一時避難場所とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > 一時避難場所の意味・解説 

一時避難場所

読み方:いっときひなんばしょ
別表記:一時集合場所

災害発生した時に一時的避難所として指定されている場所。公園広場指定されていることが多い。一時集合場所は「広域避難場所」へ移動する前の中継地点となっており、各自・各家庭が一時避難場所に集まってから、集団行動広域避難場所へと避難する。

一時避難場所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/08 13:05 UTC 版)

一時避難場所(いちじひなんばしょ、いっときひなんばしょ)とは、災害時の危険を回避するために一時的に避難する場所、または帰宅困難者公共交通機関が回復するまで待機する場所のこと。避難場所とほぼ同意義語だが、自治体によって一時集合場所の意味として使われている[1]


  1. ^ 災害時の避難場所、避難所について2017年4月7日”. 大阪市 危機管理室. 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ 災害時の避難場所、避難所について2017年4月7日”. 大阪市 危機管理室. 2017年4月7日閲覧。
  3. ^ 緊急避難場所」と「避難所」について”. 滋賀県総合政策部防災危機管理局. 2017年3月31日閲覧。
  4. ^ 災害時の避難場所、避難所について2017年4月7日”. 大阪市 危機管理室. 2017年4月7日閲覧。


「一時避難場所」の続きの解説一覧



一時避難場所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一時避難場所」の関連用語

一時避難場所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



一時避難場所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一時避難場所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS