ナスダックとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ナスダックの意味・解説 

ナスダック

英語:NASDAQNational Association of Securities Dealers Automated Quotations

ナスダックとは何か、わかりやすく解説

ナスダックとは、全米証券業協会運営している株式市場の名称のこと。ナショナル・アセンション・オブ・セキュリティーズ・ディールズ・オートメイテッド・クォーテーション(National Association of Securities Dealers Automated Quotations)の頭文字をとってナスダック(NASDAQ)と呼ばれ、全米証券事業協会による自動価格見積もりという意味を持っている市場取引時間現時時刻で9:30から1600で、日本時刻2330から6:00サマータイムの時は2230から5:00)である。

1971年以前実物の紙が株式として使用されていたが、ナスダックの誕生によってコンピューターネットワークによる、電子株式取引が可能になった。電子株式取引によって取り扱う売買傾向提示できるようになり、顧客売買判断基準が増えた。種別証券取引所だが、立会い所を持たずインターネット上で取引完結することができる。ナスダックはベンチャー企業が集まる市場だが、インターネット関連企業世界的にも台頭したことにより有名IT企業参加している。

ナスダック総合指数、ナスダック100指数

ナスダックに上場している米国内外3000以上ある銘柄時価総額に、時価総額加重平均型指数を基に算出した数値ナスダック総合指数と呼ぶ。また、金融銘柄除外した時価総額上位100銘柄限定し、時価総額加重平均型指数算出した数値ナスダック100指数という。ナスダック総合指数はナスダックに上場している海外企業指数組み込まれるため、世界中新興市場ベンチマークとして注目されているナスダック100指数先物は、シカゴにあるマーカンタイル取引所にて取引されている。ナスダック100指数S&P 500注視することにより、世界を代表する企業株価把握することができる。

1990年代前期からはインターネット関連企業実需が高まり、知名度の高いIT企業銘柄多くなったため、ナスダック100指数は有名IT企業銘柄動向を知る判断材料としても重要な指標となった。ナスダック100指数投資対象にすることも可能で、連動したETF販売されている。国内から投資する時は為替レート変動による影響踏まえる必要があり、場合によっては手数料割高になる。ナスダックはインターネット関連などのベンチャー企業が多いため、市場から消え企業が多いのも特徴である。そのためハイリスク・ハイリターン銘柄が多い市場として認識されている。ナスダックへ上場している企業アメリカ多く、他はイスラエル中国などが次いで上場数を伸ばしている。

ナスダックの上場株式

国内からナスダックに上場している企業購入する場合は、ナスダック取り扱っている国内証券会社口座解説する必要がある証券会社によっては、取り扱っている企業違いがある。海外値幅制限が無い上に高騰暴落があるので、国内市場よりもシビア取引要求される。銘柄に関して企業バックボーンなどを精査するのが難しいため、決算書などさまざまな観点から相場を読まなければならない。ナスダックの株式市場規模世界第2位巨大市場なため、投資選択肢増えるというメリットがある。また、海外は1から購入することができるので小額投資や有名企業保有しやすく、ナスダック市場人気銘柄手軽に持つことが可能である。更にアメリカ四半期に1回のペース配当金を配るので、安定した企業配当金目的保有する選択肢もある。

傾向似ている国内市場ジャスダックは、株式会社東京証券取引所運営している。ベンチャー企業向けの国内株式市場として創設されたジャスダックはナスダックを意識した市場のため、ベンチャー企業インターネット関連銘柄が多い。海外企業影響を受けやすい銘柄が多いため、ジャスダック市場投資している場合はナスダック市場注視することが多々ある


ナスダック [3] 【NASDAQ】 〔National Association of Securities Dealers Automated Quotations〕


NASDAQ


ナスダック(なすだっく)

NASD全米証券業協会)が運営する店頭株式市場

現在、ハイテク産業中心に5,000社を超える成長企業が登録している。マイクロソフトインテルシスコシステムズを含め多くハイテク関連企業などが、ナスダックで株式公開している。

登録銘柄すべての株価から計算されるナスダック総合指数は、登録比率の高いハイテク株値動き連動し、世界中株式市場大きな影響与えている。ニューヨーク証券取引所ダウ工業平均株価並びナスダック総合指数株式市場動向を表す指標として大きな役割をもっている。

ナスダックは、NASD全米証券業協会)により1971年創設された。当時は、市場証券会社コンピュータネットワークで結ぶ画期的証券市場システム導入注目された。ニューヨーク証券取引所比較し、赤字企業でも上場が可能になるなど株式登録の基準が緩やかに設定されている。このため多くベンチャー企業にとって、重要な資金調達の場として活用されている。

株式市場規模を表す時価総額は、およそ6兆ドルである。これは、東京証券取引所第一部)の時価総額440兆円を超える規模となっている。

なお、ナスダック総合指数は、1999年1月の2,200ポイントから、2000年3月10日には5,048.62ポイントをつけ、過去最高値記録している。

(2000.04.16更新


ナスダック(NASDAQ:National Association of Securities Dealers Automated Quotation)

 コンピュータによって取引されるアメリカ株式店頭市場。もともとは、アメリカ証券業協会NASD)が1971年開設したコンピュータによる売買システムのことだが、現在ではこれを使った株式電子市場自体を指す言葉となっている。公開基準緩くベンチャー企業などの重要な資金調達の場になっており、米国企業中心に5000社以上が株式公開売買高売買数、登録企業数で、ニューヨーク証券取引所を上回り世界最大市場となっている。

ナスダック

アメリカ店頭株式市場
NASDAQ」と表記されます。全米証券業協会NASD)が管理運営している株式市場で、主にハイテク関連などのベンチャー企業株式公開し、資金調達を行っています。マイクロソフトインテルアップルコンピュータなどが、ナスダック公開銘柄として名前を知られています。現在は、インターネット関連ビジネス株式公開も盛んで、1999年9月にはソフトバンク共同ナスダック・ジャパン創設すると発表したことから、日本でも名前を知られるようになりました。NASDAQ公開企業会社設立後、数年しか経っていない企業でも株式公開できますが、その一方で四半期ごとの企業ディスクロージャー求められるなど、投資家保護のための情報開示には厳し条件が課せられています。また、毎年公開した企業数と同程度企業公開廃止になるなど、生き残り厳し市場でもあります。なお、NASDAQ公開株全体値動きを表すのが「NASDAQ指数」と呼ばれるものです。

NASDAQ

フルスペル:National Association of Securities Dealers Automated Quotations
読み方:ナスダック
別名:NASDAQ Stock Marketナスダック証券取引所

NASDAQとは、米国ニューヨーク州にある全米証券業協会管理運営する店頭銘柄株式市場のことである。National Association of Securities Dealers Automated Quotations頭文字をとってNASDAQと称されている。1971年創設された。

NASDAQはベンチャー企業中心に約5500社が情報しており、IT、半導体などのハイテク企業数多くNASDAQに上場している。主な例としては、MicrosoftIntelCisco Systemsなどがある。

NASDAQの全ての上場企業株価を、時価総額加重平均算出した指数が、NASDAQ指数呼ばれている。NASDAQ指数は、2000年3月10日に付け5048ポイント史上最高値である。

全米証券業協会は、大阪証券取引所提携してNASDAQの日本版である「ナスダック・ジャパン(NASDAQ JAPAN)」を開設したが、2002年12月提携解消している。なお、日本においては同様のベンチャー向け株式市場としてジャスダックJASDAQ)が開かれている


参照リンク
NASDAQ Stock Market - (英文
企業活動のほかの用語一覧
海外企業・団体:  Navio  NSF  Novell  NASDAQ  ngmoco  NCFTA  Niantic

NASDAQ

(ナスダック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 14:41 UTC 版)

NASDAQ(ナスダック、National Association of Securities Dealers Automated Quotations)は、1971年に全米証券業協会(NASD)の主催で開設されたアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場である。






「NASDAQ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ナスダック」に関係したコラム

  • CFDの円建て銘柄とドル建て銘柄

    CFDの銘柄には、円建てで取引する銘柄とドル建てで取引する銘柄があります。例えば、CFDの日経225や日本の株式などは円建てで取引します。必要証拠金は、価格が8800円、レバレッジが10倍、取引単位が...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

  • CFDの株価指数と為替との関係

    CFDの株価指数には、日経平均株価(日経225)指数やS&P500種株価指数、イギリス100種株価指数などがあります。これらの株価指数の値動きと為替レートの値動きは連動している場合が多いようです。CF...

  • CFD銘柄のヒストリカルボラティリティの比較

    ヒストリカルボラティリティ(HV)とは、ある銘柄の価格変動率のことです。ヒストリカルボラティリティの大きい銘柄は価格の変動が大きいハイリスクハイリターンの銘柄になります。一方、ヒストリカルボラティリテ...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • FXのチャート分析ソフトMT4で表示できる通貨ペア以外のレートは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、外国為替市場で取引される通貨ペア以外のチャートも表示できます。以下はそのリストです。なお、MT4のダウンロード先...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナスダック」の関連用語

ナスダックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナスダックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2020MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリNASDAQの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNASDAQ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS