鎌倉市とは? わかりやすく解説

かまくら‐し【鎌倉市】

読み方:かまくらし

鎌倉


鎌倉市

読み方:カマクラシ(kamakurashi)

所在 神奈川県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鎌倉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/10 07:56 UTC 版)

鎌倉市(かまくらし)は、神奈川県の南部に位置する。人口は約17万人。三浦半島西側の付け根にあり、歴史的都市鎌倉が市域の中心にある。


注釈

  1. ^ 大正時代(1912-1926年)の中期ということで、記載位置は1919年とする。

出典

  1. ^ 鎌倉文士と別荘文化”. 鎌倉市. 2024年1月20日閲覧。
  2. ^ 鎌倉市. “風致地区”. 鎌倉市. 2024年1月19日閲覧。
  3. ^ 平成ライフスタイル (2022年12月2日). “鎌倉の高級住宅街 自然と歴史を感じられるエリアの魅力とは”. 平成ライフスタイル. 2024年1月19日閲覧。
  4. ^ 鎌倉市. “古都保存法とは”. 鎌倉市. 2024年1月20日閲覧。
  5. ^ 鎌倉市. “鎌倉海の魅力発信事業”. 鎌倉市. 2024年1月19日閲覧。
  6. ^ 資料1-3 市町村別平均津波高一覧表<満潮位>”. 内閣府防災情報のページ (2012年8月29日). 2024年2月16日閲覧。
  7. ^ 「鎌倉の埋蔵文化財シリーズ」より鎌倉市公式HP
  8. ^ 「鎌倉市周知の埋蔵文化財包蔵地一覧」鎌倉市公式HP
  9. ^ 「鎌倉市遺跡地図について」鎌倉市公式HP
  10. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021 pp.17-25
  11. ^ 鎌倉市教育委員会 1998 p.3
  12. ^ 鎌倉市教育委員会 2001 p.3
  13. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021 pp.26-27
  14. ^ 鎌倉市史編纂委員会『鎌倉市史(考古篇)』(1959年)84~88ページ
  15. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021 pp.32-33
  16. ^ 埋蔵文化財センター(横浜市)『埋文よこはま31』(2015年)1-3ページ
  17. ^ 埋蔵文化財センター(横浜市)『栄区の重要遺跡』(2015年)20-30ページ
  18. ^ 栄区横穴墓探訪記(1)”. 埋蔵文化財センター(横浜市). 2022年1月9日閲覧。
  19. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021 p.59
  20. ^ 鎌倉歴史文化交流館 2021 pp.50-53
  21. ^ 平井ほか 1980 pp.335-336
  22. ^ 「国指定史跡 名越切通」逗子市公式HP
  23. ^ a b 齋藤 2006 pp.184-185
  24. ^ 岡 2004 pp.41-64
  25. ^ a b c d e 鎌倉市教育委員会『かまくら34』第2版、1995年3月31日、98頁
  26. ^ a b c d e f g h i 文化財部文化財課 (2018年3月9日). “鎌倉市指定文化財一覧表”. 公式ウェブサイト. 鎌倉市. 2018年3月26日閲覧。
  27. ^ 下川耿史 家庭総合研究会 編『明治・大正家庭史年表:1868-1925』河出書房新社、2000年、403頁。ISBN 4-309-22361-3 
  28. ^ a b c 沿革”. 公式ウェブサイト. 大船観音寺. 2018年3月24日閲覧。
  29. ^ 鎌倉が日本が熱狂したカーニバル”. タウンニュース (2015年8月14日). 2019年12月24日閲覧。
  30. ^ 昭和14年内務省告示第515号
  31. ^ 「東京湾、三浦半島などの海水浴に制限令」『毎日新聞』1944年(昭和19年)8月11日東京版(昭和ニュース事典編纂委員会『昭和ニュース事典第8巻 昭和17年/昭和20年』本編p.68 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  32. ^ a b 昭和22年12月26日、神奈川県告示第458号
  33. ^ a b 昭和22年5月29日、神奈川県告示第233号
  34. ^ a b 鎌倉花火大会(かまくらはなびたいかい) 鎌倉市、2022年5月16日更新、2022年7月24日閲覧。
  35. ^ a b 同日、自治省告示第322号
  36. ^ 「鎌倉市の町名及び住居表示の実施状況」(鎌倉市サイト)
  37. ^ a b c d 浄化センター - 上下水道”. 公式ウェブサイト. 鎌倉市 (2017年4月18日). 2018年3月22日閲覧。
  38. ^ a b 同年4月20日、自治省告示第111号
  39. ^ 鎌倉彫について”. 公式ウェブサイト. 鎌倉彫工芸館. 2018年3月26日閲覧。
  40. ^ 鎌倉市市民活動部観光商工課商工担当 (2017年2月27日). “鎌倉彫”. 公式ウェブサイト. 鎌倉市. 2018年3月26日閲覧。
  41. ^ a b c d 環境部 (2018年2月28日). “処理施設 - ごみ・リサイクル”. 公式ウェブサイト. 鎌倉市. 2018年3月22日閲覧。
  42. ^ a b c d 土木学会選奨土木遺産”. 公式ウェブサイト. 社団法人土木学会. 2018年3月23日閲覧。
  43. ^ 丸山 智朗(東京大学大学院農学生命科学研究科水域保全学研究室) (2012年9月22日). “鎌倉市滑川におけるヒメヌマエビ(節足動物門;十脚目;ヌマエビ科)の記録” (PDF). 神奈川県立生命の星・地球博物館. 2018年3月23日閲覧。
  44. ^ 同日、内務省告示第515号
  45. ^ a b c d e 選挙ドットコム
  46. ^ a b 経営企画部秘書広報課 (2015年1月23日). “歴代市長”. 公式ウェブサイト. 鎌倉市. 2018年3月22日閲覧。
  47. ^ 鎌倉市長選挙開票速報”. 鎌倉市. 2021年12月16日閲覧。
  48. ^ “副市長に比留間氏”. タウンニュース 鎌倉版. (2022年3月25日). https://www.townnews.co.jp/0602/2022/03/25/618423.html 2022年4月11日閲覧。 
  49. ^ 新副市長に知事特別秘書の千田氏 鎌倉市議会が同意 神奈川新聞 2018年12月21日 政治・行政
  50. ^ a b 歴代市長について知りたい。”. 公式ウェブサイト. 鎌倉市 (2013年5月7日). 2018年3月22日閲覧。
  51. ^ “役所天国・鎌倉市”お手盛り給与「わたり」 市議会から「即時廃止」迫られ「組合」熾烈防戦 産経新聞 2014年10月27日
  52. ^ 鎌倉市の生活保護申請窓口についたて 2年以上 外部指摘で撤去 - カナロコ、2014年7月1日
  53. ^ ふさがれた生活保護窓口 鎌倉市「棚置く場所なく」 - 朝日新聞、2014年7月2日
  54. ^ 2014年7月3日のツイート
  55. ^ a b c 鎌倉市消防団 - 消防団の組織概要” (PDF). 公式ウェブサイト. 総務省消防庁 (2016年(平成28年)4月1日). 2018年3月22日閲覧。
  56. ^ 横須賀・三浦医療圏”. JMAP(公式ウェブサイト). 日本医師会 (2015年). 2018年3月25日閲覧。
  57. ^ 神奈川県保健福祉局保健医療部医療課 (2015年8月17日). “平成26年度 二次保健医療圏別(横須賀・三浦圏域)の医療機能ごとの病床の状況”. 公式ウェブサイト. 神奈川県. 2018年3月25日閲覧。
  58. ^ 神奈川県保健福祉局保健医療部医療課 (2017年6月26日). “II 各二次保健医療圏・政令市の課題と施策の方向性 - 神奈川県保健医療計画” (PDF). 公式ウェブサイト. 神奈川県. 2018年3月25日閲覧。
  59. ^ 2011年7月24日 地デジ移行・7,000世帯が受信困難か”. タウンニュース. 2010年3月10日閲覧。[リンク切れ]
  60. ^ 企業局水道部水道施設課 (2018年3月14日). “鎌倉水道営業所”. 公式ウェブサイト. 神奈川県. 2018年3月22日閲覧。
  61. ^ a b 環境部”. 公式ウェブサイト. 鎌倉市 (2018年2月23日). 2018年3月22日閲覧。
  62. ^ 鎌倉市都市マスタープラン「III部門別方針 5 交通システム整備の方針 1現況と課題」[1]
  63. ^ 1983年(昭和58年)に鎌倉有風亭の青木 登によって復活。『人力車が案内する鎌倉』(光文社新書)、ISBN 4334032133 より。
  64. ^ 鎌倉中央公園の紹介(鎌倉市)
  65. ^ JTB 『文士の愛した鎌倉』 文芸散策の会編 ISBN 4-533-02815-2 22-24頁。
  66. ^ 『文士の愛した鎌倉』 57-59頁。
  67. ^ 『文士の愛した鎌倉』 50-54頁。
  68. ^ 三木卓『鎌倉日記』、かまくら春秋社、2002年、215-219頁。
  69. ^ “毎日フォーラム・霞が関ふるさと記 神奈川県(2)”. 毎日新聞デジタル (毎日新聞社). (2017年4月10日). https://mainichi.jp/articles/20170403/org/00m/010/027000c 2024年3月25日閲覧。 
  70. ^ 中原茂”. ローカルドリームプロダクション. 2020年11月5日閲覧。
  71. ^ 田島英三 (1995). ある原子物理学者の生涯. 東京: 新人物往来社. ISBN 4-404-02208-5 
  72. ^ 広島および長崎における原子爆弾 放射線の日米共同再評価(DS86)”. 日米共同研究機関 公益財団法人放射線影響研究所. 2020年10月14日閲覧。
  73. ^ 田島英三「日米原爆線量再評価検討委員会報告書について」『日本原子力学会誌』第29巻第8号、日本原子力学会、1987年、690-701頁、doi:10.3327/jaesj.29.690ISSN 0004-7120NAID 1300039097512020年10月17日閲覧 
  74. ^ 2022年10月18日放送『マツコの知らない世界』にて



鎌倉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 00:40 UTC 版)

神奈川県道21号横浜鎌倉線」の記事における「鎌倉市」の解説

鎌倉女子大交差点からは右手県道23号左手県道21号に再び分かれる。なお、ほとんどのバス路線神奈川県道23号原宿六ツ浦線方面大船駅方面)へと向かうため、鎌倉女子大交差点から、約800m先の砂押(すなおしばし)交差点までは、県道21号で最も路線バスの運行本数少な区間となっている(平日の朝6時台に、江ノ電バス平島鎌倉営業所)発 岩瀬常楽寺経由 大船駅行が1本運行されているのみで、逆方向設定は無い。また、土曜休日運休となっている)。 鎌倉ハム工場砂押交差点大船警察署などを経ると、常楽寺じょうらくじ交差点砂押交差点から約900m)である。ここを右折する三菱電機情報技術総合研究所経て大船駅達する。この付近から約600m先の小袋谷交差点までは、再び常時混雑する区間となる。 小袋谷こぶくろや)交差点丁字路になっており、北北東県道21号横浜方面東南東県道21号鎌倉方面、西北西神奈川県道302号小袋谷藤沢線藤沢方面となっている。約100m北北東には横須賀線交差する第二鎌倉道踏切」があるほか、交差点自体各方向とも右左折車線が全く設けられていないため、交差点踏切とが相まって渋滞避けられない構造となっている。この交差点設置されている信号は、一日中24時間)、鎌倉方面からが黄色点滅、他の2方面からは赤色点滅となっており、歩行者用信号押しボタン押され場合のみ全方向車両用信号が赤となる。2001年平成13年)には、この信号通常の運用とする交通実験が行われたが、点滅運用時大きく上回る渋滞発生したため、引き続き点滅運用続けることとなり現在に至っている。 小袋谷交差点からは車道はより狭隘となり、800mほど進むと北鎌倉駅駅前を通る。左の画像下部見え白線が、県道21号歩道車道との境界を示すものであるここから500mほどの間に、円覚寺東慶寺浄智寺明月院などへ通じ路地県道21号から延びている。そして、再び横須賀線踏切交差したあたりから上り坂が600mほど続き途中左手建長寺見て巨福呂坂洞門からは急な下り坂となる。 300mほど下ってすぐ大きく右へカーブすると、左手鶴岡八幡宮境内である。外堀沿って300mほど先を左にほぼ直角に折れると、八幡宮前(はちまんぐうまえ)交差点となる。ここを先頭に、渋滞巨福呂坂洞門付近まで延びていることが多い。 北鎌倉駅2004年10月17日撮影巨福呂坂洞門こぶくろざかどうもん2004年11月9日撮影) - 鎌倉市山ノ内所在する落石防護施設鎌倉方面から横浜方面を望む。巨福呂坂近くにあることから、1993年5月竣工時にこう名付けられた。 八幡宮交差点から滑川交差点までは若宮大路わかみやおおじ)とも呼ばれている。このうち八幡宮交差点(三の鳥居)から旧鎌倉警察署前交差点(二の鳥居)までの約500mは、段葛だんかずら)と呼ばれる歩行者専用参道道路中央にあるため、車道はその両側方向別に分離されている(若宮大路の項目も参照のこと)。 この区間駐停車禁止となっているが、特に横浜方面への車線路上駐車常時多くまた、2002年平成14年)頃からは人力車通行増えており、それぞれ渋滞一因となっている。 鎌倉駅入口交差点神奈川県道303号鎌倉停車場線)、鎌倉郵便局などを経ると、横須賀線ガード下をくぐる形で立体交差する。1910年明治43年)から1949年昭和24年)までは、現在の鎌倉駅入口交差点付近道路上に、江ノ島電鉄終点である小町駅(後の鎌倉駅)が設けられていた。江ノ島電鉄は、小町駅から若宮大路道路上通り横須賀線ガード下付近からは、現在使用されている線路と同じ経路辿っていたという。現在、小町駅の跡は残っていない。 八幡宮交差点2004年10月17日撮影) - 鎌倉市雪ノ下2丁目所在神奈川県道204号金沢鎌倉線終点画面左奥が神奈川県道204号金沢鎌倉線金沢方面右手県道21号滑川交差点方面手前県道21号横浜方面左手鶴岡八幡宮一の鳥居いちのとりい)(2004年10月17日撮影終点付近2011年10月16日撮影滑川交差点2004年10月17日撮影) - 鎌倉市由比ガ浜4丁目に所在画面手前国道134号大磯方面、右奥が国道134号横須賀方面、左奥が県道21号横浜方面横須賀線ガードほど近い下馬(げば)交差点直近のバス停名から「下馬四ツ角」とも呼ばれる)では、神奈川県道311号鎌倉葉山線直交する左折する東方向に曲がる)と小坪逗子駅方面右折する西方向に曲がる)と長谷神奈川県道32号藤沢鎌倉線深沢方面となる。 更に300mほど進み鎌倉警察署一の鳥居を過ぎると、相模湾視界入り500mほどで終点滑川(なめりがわ)交差点となる。滑川交差点丁字路で、国道134号接続しており、左折する東方向に曲がる)と渚橋逗葉新道方面右折する西方向に曲がる)と由比ヶ浜稲村ヶ崎腰越江の島方面となる。南側はすぐ相模湾面した由比ヶ浜海水浴場となっており、毎年夏には鎌倉花火大会花火ここから眺めることもできる

※この「鎌倉市」の解説は、「神奈川県道21号横浜鎌倉線」の解説の一部です。
「鎌倉市」を含む「神奈川県道21号横浜鎌倉線」の記事については、「神奈川県道21号横浜鎌倉線」の概要を参照ください。


鎌倉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 00:27 UTC 版)

日本のプロテスタント教会一覧」の記事における「鎌倉市」の解説

鎌倉雪ノ下教会日本基督教団:長老系) - 鎌倉市小町1917年大正6年創立松尾造酒蔵加藤常昭牧師をしていた。

※この「鎌倉市」の解説は、「日本のプロテスタント教会一覧」の解説の一部です。
「鎌倉市」を含む「日本のプロテスタント教会一覧」の記事については、「日本のプロテスタント教会一覧」の概要を参照ください。


鎌倉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 15:12 UTC 版)

神奈川県小学校の廃校一覧」の記事における「鎌倉市」の解説

鎌倉清泉小学校1963年3月末日廃校清泉女学院小学校(現:清泉小学校)へ統合

※この「鎌倉市」の解説は、「神奈川県小学校の廃校一覧」の解説の一部です。
「鎌倉市」を含む「神奈川県小学校の廃校一覧」の記事については、「神奈川県小学校の廃校一覧」の概要を参照ください。


鎌倉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 01:47 UTC 版)

神奈川県のマスコットキャラクター一覧」の記事における「鎌倉市」の解説

大船観音のんちゃん - 鎌倉市岡本大船観音寺マスコットキャラクター落ち武者のおちむん - 鎌倉市非公認キャラクター。 ささりん - 鎌倉市健康づくりキャラクター ポリともくん - 鎌倉警察署マスコットキャラクター

※この「鎌倉市」の解説は、「神奈川県のマスコットキャラクター一覧」の解説の一部です。
「鎌倉市」を含む「神奈川県のマスコットキャラクター一覧」の記事については、「神奈川県のマスコットキャラクター一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鎌倉市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「鎌倉市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鎌倉市」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

鎌倉市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鎌倉市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎌倉市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神奈川県道21号横浜鎌倉線 (改訂履歴)、日本のプロテスタント教会一覧 (改訂履歴)、神奈川県小学校の廃校一覧 (改訂履歴)、神奈川県のマスコットキャラクター一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS