植木等とは?

植木等

以下の映画植木等関連しています。
東映アストロフィルム
キネマスターフィルム
エクゼ=シネセゾン


植木等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 21:09 UTC 版)

植木 等(うえき ひとし、1926年12月25日 - 2007年3月27日)は、日本俳優コメディアン歌手ギタリストタレント。「ハナ肇とクレージーキャッツ」のメンバー。仲間内での愛称は「ボンさん」「植木屋」「植木やん」。


注釈

  1. ^ 植木と同じ日に生まれた野球解説者の関根潤三も出生届の提出が遅れ、戸籍上の誕生日は1927年3月15日となっている。
  2. ^ 植木は周囲にはこの日を誕生日としていた。小松政夫著『昭和と師弟愛』P.49など
  3. ^ 東洋大学の公式サイトや校友会誌などでは「昭和22年3月専門部国漢科卒」という肩書きになっていることから、中途退学という説もある[5]。※また、長男の生年とも合致しない。
  4. ^ 小松や中尾ミエの証言。
  5. ^ 小松政夫著『昭和と師弟愛』P49-53。
  6. ^ ドラマ『植木等とのぼせもん』製作発表時に伊東が植木の思い出として語ったもの。
  7. ^ 小松政夫著『昭和と師弟愛』P140。
  8. ^ 歌手としての著名な作品としては1971年の特撮ヒーロー作品『ミラーマン』(円谷プロ / フジテレビ)の主題歌がある。
  9. ^ 1990年に小堺一機関根勤のラジオ番組『コサキン増刊号』に植木がゲスト出演した際の発言。小松政夫著「昭和と師弟愛」P.168-170にも同様の記載あり。
  10. ^ なお、脚本の田波靖男によると、この「平均(たいらひとし)」にはモデルがおり、東宝の社員でもないのに会議に参加して発言する変な男で、後にハイジャックをして逮捕されたという[10]
  11. ^ NHK-BSハイビジョン特集『スーダラ伝説 植木等 夢を食べ続けた男』における植木の証言より。
  12. ^ NHK・ラジオビタミン「ときめきインタビュー」での小松の発言。
  13. ^ 小松政夫著「昭和と師弟愛」P.214など
  14. ^ 小松政夫著『昭和と師弟愛』P106-108。
  15. ^ 2017年には小松の著作である『のぼせもんやけん』を原作とする『植木等とのぼせもん』がテレビドラマ化された。

出典

  1. ^ 『植木等ショー! クレージーTV大全』p.185
  2. ^ 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.19
  3. ^ 徹子の部屋1994年1月7日放送分より
  4. ^ 『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』 戸井十月 小学館
  5. ^ http://www.toyo.ac.jp/campus/gakuho/196/196toyo14.pdf http://www.toyo.ac.jp/news/detail.php?news_id=752 など
  6. ^ a b “植木等さん死去、肺気腫10年延命拒む”. asahi.com. (2007年3月28日). オリジナルの2014年2月24日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/3A57T 2014年2月24日閲覧。 
  7. ^ 植木等さん幻の主演映画「本日ただいま誕生」35年ぶりにスクリーンに復活! : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2021年1月18日閲覧。
  8. ^ 株式会社 渡辺プロダクション:グループ会社一覧:渡辺プロダクショングループ”. www.watanabe-group.com. 2021年1月18日閲覧。
  9. ^ 植木等『夢を食いつづけた男—おやじ徹誠一代記』朝日文庫、1987年(北畠清泰との共著、新版2008年)。初刊は朝日新聞社、1984年/ちくま文庫、2017年。ISBN 4480434992
  10. ^ a b c d 小林信彦『喜劇人に花束を』新潮文庫
  11. ^ 身ぶり・手ぶりをまじえてする話。また、それを取り入れた落語。植木は勝手に設定を作って話を膨らますのが得意で、これは小松やその後輩であるタモリのトーク芸にも反映している
  12. ^ “植木裕子さん、父・等さんDNAドイツバレエ界で開花”. ZAKZAK. (2007年3月29日). オリジナルの2014年2月24日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/QCbEu 2014年2月24日閲覧。 
  13. ^ 柴田浩一. “第7回「戦後のその後:モカンボ・セッション」”. YOKOHAMA JAZZ PROMENADE. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団. 2019年8月8日閲覧。
  14. ^ 毎日新聞のインタビュー記事(1977年6月)〜産経新聞2007年5月2日『植木等伝説(4)』より
  15. ^ 植木等さんとお別れする会(2011年1月4日時点のアーカイブ) - 東洋大学ニュース 2007年6月11日発信
  16. ^ 『東京ガス 暮らしとデザインの40年 1955→1994』1996年2月1日発行、株式会社アーバン・コミュニケーションズ。 128頁~131頁
  17. ^ 「ザ 宴会ソング」『読売新聞』1983年12月13日付夕刊、11面。
  18. ^ 『ホンダラ行進曲』では、クレージーキャッツのメンバーもコーラス参加。
  19. ^ 『スーダラ節』『無責任一代男』『ドント節』『だまって俺について来い』『ハイそれまでョ』のメドレー。
  20. ^ 桑田佳祐『ただの歌詩じゃねえかこんなもん』P11 - 12、新潮社、1984年。
  21. ^ 『ワンダ アフターショット』新TVCM 桑田 佳祐 氏 夢の共演 第2弾 「桑田+植木」篇 9月25日(火) 放映開始!アサヒ飲料 2007年9月21日配信 2020年10月17日閲覧
  22. ^ 青島幸男『わかっちゃいるけど…シャボン玉の頃』文春文庫
  23. ^ 小林信彦『日本の喜劇人』新潮文庫





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「植木等」の関連用語

植木等のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



植木等のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの植木等 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS