手塚理美とは?

手塚理美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 15:36 UTC 版)

手塚 理美(てづか さとみ、1961年6月7日[1] - )は、日本女優である。ヴィレッジエンターテイメント[3] を経て吉本興業所属[4]東京都大田区出身[5]




  1. ^ a b 手塚理美 プロフィール”. 吉本興業. 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ a b 手塚理美、染谷俊之ら“イケメンホスト”にご満悦「堪能したい」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年1月11日). 2017年12月29日閲覧。
  3. ^ 手塚理美”. ヴィレッジエンターテイメント. 2017年12月29日閲覧。
  4. ^ “手塚理美、息子2人巣立ち“再出発””. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年6月18日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/06/18/0009197553.shtml 2017年12月29日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h 手塚理美”. KINENOTE. 2017年12月29日閲覧。
  6. ^ わがまち池上第100号(平成27年12月10日発行)”. 大田区ホームページ. 大田区 (2015年12月10日). 2017年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月29日閲覧。
  7. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編
  8. ^ 初代は風吹ジュン、3代目は紺野美沙子
  9. ^ “手塚理美、不倫で別れた真田広之との復縁希望明かす”. nikkansports.com. (2016年7月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1674618.html 2017年12月29日閲覧。 
  10. ^ 手塚理美がシングルマザーの苦労告白「1年無視された」”. ライブドアニュース (2016年12月11日). 2017年12月29日閲覧。
  11. ^ a b 手塚理美 (2018年2月1日). 手塚理美、芸能活動50周年を機に「こだわりなくす」. (インタビュー). ORICON NEWS.. https://www.oricon.co.jp/confidence/special/50676/ 2019年1月8日閲覧。 
  12. ^ 手塚理美、"毒親"役に不安も「すごく引かれちゃったらどうしようかと」”. マイナビニュース (2017年10月31日). 2017年12月29日閲覧。
  13. ^ 第3話|ストーリー”. 刑事7人. テレビ朝日 (2018年). 2019年1月8日閲覧。
  14. ^ 映画「桃とキジ」 追加場面写真&甲本雅裕、手塚理美、千鳥・大悟さんからコメント到着”. CINEMATOPICS (2017年8月22日). 2017年12月29日閲覧。
  15. ^ 奥付による。実際の発売日は1982年10月22日。A4判96Pオールカラー。当時の定価は1700円
  16. ^ 田中美佐子『夢売りのピエロ』、手塚さとみ『15才の肖像』が初CD化”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2014年2月17日). 2017年12月29日閲覧。


「手塚理美」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手塚理美」の関連用語

手塚理美のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手塚理美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手塚理美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS