日本取引所グループとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 日本取引所グループの意味・解説 

日本取引所グループ


日本取引所グループ


日本取引所グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/28 06:48 UTC 版)

株式会社日本取引所グループ(にっぽんとりひきじょグループ、英語: Japan Exchange Group, Inc.、略称: JPX、日本取引所[6])は、日本会社東京証券取引所大阪取引所東京商品取引所等を傘下に持つ、持株会社(金融商品取引法上の金融商品取引所持株会社)である。




  1. ^ a b c d e 株式会社日本取引所グループ”. 株式会社日本取引所グループ (2018年6月20日). 2018年9月2日閲覧。
  2. ^ a b c d [1] (アーカイブ:[2])
  3. ^ a b c d e 2018年3月期 決算短信 (PDF)”. 株式会社日本取引所グループ (2018年4月27日). 2018年9月2日閲覧。
  4. ^ 日本取引所グループ [8697] - 業績・経営状態”. Ullet. 2016年2月24日閲覧。
  5. ^ 日本取引所、祝日の先物取引検討 海外マネー呼び込み”. 株式会社日本経済新聞社. 2019年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月28日閲覧。
  6. ^ 「日本取引所」の例として、ページ [5]
  7. ^ デリバティブ市場拡大を支える 清算インフラ刷新の取り組み”. 野村総合研究所. 2019年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月28日閲覧。
  8. ^ 一例として、ページ [7]
  9. ^ 東証・大証統合新市場、世界で競う デリバティブ課題- 日本経済新聞 電子版 2013年7月16日
  10. ^ a b 日本取引所、東商取のTOB成立を発表 今期純利益は14%減に下方修正”. 2019年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月26日閲覧。
  11. ^ [3]
  12. ^ [4]
  13. ^ a b 株式会社日本商品清算機構との清算機能の統合に伴う商品市場の清算業務に関する制度要綱”. 株式会社日本証券クリアリング機構. 2019年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月28日閲覧。
  14. ^ 日本取引所、1日発足 東証と大証が経営統合 - 日本経済新聞 電子版 2012年12月31日
  15. ^ 株式会社日本取引所グループと株式会社東京商品取引所の経営統合に関する基本合意について”. 日本取引所グループ. 2019年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月11日閲覧。
  16. ^ 株式会社日本取引所グループによる当社株式に対する売渡請求を行うことの決定及び当該株式売渡請求に係る承認に関するお知らせ”. 東京商品取引所. 2019年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月1日閲覧。
  17. ^ [5]
  18. ^ 株式会社東京商品取引所株式に係る株式売渡請求を行うことの決定及び当該株式売渡請求に係る同社による承認に関するお知らせ”. 日本取引所グループ. 2019年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月1日閲覧。
  19. ^ JPX、東商取へのTOB成立 総合取発足へ”. 日本経済新聞社. 2019年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月1日閲覧。
  20. ^ a b c 日本取引所自主規制法人”. 株式会社日本取引所グループ (2015年3月20日). 2018年9月2日閲覧。
  21. ^ a b 役員一覧”. 株式会社日本取引所グループ. 2019年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  22. ^ 日本取引所自主規制法人”. 2019年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  23. ^ JPXレポート2019”. 株式会社日本取引所グループ. 2019年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  24. ^ 沿革 日本取引所自主規制法人”. 株式会社日本取引所グループ. 2018年11月27日閲覧。
  25. ^ 東京証券取引所自主規制法人の名称変更について
  26. ^ 東証自主規制法人 理事長に佐藤氏
  27. ^ 日本取引所、自主規制法人理事長に細溝清史氏
  1. ^ JASDAQとして記載されている上場期間については、日本取引所グループの商号となったのは2013年1月1日からであり、それより前の上場期間は「大阪証券取引所」株式としての上場期間であること、(2) 2013年1月4日から2013年7月15日までの期間は、東証1部と大証JASDAQスタンダードで、「日本取引所グループ」株式が重複上場されていたことに注意されたい。また、2013年7月15日にJASDAQとしての上場が終了しているのは、大阪証券取引所の現物市場が、(「日本取引所グループ」株式が上場されていたJASDAQスタンダードも含め)2013年7月16日に東証に統合されたが、「日本取引所グループ」株式について考えると、同じ東証内の複数市場区分に一つの株式銘柄が同時に上場している状態にはなり得ないことから、1部かJASDAQのいずれかの上場を終了させなければならないところ、(比較すれば格下となる)JASDAQ側の上場が終了したという経緯である。
  2. ^ [2]によると、当該年月日に設立の株式会社大阪証券取引所が商号変更により株式会社日本取引所グループとなった。
  3. ^ 日本取引所自主規制法人については子会社欄に記載されているが、厳密には同自主規制法人は金融商品取引所で定義される法人種類である自主規制法人であり、会社には分類されないため「子会社」ではない。
  4. ^ 「一部事業」とは具体的には、経営管理及び経営管理に附帯する事業を除くすべての事業を指す。経営管理及び経営管理に附帯する事業については、商号変更後で言う日本取引所グループに残された形となる。また、事業の引き継ぎは具体的には大阪証券取引所から、「新大証設立準備株式会社」(2012年9月25日設立。商号変更により「株式会社大阪取引所」となった。)への会社分割(吸収分割)の形で行われた[2]
  5. ^ FXについては 2014年10月23日に取引休止となった[11][12]
  6. ^ 出典資料[13]上、JSCCへの清算機能統合は株式会社日本取引所グループ及び株式会社東京商品取引所の経営統合が前提条件とされている
  7. ^ 東京商品取引所の直接子会社。2020年7月を目処に、日本商品清算機構の持つ清算機能(※東京商品取引所大阪堂島商品取引所での商品(コモディティ)関連取引の清算機能)が日本証券クリアリング機構へと統合される見込みである[13][注釈 6]
  8. ^ 金融商品取引法第102条の十二などで用いられる概念
  9. ^ 資料[23]の(PDF上の)ページ78「企業集団の状況」において、株式会社日本取引所グループが議決権の100%を直接保有していることと、金融商品取引法第88条の十九「各会員の議決権は、平等とする」から、会員は株式会社日本取引所グループのみであることがわかる
  10. ^ a b 出典[21][27]から、2019年内のいずれかのタイミングで、理事長は佐藤隆文から細溝清史へ交代されている可能性が高い。


「日本取引所グループ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本取引所グループ」の関連用語

日本取引所グループのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本取引所グループのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本取引所グループ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS