萩野公介とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 萩野公介の意味・解説 

萩野公介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 07:45 UTC 版)

萩野 公介(はぎの こうすけ、1994年8月15日 - )は、栃木県小山市出身の日本の元競泳選手


注釈

  1. ^ 体操内村航平の誕生日は1989年昭和64年)1月3日で平成に元号が改元される前であり、2016年時点に於いて内村は昭和生まれ最後の金メダリストである。なお、夏季・冬季五輪を通しての初の平成生まれの金メダリストはフィギュアスケート選手の羽生結弦ソチオリンピックフィギュアスケート男子シングルで獲得)である

出典

  1. ^ 「プロスポーツに見る天才を育てた親に学べ」『週刊東洋経済』2017年2月11日号、東洋経済新報社、 68頁、 雑誌20132-2/11。
  2. ^ “萩野少年、名古屋で泳ぎ磨く 小1で転入、バタフライ習得”. 中日新聞 (中日新聞社). (2016年8月8日). http://www.chunichi.co.jp/article/feature/rio2016/news/CK2016080802000175.html 2016年8月12日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ 東北地方太平洋沖地震により第87回日本水泳選手権が中止になった為、その代替として開催された競技会
  4. ^ “17歳・萩野、日本新で五輪決めた/競泳”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2012年4月3日). オリジナルの2012年4月16日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120416000901/http://www.sanspo.com/sports/news/20120403/swi12040305040003-n1.html 2012年4月3日閲覧。 
  5. ^ 1956年メルボルンオリンピックで、山中毅が400m自由形と1,500m自由形で銀メダルを獲得して以来。
  6. ^ “萩野、男子400個メで銅=100平の北島は6位で決勝へ-競泳”. 時事通信. (2012年7月29日). http://www.jiji.com/jc/olympic?s=news&k=2012072900072 2012年7月29日閲覧。 
  7. ^ 五輪銅の萩野、日本新記録で優勝「6秒台出せず悔しい」=競泳日本選手権:スポーツナビ(2013年4月11日)
  8. ^ “萩野公介、史上初の「五冠」…競泳日本選手権”. 読売新聞. (2013年4月13日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20130413-OYT1T00732.htm?from=ylist 2013年4月13日閲覧。 
  9. ^ “28日から競泳の世界選手権 注目は18歳萩野と28歳寺川 心身ともに充実、世界との対戦心待ち”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130706/oth13070618010012-n1.htm 2013年7月24日閲覧。 
  10. ^ Final15th FINA WORLD CHAMPIONSHIPS Barcelona (ESP)19th July - 4th August 2013 Men's 400m Freestyle 400m Nage Libre Hommes”. FINA (2013年8月1日). 2013年8月10日閲覧。 FINA 2013.8.10閲覧(PDF)
  11. ^ 15th FINA WORLD CHAMPIONSHIPS Barcelona (ESP)19th July - 4th August 2013 Men's 200m Individual Medley 200m 4Nages Hommes”. FINA (2013年8月1日). 2013年8月10日閲覧。 FINA 2013.8.10閲覧(PDF)
  12. ^ 世界水泳バルセロナ代表選手プロフィール:瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大学=稲泳会) トビウオジャパン オフィシャルブログ 2013年5月15日付 2013年9月17日閲覧
  13. ^ “黄金世代が成熟!萩野「集大成として」瀬戸「勇気や感動を」”. スポニチアネックス. (2013年9月9日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/09/09/kiji/K20130909006579540.html 2013年9月25日閲覧。 
  14. ^ 4冠・萩野が大会MVP「賞金は貯金」 伊東、北島以来3人目/アジア大会
  15. ^ 災難続きの萩野公介「残念」自転車で転倒し右肘骨折 日刊スポーツ2015年7月3日
  16. ^ 萩野公介、右ひじ骨折から復帰戦初日いきなり2冠”. nikkansports.com. 2019年8月30日閲覧。
  17. ^ “萩野公介が日本勢金メダル1号 瀬戸も銅メダル”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2016年8月7日). http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/swimming/news/1690843.html 2016年8月7日閲覧。 
  18. ^ “60年ぶりのダブル表彰台 萩野と瀬戸、小学時代から競って手にしたメダル/競泳”. サンケイスポーツ. (2016年8月7日). http://www.sanspo.com/rio2016/news/20160807/rio16080712310069-n1.html 2016年8月7日閲覧。 
  19. ^ 真剣勝負の中で生まれる!競泳界で起きた奇跡とは”. 【SPAIA】スパイア (2017年2月16日). 2020年11月15日閲覧。
  20. ^ “競泳 跳ねるトビウオ 男子800リレー、銅メダル 男子200バタ、坂井銀メダル”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年8月10日). http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160810/dde/035/050/028000c 2016年8月12日閲覧。 
  21. ^ “競泳 萩野が銀 男子200m個人メドレー”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年8月12日). http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160812/k00/00e/050/202000c 2016年8月12日閲覧。 
  22. ^ 秋の褒章、772人20団体の受章決まる 朝日新聞 2016年11月2日
  23. ^ 【パンパシ水泳】萩野公介、いまだ残る“後遺症” ネクタイを結べない右肘で掴んだ2つのメダル”. THE ANSWER. 2019年8月30日閲覧。
  24. ^ 萩野公介ブリヂストンと5年契約出来高含め総額5億”. nikkansports.com. 2019年7月25日閲覧。
  25. ^ 萩野公介のメンタルが戻ってきた。“水泳が嫌”から「もっと泳ぎたい」。”. Number Web. 2019年7月25日閲覧。
  26. ^ 萩野公介、復帰戦は3位「自分なりの100%のレース」”. www.sponichi.co.jp. 2019年8月30日閲覧。
  27. ^ “オリンピック 競泳男子800mリレー 日本 準決勝進出ならず”. 日本放送協会. (2021年7月27日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210727/k10013164241000.html 
  28. ^ "リオ五輪競泳金メダリストの萩野が現役引退". KYODO. 共同通信社. 24 August 2021. 2021年8月24日閲覧
  29. ^ “和製フェルプス”萩野、速さの秘密は「究極のエコ泳法」=ハギトモコラム”. sportnavi (2013年4月13日). 2013年9月25日閲覧。
  30. ^ 萩野公介とmiwaが結婚 妊娠中で今冬に出産予定 - 水泳 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年8月31日閲覧。
  31. ^ 共同通信 (2019年9月1日). “萩野選手とmiwaさん結婚へ 今秋にも、冬には出産予定 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2019年9月1日閲覧。
  32. ^ 競泳 萩野が第1子誕生を報告「より一層頑張らないと」 妻はmiwa/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2020年1月2日閲覧。


「萩野公介」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「萩野公介」の関連用語

萩野公介のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



萩野公介のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの萩野公介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS