みのもんたとは?

みのもんた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/21 00:34 UTC 版)

みの もんた(本名:御法川 法男(みのりかわ のりお)、1944年8月22日 - )は、日本フリーアナウンサータレント司会者ニュースキャスター実業家であり、自身の個人事務所である株式会社ニッコク代表取締役社長である。愛称は、みのさんみのちゃん、など。




  1. ^ 決定!これが日本のベスト「血液型ランキング」”. テレビ朝日. 2016年2月16日閲覧。
  2. ^ “みのもんた 「みのもんたの朝ズバッ!」で“TV人生初”の遅刻”. スポーツニッポン. (2011年8月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/11/kiji/K20110811001387820.html 
  3. ^ a b 『敗者の報道』p.125
  4. ^ スポーツニッポン 2014年9月3日芸能面「我が道」
  5. ^ スポーツニッポン 2014年9月4日芸能面「我が道」
  6. ^ スポーツニッポン 2014年9月5日芸能面「我が道」
  7. ^ a b スポーツニッポン 2014年9月6日芸能面「我が道」
  8. ^ a b スポーツニッポン 2014年9月10日芸能面「我が道」
  9. ^ 会社法人としては、現在の東京放送ホールディングス(2009年4月より同社名)。放送局としては、現在のTBSテレビ(2009年4月、旧東京放送よりテレビの放送免許を継承)・TBSラジオ(2001年10月、東京放送よりラジオの放送免許を継承)。
  10. ^ ノーベル賞受賞者もみのもんたも就活で第一志望に落ちていた SAPIO 2011年3月9日号
  11. ^ 『敗者の報道』p.124 - 125
  12. ^ 当時は採用は別々だったが、研修は文化放送、フジテレビニッポン放送、産経新聞社とグループ合同で行われていた。
  13. ^ 『敗者の報道』p.60 - 61
  14. ^ みの本人は「組合に入っていなかったため、深夜労働が出来た」と語っている(『敗者の報道』p.57 より)。
  15. ^ 当時、既に人気を博していた先輩アナウンサーの土居まさるも、『セイ!ヤング』のパーソナリティだったが、みのが土居の口調・声質・抑揚など、全てを真似していたため、リスナーは聞き分けが付かない程だったという(セイ!ヤング&オールナイトニッポン 70年代深夜放送伝説(扶桑社)セイ!ヤング編p.56 - 57 より)。
  16. ^ セイ!ヤング&オールナイトニッポン 70年代深夜放送伝説(扶桑社)セイ!ヤング編p.53
  17. ^ 『敗者の報道』p.64 - 66
  18. ^ 『敗者の報道』p.76
  19. ^ スポーツニッポン 2014年9月10日芸能面「我が道」
  20. ^ 当初は番組内のコーナー司会のみを担当していたが、司会の山本コウタロー参議院選挙出馬による降板のため、後に2代目司会に昇格した。
  21. ^ a b 『敗者の報道』p.86 - 90、p.98 - 101
  22. ^ 四半期報告書 第92期第2四半期”. 愛知時計電機 (2014年9月30日). 2014年11月25日閲覧。 pp.7.、個人での株式取得数では第一位。
  23. ^ 経営者が競合企業の株式を所有することは、まま見受けられることであり特別なことではない。
  24. ^ みのもんたさん、セクハラ?女性アナ手振り払う[リンク切れ] 読売新聞 2013年9月2日
  25. ^ みのもんたが今年2度目の「夏休み」 「セクハラ謹慎では」といった憶測広がるJ-CASTニュース(2013年9月9日)
  26. ^ a b 東京スポーツ (2013年9月14日). “みの次男(○○容疑者)の主張に当局激怒!余罪追及へ”. 東京スポーツ. http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/183716/ 2013年9月14日閲覧。 
  27. ^ 窃盗容疑のみのもんた次男、日テレを諭旨解雇処分J-CASTニュース 2013年10月9日
  28. ^ 人気企業に親の七光りで「コネ入社」 法的に問題はないのか? Archived 2013年12月16日, at the Wayback Machine.弁護士ドットコム 2013年12月1日
  29. ^ 日テレ社長、みの次男のコネ入社報道を否定 Archived 2014年4月3日, at the Wayback Machine.スポーツ報知 2013年12月3日
  30. ^ みのさん、報道番組自粛へ 次男逮捕「父として責任」 朝日新聞 2013年9月13日
  31. ^ みのもんたさん:「朝ズバッ!」などの出演終了 TBS Archived 2013年10月27日, at the Wayback Machine. 毎日新聞 2013年10月25日閲覧
  32. ^ 次男逮捕で「責任感じる」 みの、バラエティーは引き続き出演へ[リンク切れ] 楽天Women
  33. ^ みのさん「辞めなければ収まらない風潮感じた」[リンク切れ] 2013年10月26日 読売新聞
  34. ^ みのもんた、女子アナへのセクハラ疑惑は完全否定! シネマトゥデイ 2013年10月26日
  35. ^ みのもんた緊急謝罪「言い訳ばかりで」,デイリースポーツ
  36. ^ 「みのさんは弱者の味方。降板は残念」 サンジャポの「甘口」擁護コメントに違和感J-castニュース
  37. ^ 公正取引委員会 「東京都が発注する水道メーターの入札参加業者に対する勧告について[リンク切れ]」 平成15年7月15日
  38. ^ 東京都水道局 「水道メータ談合事件に係る課徴金納付命令に伴う損害賠償請求(第二次請求)の実施について Archived 2007年4月29日, at the Wayback Machine.」 平成17年4月22日
  39. ^ a b みのもんた 経営の水道会社「倒産を覚悟した」週刊朝日 2013年11月15日号
  40. ^ セイ!ヤング&オールナイトニッポン 70年代深夜放送伝説(扶桑社)セイ!ヤング編p.52
  41. ^ a b スポーツニッポン 2014年9月23日芸能面「我が道」
  42. ^ みのもんた著『敗者の報道』(2014年、TAC出版)p.112
  43. ^ 『女性自身』でのみののインタビューより
  44. ^ スクープ・インタビュー120分! 次男の逮捕から1年 みのもんた「謹慎中に考えたこと、すべてお話しします」2014年09月09日 週刊現代
  45. ^ みの東京五輪招致大使、石原都知事が依頼”. 日刊スポーツ (2007年10月2日). 2016年2月15日閲覧。
  46. ^ 上杉隆『官邸崩壊』
  47. ^ フライデー (雑誌)』2007年10月2日号 みのに慰められた安倍は号泣したという。
  48. ^ 二階俊博 (2005年7月22日). “郵政民営化特別委員会 109時間の審議、粛々と採決”. 和歌山新報. http://s01.megalodon.jp/2009-0502-1750-22/www.wakayamashimpo.co.jp/ganbattemasu/2005/07/post_236.html 2010年5月16日閲覧。 
  49. ^ みのもんた 談合と政治家『週刊現代』2008年6月21日号
  50. ^ 『週刊新潮』2009年3月26日号「続小沢ショック/二階ファン、信頼する友人と公言しちゃったみのと王」
  51. ^ 週刊ポスト』2016年4月15日号みのもんた71歳「夜の部活」復活宣言
  52. ^ みのもんた、松崎しげる、黒さの真相”. アメーバニュース (2013年10月13日). 2016年2月15日閲覧。
  53. ^ “みのもんた タモリと29年ぶり共演!かつては同時間帯のライバル”. スポーツニッポン. (2013年5月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/05/06/kiji/K20130506005748990.html 2013年7月3日閲覧。 
  54. ^ 入学式に出席しただけで、現在ではウェブサイトからその名が削除されている。
  55. ^ 役員(一覧)”. 日本火消し保存会. 2016年2月15日閲覧。
  56. ^ みやぎ夢大使 Archived 2008年12月4日, at the Wayback Machine.(宮城県)
  57. ^ 第6期みやぎ夢大使 みのさんら5人新任 Archived 2010年3月26日, at the Wayback Machine.(河北新報 2010年3月23日)
  58. ^ <担当放送作家として語る>『みのもんたの朝ズバッ!』はこうして誕生し、こうして解体した②[全6回],BLOGS,2014年9月8日
  59. ^ 実は「みのもんた」は三つ子だったと言う設定で、本人に相当する「みのもんいち」役や、三つ子の弟「みのもんじろう」「みのもんざぶろう」役も務めた。
  60. ^ ビデオジャーナリストの神保哲生によれば、日本のテレビ界でも、かつてはキャスターどころかお天気キャスターでさえ、報道番組に携わる人間はコマーシャルには出るべきではないという不文律があったという。
  61. ^ 公正取引委員会「タマホーム株式会社に対する排除命令について Archived 2008年10月29日, at the Wayback Machine.」 平成19年3月29日
  62. ^ 2011年12月以降に登場している「もんたクロース」〜「休みのもんた」は山寺がそのパペットを使って声を演じている。


「みのもんた」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「みのもんた」の関連用語

みのもんたのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



みのもんたのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのみのもんた (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS