ドットコムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ドットコムの意味・解説 

.com

別名:ドット・コム

インターネット上に公開されているウェブサイト区分で、「.com」は商業commercial)目的サイトドメイン

ドットコム

読み方:ドットコム

ドメイン名の内、分野別トップレベルドメインgTLDの中で商業用意味するもののこと。例えば、「www.sophia-it.com」などという具合利用される


ドットコム

読み方:ドットコム

インターネット関連のビジネス手がけるベンチャー企業総称米国では、インターネット上の住所にあたるドメイン名末尾に、商用意味する.com」を取得して、それをそのまま社名にした企業が多いことからこのように呼ばれるようになった代表的な企業としては、世界最大オンライン小売店である「Amazon.com」(アマゾン・ドットコム)などがある。

1990年代後半には、世界的なインターネット・ブームによりビジネス中心インターネット据えた企業相次いで登場し、この流れの中でドットコム企業新し企業形態として評価された。またこうしたブームにより、収支赤字であったりさしたるビジネスモデルなどを持っていなくても、将来性買われ株式市場でも高い株価維持することができ、先端的イメージ持たせることができたため、米国中心に社名にドットコムを付け企業急増したドットコムバブル)。

しかし、2000年前半いわゆるドットコム崩壊」が起こり米国ナスダック店頭取引市場中心にハイテク銘柄暴落すると、それ以後さしたる技術ビジネスモデル持たないドットコム企業淘汰急速に進んだ。それと共にドットコム企業に対する評価急落することになったため、2005年4月現在では、あえてドットコム企業であることを標榜する企業少なくなっている。


ドットコム

【英】.com

ドットコムとは、(1)トップレベルドメインgTLDの中で商業用意味するもののこと、(2)インターネット関連のビジネス手がけるベンチャー企業総称である。

(1)

ドメイン名の内、分野別トップレベルドメインgTLDの中で商業用意味するもののことである。例えば、「www.sophia-it.com」などという具合利用される

(2)

インターネット関連のビジネス手がけるベンチャー企業総称である。米国では、インターネット上の住所にあたるドメイン名末尾に、商用意味する.com」を取得して、それをそのまま社名にした企業が多いことからこのように呼ばれるようになった代表的な企業としては、世界最大オンライン小売店である「Amazon.com」(アマゾン・ドットコム)などがある。

1990年代後半には、世界的なインターネット・ブームによりビジネス中心インターネット据えた企業相次いで登場し、この流れの中でドットコム企業新し企業形態として評価された。またこうしたブームにより、収支赤字であったりさしたるビジネスモデルなどを持っていなくても、将来性買われ株式市場でも高い株価維持することができ、先端的イメージ持たせることができたため、米国中心に社名にドットコムを付け企業多かった

しかし、2000年前半いわゆるドットコム崩壊」が起こり米国ナスダック店頭取引市場中心にハイテク銘柄暴落すると、それ以後さしたる技術ビジネスモデル持たないドットコム企業淘汰急速に進んだ。それと共にドットコム企業に対する評価急落することになったため、2005年4月現在では、あえてドットコム企業であることを標榜する企業少なくなっている。


.com

(ドットコム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 16:25 UTC 版)

.com(コム、ドットコム)は、ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の一つである。その名前はcommercial(商業)という言葉から派生したもので[2]、ドメインの本来の目的が商業団体向けであることを示している。後に、このドメインは一般目的のために開放された。


  1. ^ Symbolics.com WHOIS, DNS, & Domain Info - DomainTools”. WHOIS. 2016年10月19日閲覧。
  2. ^ RFC 920: Domain Requirements”. p. 2 (1984年10月). 2019年3月18日閲覧。 “COM = Commercial, any commercial related domains meeting the second level requirements.”
  3. ^ US shuts down Canadian gambling site”. The Register. 2012年11月28日閲覧。
  4. ^ Les ".com" peuvent être saisis par les autorités américaines”. PC World magazine. 2012年11月28日閲覧。
  5. ^ No need for SOPA, VeriSign seizes bodog.com for US authorities”. TECHSPOT. 2019年3月18日閲覧。
  6. ^ RFC 920, Domain Requirements, J. Postel, J. Reynolds, The Internet Society (October 1984)
  7. ^ The Domain Industry Brief”. 2019年3月18日閲覧。
  8. ^ Sitzler, Dana D.; Smith, Patricia G.; Marine, April N. (February 1992). Building a Network Information Services Infrastructure (英語). p. 3. doi:10.17487/RFC1302. RFC 1302. 2008年11月16日閲覧
  9. ^ Richard Schmalgemeier (1991年9月25日). “SRI-NIC services moving”. 2008年11月16日閲覧。
  10. ^ Jon Postel (1994年3月). “RFC 1591 Domain Name System Structure and Delegation”. p. 2. 2008年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月16日閲覧。
  11. ^ a b .com Monthly Transaction Report of December 2011
  12. ^ Department of Commerce Approves Verisign-ICANN .com Registry Renewal Agreement | NTIA
  13. ^ 100 oldest .com domains”. iWhois.com. 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。


「.com」の続きの解説一覧

「ドットコム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ドットコム」に関係したコラム

  • FXのデモ口座でデモトレードをするには

    FX業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前にデ...

  • 日本国内のFX業者の法人向けレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者の法人向けレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は個人の場合、「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍までに規制されています。

  • 日本国内のFX業者のレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者のレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍まで(個人の場合)に規制されています。なお、...

  • FXの取引をスマホで行える業者の一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場...

  • ETFを取り扱う証券会社の一覧

    ETFは、証券取引所で取引される投資信託で、証券取引所の会員である証券会社を通じて売買できます。ここでは、ETFを取り扱っている証券会社のうちインターネットでの取引が可能な証券会社を紹介します。証券会...

  • 日本国内のFX業者の手数料比較

    2012年5月現在、日本国内のほとんどのFX業者では、取引の際の売買手数料を無料に設定しています。しかし、電話取引の場合には売買手数料を有料に設定している場合があります。電話取引は、顧客が何らかの事情...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ドットコムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドットコムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリドットコムドットコムドットコムの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.com (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS