鈴木京香とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 鈴木京香の意味・解説 

鈴木京香

以下の映画鈴木京香関連しています。


鈴木京香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/28 15:59 UTC 版)

鈴木 京香(すずき きょうか、1968年5月31日 - )は、日本女優宮城県出身。Vanda(ヴァンダ)所属。




  1. ^ 鈴木京香、復興支援ソングPVで歌わない理由は? 西田敏行、森公美子ら解釈語る”. シネマトゥデイ (2015年8月17日). 2016年5月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「おしゃれイズム」(2014年1月12日放送より)[出典無効]
  3. ^ “秀吉役に小日向文世さん NHK大河「真田丸」出演者発表”. 産経ニュース. (2015年9月24日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150924/ent1509240003-n1.html 2015年9月24日閲覧。 
  4. ^ “鈴木京香らNHK朝ドラ「わろてんか」キャスト発表”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1841260.html 2017年6月16日閲覧。 
  5. ^ “高良健吾、鈴木京香と連ドラ初共演「胸を借りるつもりで」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年2月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2033878/full/ 2015年10月25日閲覧。 
  6. ^ “豊川悦司が“許されぬ恋”に落ちる! 相手は鈴木京香”. ウォーカープラス. (2015年10月24日). http://news.walkerplus.com/article/66871/ 2015年10月25日閲覧。 
  7. ^ “鈴木京香、“家出主婦”役 桐野夏生原作『だから荒野』ドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年8月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2040964/full/ 2015年10月25日閲覧。 
  8. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  9. ^ 永作博美&土屋太鳳&鈴木京香、人気女性作家の短編ドラマに出演!”. シネマカフェ (2015年11月25日). 2016年1月12日閲覧。
  10. ^ “藤原竜也と鈴木京香が「人間の証明」で13年ぶりの共演”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年1月27日). https://thetv.jp/news/detail/99010/ 2017年1月27日閲覧。 
  11. ^ “鈴木京香、テレ東ドラマ初主演で瀬戸康史と初タッグ!”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2017年1月18日). http://news.walkerplus.com/article/98183/ 2017年1月18日閲覧。 
  12. ^ “鈴木京香、テレ東ドラマスペシャルでヒロインを熱演「強がりで健気で、不幸な女性の役」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年8月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170821-OHT1T50118.html 2017年8月21日閲覧。 
  13. ^ “波瑠×鈴木京香が初共演! “最強女刑事バディ”が未解決事件に挑む「未解決の女」”. シネマカフェ (イード). (2018年3月5日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/03/05/55708.html 2018年3月5日閲覧。 
  14. ^ “木村拓哉、令和初ドラマで天才シェフ役 12年ぶり共演の鈴木京香と“三つ星”目指す”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2136404/full/ 2019年8月19日閲覧。 
  15. ^ “宮城出身の鈴木京香、被災地描く主演作に「中途半端には出来ないという恐怖心もあった」”. 映画.com. (2014年11月10日). http://eiga.com/news/20141110/13/ 2014年11月10日閲覧。 
  16. ^ “小泉今日子主演『食べる女』に主役級女優ズラリ!沢尻エリカ×前田敦子×山田優ら”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年1月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0098044 2018年1月30日閲覧。 
  17. ^ 松重豊&鈴木京香W主演 倉持裕作・演出の新作『家族の基礎』が上演”. シアターガイド (2016年2月12日). 2016年2月16日閲覧。
  18. ^ 迷宮TRANOVEL 〜太宰治「走れメロス」と中期短編集〜(BS日テレ)(2014年9月3日時点のアーカイブ)、2014年8月28日閲覧
  19. ^ “ダイハツ、軽乗用車「ムーヴ」を大幅改良して発売、役所広司、八嶋智人、渡部篤郎、鈴木京香出演検証動画を公開”. ナビコン・ニュース (ナビコン株式会社). (2012年12月20日). https://navicon.jp/news/16829/ 2018年3月4日閲覧。 
  20. ^ “大塚食品 『ボンカレーゴールド』 新TV-CM 鈴木京香さんが、箱ごとレンジ調理の魅力を表現” (PDF) (プレスリリース), 大塚食品株式会社, (2013年2月12日), http://www.otsukafoods.co.jp/news/pdf/20130212.pdf 2018年3月4日閲覧。 
  21. ^ “「アースミュージック&エコロジー」が新CM 広瀬すずも登場”. WWD JAPAN (株式会社 INFASパブリケーションズ). (2017年3月1日). https://www.wwdjapan.com/392229 2017年9月25日閲覧。 
  22. ^ “コーセー 『エルシア』 新TV-CMスタート いつまでも変わらない美しさの鈴木京香さんを新キャラクターに起用 エルシア BBパウダーファンデーション「下地がいらない」 篇” (プレスリリース), 株式会社コーセー, (2018年2月13日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000031571.html 2018年3月4日閲覧。 
  23. ^ “ACジャパン2019年度広告作品が完成 7月より放送・掲載予定” (プレスリリース), PRWire, (2019年7月1日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201906257940 2018年3月4日閲覧。 
  24. ^ a b 過去の受賞作品”. 日本映画批評家大賞 公式サイト. 2015年10月25日閲覧。
  25. ^ 69th(2014年)”. 毎日映画コンクール. 毎日新聞社. 2015年1月21日閲覧。
  26. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 【第8回 ベストドレッサー賞】鈴木京香”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (1996年3月19日). 2012年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月28日閲覧。
  27. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 【第16回 助演女優賞】鈴木京香”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (1998年3月25日). 2011年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月28日閲覧。
  28. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 【第52回 助演女優賞】鈴木京香”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (2007年5月2日). 2007年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月28日閲覧。
  29. ^ 国際ドラマフェスティバル:Award”. 国際ドラマフェスティバル in TOKYO 実行委員会. 2015年10月25日閲覧。
  30. ^ 「発表! 第76回ドラマアカデミー賞」『週刊ザテレビジョン』第20号、角川マガジンズ、2013年5月24日、 32-35頁。


「鈴木京香」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈴木京香」の関連用語

鈴木京香のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈴木京香のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木京香 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS