佐田の山晋松とは?

佐田の山晋松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 06:50 UTC 版)

佐田の山 晋松(さだのやま しんまつ、1938年2月18日 - 2017年4月27日[1])は、長崎県南松浦郡有川町(現・新上五島町)出身の元大相撲力士。第50代横綱。本名は市川(旧姓:佐々田)晋松(いちかわ しんまつ)。




  1. ^ a b “第50代横綱・佐田の山、肺炎のため死去 79歳”. スポーツ報知. (2017年5月1日12時14分). http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170501-OHT1T50142.html 2017年5月1日閲覧。 
  2. ^ a b c 部屋前の電柱逸話や酒豪伝説と「フルーツパフェ」注文のギャップ…元横綱・佐田の山悼む 2017年5月2日5時45分 スポーツ報知
  3. ^ a b c d e f g h i j 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p94-96
  4. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p22
  5. ^ その後、三役未経験者による幕内最高優勝は朝乃山英樹(2019年5月場所)まで途絶えた。
  6. ^ ただし、この場所の佐田の山以降も、富士錦の他に若浪順が横綱・大関との対戦無くして平幕優勝を果たしている。
  7. ^ 佐田の山以降に平幕で幕内最高優勝を果たした力士のうち、琴光喜啓司栃ノ心剛史が大関へ、貴乃花光司が横綱に昇進したほか、魁傑將晃は大関陥落後に平幕優勝を果たしたことで大関に返り咲いた。
  8. ^ Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p63
  9. ^ a b c ぶれなかった潔さ(2/3) 産経ニュース 2017.6.1 14:46
  10. ^ 当時、高見山は高砂部屋に所属する幕内通算2場所目の新鋭で、この佐田の山からの金星が自身の初金星でもあった。
  11. ^ a b c ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p60-63
  12. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK) p11
  13. ^ 「死去の弟子を番付で凱旋させた/元横綱佐田の山悼む」2017年5月2日日刊スポーツ 
  14. ^ 境川が婿に入った市川家は相撲茶屋で最大規模の「四ツ万」のオーナー。
  15. ^ 1968年の機構改革以降、同年の監事(現在の副理事)選挙を除いて役員改選はずっと無投票当選が続き、10人の理事枠にしても改選前に5つの一門がそれぞれ候補者を2人に絞ることが慣習化していた。
  16. ^ “「元横綱・佐田の山の市川晋松さん死去「柏鵬時代」に6度優勝”. スポーツ報知. (2017年5月2日6時0分). http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170502-OHT1T50058.html 2017年5月2日閲覧。 
  17. ^ a b “「007は二度死ぬ」でショーン・コネリーと共演した佐田の山、その真相は”. スポーツ報知. (2017年5月2日5時0分). http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170502-OHT1T50066.html 2017年5月2日閲覧。 
  18. ^ 現役晩年期の相撲誌には「連覇を成し遂げたことで柏戸を越えた」など書かれた記事もあり、当時としては柏戸より評価が高かった。
  19. ^ Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p77
  20. ^ 『大鵬自伝』(大鵬幸喜著、ベースボールマガジン社刊、1971年)P132-135
  21. ^ 『大鵬自伝』、P199
  22. ^ NHKビデオ「大相撲大全集・昭和の名力士」
  23. ^ a b ぶれなかった潔さ(1/3)  産経ニュース 2017.6.1 14:46
  24. ^ この時点での相撲部屋数は53であり、総数としては拡充されている。その後の部屋数も常に40を上回る数で推移している。
  25. ^ “第50代横綱・佐田の山死去 理事長時代に改革案次々”. スポニチアネックス. (2017年5月2日5時30分). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/02/kiji/20170502s00005000021000c.html 2017年5月2日閲覧。 
  26. ^ 『昭和平成 大相撲名力士100列伝』
  27. ^ a b 大鵬と優勝決定戦。
  28. ^ 腰部捻挫により5日目から途中休場
  29. ^ 北葉山と優勝決定戦
  30. ^ 胸部剣状突起軟骨骨折により12日目から途中休場
  31. ^ 柏戸明武谷と優勝決定戦
  32. ^ アレルギー性胃腸症・本態性高血圧・感冒により11日目から途中休場
  33. ^ アレルギー性胃腸症により10日目から途中休場


「佐田の山晋松」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐田の山晋松」の関連用語

佐田の山晋松のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



佐田の山晋松のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐田の山晋松 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS