朝青龍明徳とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 朝青龍明徳の意味・解説 

朝青龍明徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 09:14 UTC 版)

朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり、1980年9月27日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士、第68代横綱、モンゴル国レスリング協会会長。現在は実業家、モンゴル国民投資銀行(NIBank)の経営者、タレントコメンテーター評論家映画俳優慈善家として多方面で活躍している。本名はドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ[1]モンゴル語キリル文字表記:Долгорсүрэнгийн Дагвадоржラテン文字転写Dolgorsürengiin Dagvadorj )。引退後は、「(元・横綱朝青龍の)ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏」と報道などで紹介されることも多い[2]。左利き。甥は立浪部屋の豊昇龍 智勝(ほうしょうりゅう ともかつ、長兄スガラクチャーの次男)。




  1. ^ 「ドルゴルスレンギーン」(Долгорсүрэнгийн/Dolgorsürengiin)は「ドルゴルスレン(=父親名)の」という意味だが、日本語報道では属格助詞「гийн(giin)」を省略し、単に父親名をカナ転写して「ドルゴルスレン・―」と表記されてしまうことが多い(白鵬や日馬富士など、他のモンゴル出身力士の本名についても全く同様の傾向がある)。また、高校時代は「ドルゴルスレン・ダシバドリ」と表記されていた。
  2. ^ 本名で紹介されることは、引退の後に定年退職した親方や、日本相撲協会解雇(その後、逮捕)された山本順一、暴行事件で逮捕され、過去の大相撲野球賭博問題への関与と重なって日本相撲協会を解雇された山村和行などにもみられる。ダグワドルジの場合は、引退と同時に日本相撲協会から離れていることに起因する(ただし、増位山太志郎北の富士勝昭舞の海秀平のように、現役時代のしこ名を引退後あるいは相撲協会退職後の芸名としている場合は、この限りではない)。モンゴル語の構造上発音しにくい文字は入れ替えることがあるため、名前のカタカナ表記は「ダグワドルジ」だが「ダワグドルジ」と発音する方が正確である。
  3. ^ 後に母国で在学していた高校で取得した単位が認められ、2003年9月に卒業した。
  4. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3)高砂部屋』p29
  5. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲戦後70年史』136ページから137ページ
  6. ^ a b c d e f g h 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)196ページから199ページ
  7. ^ 引退会見一問一答時事通信2010年2月4日
  8. ^ a b 『相撲』2012年1月号91ページから92ページ
  9. ^ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/sumo/349180/ 「業師だな」朝青龍ニヤリ、集中力欠く白鵬] iza 2010年1月22日
  10. ^ 歴代1位。2位は北の湖の24連勝。
  11. ^ 上腕二頭筋を用いてダンベルを持ち上げるダンベルカールでは、片腕で52.5kgを持ち上げる。2007年1月、サンケイスポーツより。
  12. ^ Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p65
  13. ^ http://npn.co.jp/sp/article/detail/78138035/ 2009年01月13日。記事内容に言及。
  14. ^ 『大相撲ジャーナル』2018年3月号 p.60-61
  15. ^ その後、2005年11月場所には大相撲史上初の7連覇を達成したが、仮にこの場所で優勝を獲得すれば一気に12連覇にまで跳ね上がっていたため、結果としては12連覇を逃した格好となった。
  16. ^ 従来は1962年7月場所~1963年5月場所、1966年3月場所~1967年1月場所に2度記録した大鵬の6場所連続
  17. ^ 従来は1966年の大鵬、1978年北の湖1986年千代の富士、2004年の自身の5場所
  18. ^ 従来は1978年の北の湖の82勝8敗
  19. ^ その後再び「横綱不在」と成るのは、それ以降12年経過した2018年7月場所、当時3横綱の稀勢の里白鵬鶴竜が、6日目から全員休場となっている。
  20. ^ 本場所出場停止も 骨折なのに元気にシュート!?朝青龍“仮病”疑惑 産経Iza! 2007年7月27日
  21. ^ 「夏巡業、来なくて結構」朝青龍仮病疑惑で怒り心頭の巡業部 産経Iza! 2007年7月28日
  22. ^ 「朝青龍に異例の厳罰=謹慎中、行動も制限-相撲協会」時事ドットコム 2007年8月2007年8月1日
  23. ^ 処分踏み切った裏に横綱・白鵬の存在スポーツニッポン2007年08月02日配信[リンク切れ]
  24. ^ モンゴル大使館が謝罪 朝青龍のサッカー問題で日本経済新聞
  25. ^ 朝青龍「心」の診断結果は「うつ寸前」 『スポーツニッポン』 2007年8月6日
  26. ^ 朝青龍 内館牧子さんについて「彼女の辛口が私を強くした」NEWSポストセブン 2014年12月09日配信
  27. ^ 朝青龍“天敵”内館委員に闘志メラメラスポーツニッポン2008年01月16日配信
  28. ^ 歴代1位は栃光の対北の湖戦29連敗。
  29. ^ 「残ったと思った」朝青龍、判定に怒り心頭 スポーツニッポン2008年09月21日配信
  30. ^ 微妙な判定で3敗目 怒りの朝青龍「たまったもんじゃねぇよ」 MSN産経2008年09月21日配信
  31. ^ 朝青、また疑惑の立ち会いで白星…大相撲秋場所7日目 スポーツ報知2008年09月20日配信
  32. ^ 朝青龍放心4敗休場へ 来場所進退…大相撲秋場所9日目 スポーツ報知2008年09月23日配信
  33. ^ 大相撲:朝青、モンゴル帰国 「治療に専念」 九州場所休場か 毎日新聞2008年10月7日東京朝刊
  34. ^ 朝青龍が初場所で引退かける 中日スポーツ2008年10月7日紙面から
  35. ^ 相撲 2月号 初場所総決算号』ベースボール・マガジン社 2009年 P19 - 22 「熱狂への序章 朝青龍、屈辱の総見稽古」、高瀬英治文
  36. ^ 主役はやっぱり朝青龍 視聴率アップ…協会「最高の商品」 MSN産経ニュース 2009年1月25日配信
  37. ^ 大相撲初場所:安定感と土俵態度、軍配は白鵬 毎日新聞 2009年1月25日配信
  38. ^ 「朝青、やぐら投げ 日馬富士にリベンジ」中日スポーツ2009年7月25日 紙面
  39. ^ 朝青龍、永住権得たけど帰化しない サンスポ 2009年4月29日閲覧
  40. ^ 『「朝青龍」がM資金詐欺で1億2000万円を騙し取られた! 懲りないガッツポーズの背景に隠されていた「横綱」切迫の裏事情』週刊新潮 2009年10月8日号
  41. ^ a b 朝青龍引退表明…暴行騒動の経緯. nikkansports.com , 日刊スポーツ新聞社(2010年2月4日). 2010年2月4日閲覧
  42. ^ 朝青龍、土俵際へ…暴行相手は別人だった?!.スポニチ,Sponichi Annex(2010年1月28日) .2010年1月29日閲覧
  43. ^ 朝青龍暴行問題、相撲協会が調査委を設置. YOMIURI ONLINE, 読売新聞社(2010年2月1日). 2010年2月4日閲覧
  44. ^ 『いびつな絆(下) ヤキ入れ恐怖心植え付ける “鉄”の上下関係+(1/2ページ)』 2013年1月12日 MSN産経ニュース
  45. ^ 朝青龍暴行騒動の男が傷害容疑で逮捕 日刊スポーツ 2011年9月13日 紙面から
  46. ^ 横綱朝青龍が現役引退を表明 産経新聞社(2010年2月4日). 2010年2月4日閲覧
  47. ^ 朝青龍関引退勧告書全文 47NEWS(2010年2月4日). 2010年2月5日閲覧
  48. ^ “朝青龍引退の号外、驚きの声”. 読売新聞. (2010年2月4日). オリジナルの2010年2月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100209063021/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100204-OYT1T01094.htm 2011年1月10日閲覧。 
  49. ^ “大相撲:朝青龍引退 毎日新聞が号外発行”. 毎日新聞. (2010年2月5日). http://mainichi.jp/enta/sports/archive/news/2010/02/05/20100205ddm041050018000c.html 2010年2月5日閲覧。 
  50. ^ “朝青龍引退 本紙が号外配布”. 産経新聞. (2010年2月5日). http://www.sankei-kansai.com/2010/02/05/20100205-020167.php 2010年2月5日閲覧。 
  51. ^ “「仕方ない」「さびしい」 本紙号外にファン 横綱朝青龍引退”. 北海道新聞. (2010年2月5日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/213998.html 2010年2月5日閲覧。 
  52. ^ 白鵬、絶句し「信じたくない」朝青龍関引退を受け 47NEWS 2010年2月5日閲覧
  53. ^ 2010年に元朝青龍関が一般人への暴行事件で引退 日刊スポーツ 2017年11月14日11時12分(日刊スポーツ新聞社、2017年11月15日閲覧)
  54. ^ “元朝青龍:断髪式 土俵に別れのキス”. 毎日新聞. (2010-10-03). 2010年10月3日閲覧。
  55. ^ 生まれ変わるなら「大和魂を持った日本人に」 朝青龍が引退相撲”. MSN産経ニュース (2010年10月3日). 2011年8月18日閲覧。
  56. ^ 元朝青龍が警察官に暴行 飲酒運転で事故 - サンケイスポーツ(2012年7月2日)
  57. ^ 朝青暴行逮捕のち2日間拘留  日刊スポーツ 2012年8月31日8時14分 紙面から
  58. ^ 朝青龍 カレリンとタッグ結成も 東京スポーツ 2013年7月9日閲覧
  59. ^ 朝青龍がナイフで人刺し逃亡か 本人否定 日刊スポーツ 11月2日(土)6時31分配信
  60. ^ 元朝青龍が暴行と報道、モンゴル 反撃受け、顔に負傷か 47NEWS 2013/11/02 13:52 【共同通信】
  61. ^ 朝青龍また大暴れ!モンゴル国外逃亡説まで飛び出した酒でケンカ J CAST テレビウォッチ 2013/11/ 5 16:45
  62. ^ 富山氏レスリング理事当選 元朝青龍落選 nikkansports.com 2014年9月7日19時31分
  63. ^ 旭天鵬断髪式に元朝青龍「僕と違って真面目な人」nikkansports.com 2016年5月29日19時37分
  64. ^ “朝青龍がモンゴルレスリング協会名誉会長を辞任…メダルなし、パンツ一丁不祥事も”. スポーツ報知. (2016年8月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160822-OHT1T50253.html 2016年8月23日閲覧。 
  65. ^ 元横綱・朝青龍が日本担当にフジテレビ 2017年8月4日
  66. ^ 元横綱の朝青龍 モンゴル大統領特使に任命NHK 2017年8月4日
  67. ^ アリババ会長が映画デビュー アクションスターに”. 日本経済新聞 (2017年11月7日). 2018年2月24日閲覧。
  68. ^ 朝青龍、「相撲は人生最後」完全引退へ 相撲界へメッセージもAbema格闘TIMES 2018.01.01
  69. ^ 元朝青龍8戦全勝で「相撲は人生最後」と完全引退日刊スポーツ 2018年1月1日
  70. ^ 朝青龍の “人生最後の大一番” が、傷ついた相撲ファンを救った 週刊女性PRIME 2018/1/11(主婦と生活社、2018年2月1日閲覧)
  71. ^ 高砂浦五郎『親方はつらいよ』(文春新書)2008/7/1
  72. ^ a b c Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p48-49
  73. ^ 『相撲』2018年12月号 p88
  74. ^ a b 暴れん坊健在! 朝青龍、舞の海氏を「虫」呼ばわりも“序の口”の「過激Twitter」全容 日刊サイゾー 2016.03.28 (2017年11月5日閲覧)
  75. ^ 元朝青龍、豪栄道にダメだし「集中力がない!!」「ほらーやっぱり引き」/秋場所 SANSPO.COM 2017.9.24 18:57(2017年11月5日閲覧)
  76. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)p183-184
  77. ^ 『相撲』2013年12月号97頁
  78. ^ 床寿『大銀杏(おおいちょう)を結いながら 特等床山・床寿の流儀』(ISBN 978-4-569-70185-1)の帯。
  79. ^ モンゴルでは妊娠・出産を一定期間内緒にする風習があるため、朝青龍は第一子が誕生したとき「しばらくは報道しないで」とマスコミに頼んでいた。
  80. ^ 朝青龍、高見盛にプロレス技(ウェブアーカイブ) 日刊スポーツ(2004年1月13日)
  81. ^ 朝青龍が暴言「死ね!このヤロー!」 日刊スポーツ 2008年2月26日9時33分 紙面から (日刊スポーツ新聞社、2019年3月25日閲覧)
  82. ^ 朝青龍、大先輩・舞の海に暴言「顔じゃないよ!」(スポーツ:ZAKZAK)
  83. ^ 朝青龍、舞の海さんに「おう、秀平!」(スポニチAnnex)
  84. ^ 朝青龍:イベント欠席 企画会社が損害賠償求めて提訴 毎日新聞 2010年4月10日
  85. ^ 元横綱朝青龍と企画会社が和解 Daily Sports Online 2012年7月7日
  86. ^ 2018年時点でも、日本国籍は取得しておらず、帰化していない状態のままである。白鵬翔など、帰化していなくとも親方になって相撲協会に残りたいと表明している現役力士もいるが、外国籍の年寄を容認しないことを明確に表明している親方衆も多く存在するのが現状である。
  87. ^ 冒頭のみ、「元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏」と表現する場合もある。
  88. ^ 元朝青龍 舞の海氏を「虫」と暴言 デイリースポーツ 2016.03.27.(株式会社デイリースポーツ、2017年11月12日閲覧)
  89. ^ 朝青龍がTwitterで日本人の弱さをズバリ指摘「日本からとうぶん横綱誕生ないだろう!!」 livedoor NEWS 2014年9月24日 21時0分(2017年11月5日閲覧)
  90. ^ “[http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20171101-OHT1T50344.html 朝青龍の甥・ビャンバスレンが新弟子検査受検 叔父からは「師匠の言うことを聞くように…」 2017年11月2日6時0分 スポーツ報知]”. 2018年6月21日閲覧。
  91. ^ 朝青龍「冗談ですむか」日馬富士暴行の報道に怒り 日刊スポーツ 2017年11月16日10時39分(日刊スポーツ新聞社、2017年11月16日閲覧)
  92. ^ 元朝青龍氏、英雄チンギス・ハンの顔に“落書き”のギャグマンガに激怒「謝れ!! 謝れ!!」2018年2月22日19時11分(スポーツ報知、2018年2月23日閲覧)
  93. ^ 朝青龍に秋田犬「マサオ」 保存会贈呈、モンゴルで” (2018年7月10日). 2018年8月11日閲覧。
  94. ^ 元朝青龍、稀勢は「どんだけ日本を背負ったか」モンゴル人横綱とは別の重圧 SANSPO.COM 2019.1.16 14:23(産経新聞社、2019年2月1日閲覧)
  95. ^ 頸部挫傷のため10日目より途中休場
  96. ^ 北勝力と優勝決定戦
  97. ^ 琴欧州(のち琴欧洲)と優勝決定戦
  98. ^ a b c d 白鵬と優勝決定戦
  99. ^ 右肘内側側副靱帯損傷のため3日目より途中休場
  100. ^ 左肘内側側副靭帯損傷のため6日目より途中休場
  101. ^ 左肘内側側副靭帯損傷のため10日目より途中休場
  102. ^ 1月場所後の2月4日に引退を表明
  103. ^ 元横綱朝青龍、7年ぶり相撲で元外国人部隊に圧勝”. 日刊スポーツ (2017年12月31日). 2017年12月31日閲覧。
  104. ^ 日本コカコーラの『ファン太郎が行く』ニュースリリース
  105. ^ 「ACC・CMフェスティバル:朝青龍関らに演技賞」毎日新聞2009年10月3日東京朝刊


「朝青龍明徳」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「朝青龍明徳」の関連用語

朝青龍明徳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



朝青龍明徳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝青龍明徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS