敷地に”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版 
  23. ^ 梶山天 (2017年4月6日). “二宮尊徳の偉業を今に 日光・今市に記念館オープン”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 栃木全県版 







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日光市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

日光市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日光市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日光市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS