小田急電鉄とは? わかりやすく解説

おだきゅう‐でんてつ〔をだキフ‐〕【小田急電鉄】


小田急電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 11:33 UTC 版)

小田急電鉄株式会社(おだきゅうでんてつ、: Odakyu Electric Railway Co., Ltd.[1])は、日本大手私鉄の一つで、東京都神奈川県を中心に鉄道事業不動産業などを営む会社である。略称は小田急(おだきゅう)で、小田急グループの中核企業である[6]


注釈

  1. ^ 合併を含む提携強化を図る、小田急が所有する株数は相鉄の発行済み株式の16%まで、小田急出身の役員を2人受け入れの3つが定められた。ただし合併を含む提携強化については、実施されなかった。
  2. ^ 多摩線開通までの計画変遷については多摩線の記事を参照。翌1967年6月に喜多見 - 多摩間の免許廃止ならびに百合ヶ丘(後に新百合ヶ丘に変更) - 多摩間の敷設免許を申請し、同年12月に認可されたことで喜多見からの新線計画は放棄された。
  3. ^ 多摩 - 城山間の免許は存置されたが、後に失効した。
  4. ^ 特急ロマンスカーでは50000形「VSE」に限り担当乗務員専用の制服を着用していたが、以降は車種にかかわらずロマンスカー乗務員専用の制服を着用するようになる。
  5. ^ 小田原駅で乗り換えできるJR線は、在来線の東海道線はJR東日本だが、東海道新幹線はJR東海の路線である。小田原駅と同等のケースは京急線品川駅が該当する。
  6. ^ JR2社の在来線管内を直接結んでいる私鉄は小田急電鉄のほか大手私鉄では近畿日本鉄道第三セクター鉄道ではえちごトキめき鉄道がある。だが、近鉄はJR線との直通運転は行っておらず、えちごトキめき鉄道はJRの特急「しらゆき」が乗り入れるのみでえちごトキめき鉄道の車両はJRには乗り入れない。
  7. ^ かつて非シングルアームパンタの車両が在籍していた会社で、現在営業用車両がすべてシングルアームパンタ搭載車となった大手私鉄は、他に京王電鉄がある。JRの電車では、JR北海道JR東海の車両が全てシングルアームパンタである。
  8. ^ かつてはJR東日本も自社発行であったが、2009年10月にカード部門を完全子会社「株式会社ビューカード」として分社化している(ブランド供給会社はクレディセゾンのUCカードと、JCBのブランド供給会社扱いで発行している)。
  9. ^ JR西日本の場合は、JCBブランドも自社発行扱い(業務はジェーシービーにアウトソーシング)となっている。
  10. ^ 1949年のシーズンまで「大陽ロビンズ」(1948年に太陽ロビンズから改称)と名乗っていた松竹ロビンズのこと。
  11. ^ 他には山陽電気鉄道がプロ野球球団の所有を企図し、一時期2軍チームの山陽クラウンズを所有している。
  12. ^ グループ会社では江ノ島電鉄の「えのんくん」や小田急バスの「きゅんた」などが存在する。

出典

  1. ^ a b c 会社概要 - 小田急電鉄(2022年1月7日閲覧)
  2. ^ 社会から信頼されるための取り組み - 小田急電鉄株式会社
  3. ^ https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/henkorireki-johoto.html?selHouzinNo=1011001005060.
  4. ^ a b c d e f g h i j k 第100期(2021年3月期)有価証券報告書 (PDF)”. 小田急電鉄株式会社 (2021年6月29日). 2021年11月16日閲覧。
  5. ^ a b 有価証券報告書 - 第100期(2020年4月1日-2021年3月31日) (PDF)”. EDINET. 小田急電鉄株式会社. pp. 3- (2021年6月29日). 2021年11月12日閲覧。
  6. ^ 企業情報 > 小田急グループ 小田急電鉄(2021年6月17日閲覧)
  7. ^ 当社路線の概要 小田急電鉄(2021年6月17日閲覧)
  8. ^ 大手民鉄の素顔 (PDF) - 日本民営鉄道協会2020年度版
  9. ^ 「小田急、沿線でサブスク拡充 カフェやパン店、対象50店超に」『日経MJ』2021年6月11日ライフスタイル面
  10. ^ “グループ経営理念・長期ビジョン2020”. 小田急電鉄. 小田急電鉄. (2020年9月7日). https://www.odakyu.jp/company/philosophy/ 2020年9月7日閲覧。 
  11. ^ a b 小田急電鉄 (2014年5月). “小田急グループのブランドマーク (PDF)”. 『SUBWAY 日本地下鉄協会報』第201号. 日本地下鉄協会. pp. 55-57. 2018年10月5日閲覧。
  12. ^ 小田急グループランドーアソシエイツ 実績紹介)2021年4月14日閲覧
  13. ^ “「小田急グループ ブランドマーク」を制定” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2008年2月8日), オリジナルの2010年2月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100215040557/http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/3353_1782322_.pdf 2017年11月6日閲覧。 
  14. ^ 明治43年(1910)7月15日 小田急電鉄(株)『小田急五十年史』(1980.12) 2021年6月17日閲覧
  15. ^ 相鉄グループ100年史』(相鉄ホールディングス 、2018年12月)42ページ
  16. ^ 神奈川サンケイ新聞社 編『ヨコハマ再開発物語』(日刊工業新聞社、1982年1月、ISBN 4-8191-0510-8)89-99ページ
  17. ^ 『日本全国諸会社役員録.明治44年』国立国会図書館デジタルコレクション)
  18. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1922年6月1日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  19. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  20. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第32回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  21. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年10月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 小田急五十年史”. 小田急電鉄 (1980年). 2019年7月26日閲覧。(渋沢社史データベース)
  23. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1927年4月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  24. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1928年1月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  25. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1929年4月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  26. ^ 【今日は何の日?】小田急RSE、JR東海371系、デビュー 乗りものニュース(2015年3月16日)2021年6月17日閲覧
  27. ^ “東急、終電繰り下げ 小田急も実施 全通勤車にシルバー席”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1992年3月11日) 
  28. ^ “小田急全駅終日禁煙に”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 4. (1993年4月6日) 
  29. ^ 小田原線・江ノ島線・多摩線の全駅(69駅)への自動改札機設置が平成9年3月1日(土)に完了しました(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・1998年時点の版)。
  30. ^ 小田急開業70周年記念。イベント特急「ゆめ70」が平成9年9月1日(月)から運転開始。特急ロマンスカー3100形(NSE車)1編成の内・外装をリニューアル(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・1998年時点の版)
  31. ^ 鉄道旅客運賃の改定について(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・1998年時点の版)。
  32. ^ 花鳥山脈「謝恩イベント」のご案内。平成10年3月8日(日)をもって営業を終了いたします。長い間ご愛顧ありがとうございました。(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・1998年時点の版)。
  33. ^ “全線で急行10両化 小田急電鉄 設備改良工事終了で 22日から”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1998年8月10日) 
  34. ^ 「くげぬまプールガーデン」営業終了のお知らせ(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2003年時点の版)。
  35. ^ 小田急の開業70周年記念車両ロマンスカー「ゆめ70」が 4月26日(水)に現役引退(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2003年時点の版)。
  36. ^ インターネット対応の携帯電話を特急券がわりに乗車できる特急チケットレス乗車サービスを7月15日(日)から開始(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2004年時点の版)
  37. ^ 出演作品:小田急電鉄(下り線アナウンス)大原さやか公式サイト「大原省」のインターネットアーカイブ(2021年6月17日閲覧)
  38. ^ ホームページからの特急券予約サービスを平成13年10月27日(土)より開始(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2004年時点の版)
  39. ^ 平成15年5月1日(木)より、小田急線全駅を全面禁煙化します(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2004年時点の版)
  40. ^ a b c d 鉄道旅客運賃の変更について(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2005年時点の版)。
  41. ^ 2月23日(木)小田急線主要13駅にAED(自動体外式除細動器)を設置します (PDF) (小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2006年時点の版)。
  42. ^ 2007年3月18日(日)から特急ロマンスカーを終日全面禁煙化します (PDF) (小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2007年時点の版)。
  43. ^ 小田急小田原線(下北沢駅付近)の踏切を3月に除却! - 東京都 (平成25年1月31日)
  44. ^ a b 小田急線・箱根登山線・箱根ロープウェイ・箱根海賊船にて 2014年1月から駅ナンバリングを順次導入します! (PDF) - 小田急電鉄、2013年12月24日
  45. ^ 鉄道旅客運賃の変更について (PDF)
  46. ^ 新型自動列車停止装置(D-ATS-P)の全線設置が完了 (PDF) - 小田急電鉄、2015年9月11日
  47. ^ タイ・バンコクにおける駐在員事務所の開設について (PDF) - 小田急電鉄、2016年9月1日
  48. ^ 小田急ロマンスカー「EXEα」が営業運転を開始 - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2017年03月02日掲載
  49. ^ 公式スマートフォンアプリ「小田急アプリ」を配信 (PDF) - 小田急電鉄、2017年6月2日
  50. ^ 「電車の屋根燃え乗客避難 小田急沿線火災」日本経済新聞』2017年9月11日(2021年6月17日閲覧)
  51. ^ フランス・パリにおける駐在員事務所の開設について (PDF) - 小田急電鉄、2017年10月30日
  52. ^ 鉄道業界初!厚生労働大臣より 「プラチナくるみん認定」を受けました (PDF) - 小田急電鉄、2018年3月23日
  53. ^ 2018年3月3日初電から、代々木上原駅~梅ヶ丘駅間において複々線での運転を開始します (PDF) - 小田急電鉄、2017年12月15日
  54. ^ 特急ロマンスカー・GSE(70000形)誕生 (PDF) - 小田急電鉄、2017年12月5日
  55. ^ a b “新ダイヤでの運行開始日を決定!” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2017年12月15日), http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8731_0522542_.pdf 2017年12月15日閲覧。 
  56. ^ 運転士・車掌・駅係員の制服を一新します! (PDF) - 小田急電鉄、2017年11月1日
  57. ^ 2018年3月のダイヤ改正にあわせて特急ロマンスカー専用の新制服を使用開始 (PDF) - 小田急電鉄、2017年12月5日
  58. ^ 【小田急】7000形"LSE"車 定期運行終了 - 鉄道ホビダス RMニュース、2018年7月12日
  59. ^ 神奈川県と小田急電鉄 SDGs推進に係る連携と協力に関する協定を締結 小田急電鉄プレスリリース(2019年7月1日)2019年7月21日閲覧。
  60. ^ 簡易株式交換による江ノ島電鉄株式会社の完全子会社化に関するお知らせ (PDF)”. 小田急電鉄 (2019年4月26日). 2019年4月27日閲覧。
  61. ^ a b “鉄道旅客運賃の変更認可および改定について” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2019年9月5日), https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001m385-att/o5oaa1000001m38c.pdf 2019年10月1日閲覧。 
  62. ^ 「小田急、タクシーなど含め経路検索 MaaSアプリ実験 新宿や箱根で/他社利用も見据える」 日本経済新聞ニュースサイト(2019年10月7日)2019年10月20日閲覧
  63. ^ 「小田急の運行情報サイト QRコードで誘導 車両・駅に掲示」『日本経済新聞』朝刊2019年11月8日(首都圏経済面)2019年12月25日閲覧
  64. ^ “「ONE(オーネ)」 を12月10日(火) 運用開始” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2019年12月9日), https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001ntsw-att/o5oaa1000001ntt3.pdf 2021年6月15日閲覧。 
  65. ^ 「より広く、より快適」な通勤環境を追求した先進車両 新型通勤車両「5000形」を導入 12年ぶりの新型通勤車両が2019年度デビュー (PDF)”. 小田急電鉄 (2019年4月26日). 2019年4月27日閲覧。
  66. ^ 「小田急5000形, 3月26日から営業運転を開始」 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース(2020年2月7日掲載)2021年6月17日閲覧
  67. ^ ポケット時刻表が相次ぎ廃止、なぜ? 47NEWS、2021年6月21日閲覧。
  68. ^ 「ロマンスカーミュージアム、出発進行 実物11両を展示」朝日新聞デジタル(2021年4月19日)2021年6月17日閲覧
  69. ^ “ロマンスカーミュージアム開業日が4月19日に決定! カフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE」も同時オープン!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2021年3月8日), オリジナルの2021年3月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210308060204/https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001w6wx-att/o5oaa1000001w6x4.pdf 2021年3月8日閲覧。 
  70. ^ “2022年3月11日(金)、特急ロマンスカー・VSEの定期運行を終了” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2021年12月17日), https://www.odakyu.jp/news/o5oaa100000214su-att/o5oaa100000214t1.pdf 2022年1月16日閲覧。 
  71. ^ a b c d “3月12日、小児IC運賃等の低廉化をスタートします” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2022年1月11日), オリジナルの2022年1月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220111053135/https://www.odakyu.jp/news/o5oaa10000021e9a-att/o5oaa10000021e9h.pdf 2022年1月15日閲覧。 
  72. ^ 「小児旅客運賃の一部改定」および「よくある質問」について (PDF)”. 小田急電鉄 (2022年1月11日). 2022年1月16日閲覧。
  73. ^ “本社移転および固定資産の譲渡に関するお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2022年4月28日), https://www.odakyu.jp/news/o5oaa10000023a7x-att/o5oaa10000023a84.pdf 2022年4月28日閲覧。 
  74. ^ 人事興信所 1948, イ3頁.
  75. ^ 人事興信所 1995, た254頁.
  76. ^ 小田急多摩線の延伸の促進”. 相模原市. 2017年11月8日閲覧。
  77. ^ 鉄道トリビア(434) 小田急電鉄には、JR貨物の電気機関車も運転できる運転士がいる - マイナビニュース、2017年12月9日
  78. ^ 向ヶ丘遊園モノレール線の廃止について(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2000年時点の版)。
  79. ^ 向ヶ丘遊園モノレール線の廃止予定日繰り上げについて(小田急電鉄ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2001年時点の版)。
  80. ^ 平成29年度の要望及び鉄道事業者からの回答”. 神奈川県. 2019年4月4日閲覧。
  81. ^ a b c d 森口誠之『鉄道未成線を歩く〈私鉄編〉』(JTB、2001年)p.186
  82. ^ “2018年3月、新ダイヤでの運行開始” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2017年11月1日), http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8701_5820170_.pdf 2017年11月2日閲覧。 
  83. ^ “小田急線 千代田線 JR常磐線(各駅停車) の相互直通運転に向けた準備を開始します〜小田急・JR東日本車両も3線直通可能な車両にしていきます〜” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄・東日本旅客鉄道, (2013年3月27日), http://www.jreast.co.jp/press/2012/20130311.pdf 2013年10月8日閲覧。 
  84. ^ 「Topic Photos 小田急5200形5256Fを4連化」『鉄道ピクトリアル』2008年3月号(通巻801号)83頁、電気車研究会
  85. ^ 小田急電鉄『ODAKYU 会社要覧 2017』p.33
  86. ^ “子育てしやすい沿線の実現に向け、小田急は走り出します! 子育て応援ポリシーを定め、「こどもの笑顔をつくる子育てパートナー」であることを宣言 全国初!「小児IC運賃を全区間一律50円」として、子育て世代を応援” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2021年11月8日), オリジナルの2021年11月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20211108084239/https://www.odakyu.jp/news/o5oaa10000020qp8-att/o5oaa10000020qpf.pdf 2021年11月8日閲覧。 
  87. ^ 長塚 みどり”. JOYSTAFF. 2019年11月9日閲覧。
  88. ^ 鉄道トリビア(105) 車内放送に意外な有名人が関わっている”. マイナビニュース. マイナビ (2011年7月2日). 2020年5月7日閲覧。
  89. ^ クリステル チアリ”. 株式会社青二プロダクション. 2020年5月7日閲覧。
  90. ^ 都市基盤整備におけるコンフリクト予防のための計画プロセスの手続的信頼性に関する考察 (PDF)
  91. ^ “どう変わる? 小田急、新型ATS導入完了”. 乗りものニュース. (2015年9月12日). https://trafficnews.jp/post/43033/ 2017年1月29日閲覧。 
  92. ^ PROFILE”. ハンバート ハンバート オフィシャルウェブサイト. 2020年8月5日閲覧。
  93. ^ 2017年5月4日放送 小田急電鉄 会長 山木 利満(やまき としみつ)氏 - テレビ東京
  94. ^ FC町田ゼルビア×小田急 共同企画 - 小田急電鉄 (PDF)
  95. ^ 株式会社日本格付研究所による格付け(2021年5月14日) (PDF)



Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「小田急電鉄」に関係したコラム

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小田急電鉄」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

小田急電鉄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小田急電鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小田急電鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS