ジェネリックトップレベルドメインとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ジェネリックトップレベルドメインの意味・解説 

ジェネリック‐トップレベルドメイン【generic top level domain】


ジェネリックトップレベルドメイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 23:32 UTC 版)

ジェネリックトップレベルドメイン英語: generic top-level domain、略称:gTLD)とはトップレベルドメインの種類の一つ。IANAによって管理され、インターネットで使用される。分野別トップレベルドメインと呼ばれることもある[1]


  1. ^ 丸山直昌. “TLD新設についての誤解”. 2011年11月23日閲覧。
  2. ^ [1], the Internet Assigned Numbers Authority
  3. ^ IANAの、iTLDリクエスト書類(英語)
  4. ^ ICANN理事会、TLDの根本的見直しを承認(英語), CircleID, 26 June 2008
  5. ^ ICANN | ジェネリック トップレベル ドメイン(gTLD)大幅拡大の利用を承認
  6. ^ 実際、2014年1月23日にニューヨーク市は.nycを取得した。.nyc Registry Agreement”. 2014年2月4日閲覧。
  7. ^ キヤノンが新トップレベルドメイン名「.canon」の取得活動を開始 キヤノン・ニュースリリース(2010年3月16日)
  8. ^ 日立が新トップレベルドメイン「.hitachi」の運用を開始 日立製作所・ニュースリリース(2015年9月11日)
  9. ^ .dnp Registry Agreement”. 2014年2月4日閲覧。
  10. ^ 生活者と“未来のあたりまえを作る。”コミュニケーションサイト『ドットDNP』開設 大日本印刷・ニュースリリース(2014年6月18日)
  11. ^ 「.tokyo」「.nagoya」ルートゾーンに追加、東京のため/名古屋のためのgTLD Internet Watch(2014年1月30日)
  12. ^ 新ドメイン「.nagoya」誕生、応援団にSKE48就任、河村たかし市長ご満悦 Internet Watch(2014年2月20日)
  13. ^ a b 2016年3月7日付けで子会社のBRレジストリに事業移管。
  14. ^ 2017年3月14日付けで子会社のosakaレジストリに事業移管。
  15. ^ Mitigating the Risk of DNS Namespace Collisions (DNS 名前空間における名前空間衝突のリスク緩和) (pdf)”. Internet Corporation for Assigned Names and Numbers.. ICANN (2015年10月28日). 2020年9月30日閲覧。
  16. ^ a b 「お名前.com」世界初!カタカナ新ドメイン「.コム」の先行登録受付開始”. GMOインターネット株式会社 (2015年12月16日). 2016年7月3日閲覧。


「ジェネリックトップレベルドメイン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェネリックトップレベルドメイン」の関連用語

ジェネリックトップレベルドメインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジェネリックトップレベルドメインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェネリックトップレベルドメイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS