浅丘ルリ子とは?

浅丘ルリ子

以下の映画浅丘ルリ子関連しています。
シネボイス・シネマ・インヴェストメント
松竹映配
松竹映配
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


浅丘ルリ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 04:17 UTC 版)

浅丘 ルリ子(あさおか ルリこ、1940年7月2日[1] - )は、日本女優。本名:浅井 信子。血液型はA型。前夫は石坂浩二


  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.58.
  2. ^ 日本タレント名鑑
  3. ^ a b c d e f g h i 俳優全集 1980, pp. 17-19.
  4. ^ a b c d e f 増當竜也 (2016年4月24日). “寅さんシリーズ最多4回マドンナを演じ続けた浅丘ルリ子”. cinemas PLUS (クラップス). オリジナルの2019年12月26日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20191226044908/https://cinema.ne.jp/recommend/rurikoasaoka2016042410/ 2020年9月25日閲覧。 
  5. ^ 以上は『近代映画』1970年3月号、近代映画社、134-141頁。
  6. ^ 『別冊太陽 美しく生きる 中原淳一 その美学と仕事』(平凡社、1999年)62頁
  7. ^ 『近代映画』(近代映画社、1970年3月号)134-141頁、『別冊太陽 美しく生きる 中原淳一 その美学と仕事』(平凡社、1999年)62頁。応募者の中には後にデビューする桑野みゆき、久保田紀子、山東昭子滝瑛子榊ひろみ安田祥子上原美佐もいた。『近代映画(近代映画社、1970年3月号)』134-141頁。
  8. ^ 『近代映画』(近代映画社、1970年3月号)134-141頁、『別冊太陽 美しく生きる 中原淳一 その美学と仕事(平凡社、1999年)』62頁、『TVステーション』(ダイヤモンド社、2019年9号)、参照。芸名は、『緑はるかに』のヒロインのルリコと、本人の本名から「浅」の1字をとり、『緑はるかに』のイメージから「丘」という字をつけて、「浅丘ルリ子」となった。『別冊太陽 美しく生きる 中原淳一 その美学と仕事』(平凡社、1999年)62頁。
  9. ^ 『別冊太陽 美しく生きる 中原淳一 その美学と仕事』(平凡社、1999年)62頁、『TVステーション』(ダイヤモンド社、2019年9号)
  10. ^ 『浅丘ルリ子が激白! 小林旭と事実婚&離婚の真相』 ZAKZAK 2010年11月12日
  11. ^ 以上は『近代映画』1970年3月号、近代映画社、134-141頁。
  12. ^ a b c d 「特集 大人の演技で勝負したい! 曲がり角に来た6人の美男美女スター 悪女をやってみたい 浅丘ルリ子」『月刊平凡』1964年6月号、平凡出版、 88頁。
  13. ^ a b 「勝負作にしたい『愛の渇き』 浅丘ルリ子11年目の意欲」『週刊明星』1965年2月28号、集英社、 86-87頁。
  14. ^ a b 「《芸能》 この人 浅丘ルリ子 『精神的なハダカの役を』」『週刊読売』1966年10月18日号、読売新聞社、 34頁。
  15. ^ 「SCREEN GUIDE 新春映画ガイド」『近代映画』1981年4月号、近代映画社、 161頁。
  16. ^ https://www.allcinema.net/cinema/143329
  17. ^ 『近代映画』1970年3月号、近代映画社、134-141頁。
  18. ^ オールタイム・ベスト10 日本映画男優・女優”. KINENOTE. キネマ旬報社 (2014年12月). 2016年9月23日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h 朝日新聞人物データベース
  20. ^ 浅丘ルリ子『私は女優』ISBN 978-4-532-16994-7、2016年7月、235p-236pでの近藤との対談での浅丘の発言
  21. ^ 淀川長治『サヨナラ先生の映画歳時記 上』2009年6月10日、近代映画社、64p-65p。
  22. ^ a b c d e 日外アソシエーツ現代人物情報
  23. ^ 読売人物データベース
  24. ^ 「寅さん、取りましたよ」浅丘ルリ子、芸能生活56年目で『旭日小綬章』受章”. オリコンランキング (2011年6月18日). 2016年10月14日閲覧。 “女優の浅丘ルリ子(70)が、文化・芸能で顕著な功績をあげた者に授与される勲章『旭日小綬章』を受章し16日、都内で記者会見を行った。1955年に日活映画『緑はるかに』で銀幕デビューした浅丘は、芸能生活56年の幅広い活動が認められての受章に「真面目にコツコツやってきたことが認められたのかな。大変うれしゅう思います」と感激の面持ち。また自ら“転機”だという映画『男はつらいよ』シリーズで共演した故・渥美清さんに向けても喜びを伝え、「寅さん、取りましたよ。と言いたい。寅さんに会いたいです」と思いの丈を口にした。”
  25. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004453
  26. ^ ここの岸より - テレビドラマデータベース
  27. ^ “日活黄金コンビ復活! 小林旭&浅丘ルリ子“日本最年長”デュエット”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2014年7月2日). オリジナルの2014年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140702082038/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140702/ent14070206500004-n1.htm 


「浅丘ルリ子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浅丘ルリ子」の関連用語

浅丘ルリ子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浅丘ルリ子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浅丘ルリ子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS