尾野真千子とは?

尾野真千子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/04 02:54 UTC 版)

尾野 真千子(おの まちこ、1981年11月4日[1] - )は、日本女優




注釈

  1. ^ a b c 子役芦田愛菜とは『のぼうの城』『Mother』『はなちゃんのみそ汁』にて、母子役で3度共演している。
  2. ^ 出演していた新井浩文が2019年2月に逮捕されたことを受け、同年初夏に予定していた公開が延期となった[29][30]
  3. ^ 「火の魚 バリアフリー劇場版」として、映画館での劇場公開もされた。
  4. ^ ダイジェスト版の「スペシャルドラマ 洞窟おじさん」が、2015年7月20日にNHK BSプレミアムで先行放送された。

出典

  1. ^ a b c 公式プロフィール”. TOM company. 2018年11月14日閲覧。
  2. ^ “文化・芸術の秋を満喫 市内各所で文化祭” (PDF) (プレスリリース), 五條市, (2007年12月8日), https://www.city.gojo.lg.jp/www/contents/1197605871809/files/2007_12_08.pdf 2014年12月30日閲覧。 
  3. ^ 杏子のSpice of Life. JFN. 2017年9月6日放送.
  4. ^ a b “尾野真千子:朝ドラヒロイン起用に感涙「30歳ですが夢でした」 11年秋「カーネーション」”. まんたんウェブ. 毎日新聞. (2011年3月7日). http://mantan-web.jp/2011/03/07/20110307dog00m200014000c.html?inb=yt 2012年11月21日閲覧。 
  5. ^ “朝ドラヒロイン”尾野真千子「スナック勤めしてた」と母【尾野真千子】”. 女性自身 (2012年2月21日). 2014年12月30日閲覧。
  6. ^ ナツメのオミミ. テレビ朝日. 2012年5月26日放送.
  7. ^ a b 尾野真千子、下積み時代の苦労が「芝居のひらめき」に”. THE PAGE. p. 1 (2014年12月29日). 2014年12月29日閲覧。
  8. ^ a b AERA 2015 No.29』、朝日新聞出版、 56頁、2015年6月29日閲覧。
  9. ^ a b “受章者紹介” (PDF) (プレスリリース), 五條市, (2010年12月8日), https://www.city.gojo.lg.jp/material/files/group/2/ono.pdf 
  10. ^ 朝ドラ・ヒロイン尾野真千子、休日限定で肉食系宣言”. 映画.com (2011年9月5日). 2016年6月15日閲覧。
  11. ^ “カーネーション平均視聴率19%台、多くの反響”. 読売新聞. (2012年4月2日) 
  12. ^ 尾野真千子、『カーネーション』で主演女優賞 東京ドラマアウォード授賞式”. ORICON STYLE (2012年10月23日). 2016年6月15日閲覧。
  13. ^ “NHK「カーネーション」夕方再放送の編成「20年前なら考えつかなかった」”. スポーツニッポン. (2018年4月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/18/kiji/20180418s00041000192000c.html 
  14. ^ a b c “第39回「放送文化基金賞」表彰対象について” (PDF) (プレスリリース), 放送文化基金, (2013年5月31日), http://www.hbf.or.jp/awards/pdf/39kisha.pdf 2013年5月31日閲覧。 
  15. ^ 瑛太&尾野真千子『最高の離婚』カップルが『放送文化基金賞』演技賞W受賞”. ORICON STYLE (2013年6月21日). 2013年7月17日閲覧。
  16. ^ 尾野真千子、漫画「極悪がんぼ」ドラマ化で月9初主演!女性主人公に”. シネマトゥデイ (2014年3月4日). 2015年11月19日閲覧。
  17. ^ 尾野真千子、44歳イケメンと結婚!1年の交際実らせ「幸せです」”. サンケイスポーツ. p. 2 (2015年7月28日). 2016年6月23日閲覧。
  18. ^ 尾野真千子、離婚…EXILE事務所副社長と2年で「お互いに新しい道を」”. サンケイスポーツ (2017年9月11日). 2017年9月11日閲覧。
  19. ^ 尾野真千子「皆さんのおかげ」新婚宮崎あおいが祝福”. 日刊スポーツ (2017年12月28日). 2017年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月29日閲覧。
  20. ^ a b 尾野真千子と川島小鳥が台湾と奈良巡るモノクロ写真集発売、巡回展も開催中”. 映画ナタリー (2018年10月29日). 2018年11月10日閲覧。
  21. ^ 写真映画「ヤーチャイカ」”. 2013年4月6日閲覧。
  22. ^ 岡田准一、エヴェレストに挑戦! 夢枕獏「神々の山嶺」映画化で主演”. cinemacafe.net (2015年2月19日). 2015年7月27日閲覧。
  23. ^ 長瀬智也、神木隆之介の成長に驚き 15年ぶり共演に「たくましくなっちゃって」”. ORICON (2015年7月8日). 2015年7月8日閲覧。
  24. ^ 大竹しのぶ、「後妻業」映画化で“悪女”を好演!共演に豊川悦司&笑福亭鶴瓶ら”. cinemacafe.net (2015年8月4日). 2015年10月4日閲覧。
  25. ^ 尾野真千子、野村周平ら実力派俳優ずらり!小栗旬×大友啓史監督「ミュージアム」に結集”. 映画.com (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  26. ^ “向井理、祖母の著書を念願の映画化!主演・尾野真千子と夫婦役”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年1月30日). http://eiga.com/news/20170130/1/ 2017年1月30日閲覧。 
  27. ^ “山田涼介主演「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に尾野真千子&村上虹郎ら実力派ずらり!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年2月22日). https://eiga.com/news/20170222/8/ 2019年5月29日閲覧。 
  28. ^ “前田敦子、三浦透子、尾野真千子が柄本佑「素敵なダイナマイトスキャンダル」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年9月13日). https://natalie.mu/eiga/news/248469 2019年5月29日閲覧。 
  29. ^ “新井浩文の逮捕報道受け「台風家族」2019年初夏の公開を延期”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月1日). https://natalie.mu/eiga/news/318461 2019年5月29日閲覧。 
  30. ^ キノフィルムズ [@kinofilmsJP] (2019年2月1日). "映画「台風家族」出演の新井浩文さんの逮捕報道を受け、 2019年に予定しておりました同映画の公開を延期することと致しました。 事件の経過を見ながら今後の対応を決めて参ります。 公開を楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ございませんが、お待ち頂きたくお願い申し上げます。" (ツイート). Retrieved 2019年5月29日 – via Twitter.
  31. ^ “草なぎ剛主演!「台風家族」に新井浩文×尾野真千子×藤竜也ら豪華布陣”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年1月22日). https://eiga.com/news/20190122/3/ 2019年5月29日閲覧。 
  32. ^ “山崎まさよし主演『影踏み』特報に尾野真千子、北村匠海、大竹しのぶら”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2019年5月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0108944 2019年5月29日閲覧。 
  33. ^ 作品紹介「琥珀色のキラキラ」”. 若手映画作家育成プロジェクト. 2013年2月11日閲覧。
  34. ^ プロフィール”. タカハタ秀太オフィシャルサイト. 2013年2月11日閲覧。
  35. ^ 『ハンマー 48億のブルース』THE BLUE HEARTS ショートフィルムセレクション from ブルーハーツが聴こえる”. ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016. 2016年2月27日閲覧。
  36. ^ “長谷川博己主演 来年大河「麒麟がくる」新キャストに尾野真千子、向井理、風間俊介”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年8月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/07/kiji/20190807s00041000209000c.html 2019年8月7日閲覧。 
  37. ^ 尾野真千子、江口洋介と夫婦役初共演!「家政婦のミタ」脚本家が養子縁組題材に描く”. シネマトゥデイ (2016年5月31日). 2016年5月31日閲覧。
  38. ^ NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」”. NHK. 2016年3月29日閲覧。
  39. ^ 尾野真千子、濡れ場ありアクションありの主演ドラマ決定!共演に阿部サダヲ&佐藤浩市ら”. シネマカフェ (2016年8月24日). 2016年8月24日閲覧。
  40. ^ 松本穂香、連ドラ版『この世界の片隅に』ヒロイン抜てき 決め手は「アンバランスな魅力」”. ORICON NEWS (2018年5月5日). 2018年5月6日閲覧。
  41. ^ 尾野真千子が連続ドラマWで主演、「孤独を演じるのだと、胸が痛くなりました」”. 映画ナタリー (2018年12月28日). 2018年12月29日閲覧。
  42. ^ 尾野真千子さん主演!『令和元年版 怪談牡丹燈籠』制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年5月28日). 2019年5月28日閲覧。
  43. ^ 尾野真千子が幸せを追い求める殺人鬼に、ドラマ「フジコ」11月配信スタート”. 映画ナタリー (2015年10月8日). 2015年10月9日閲覧。
  44. ^ “星野源、尾野真千子が声の出演「ちえりとチェリー」7月にチェブラーシカと同時上映”. 映画ナタリー. (2016年5月30日). http://natalie.mu/eiga/news/188882 2016年5月30日閲覧。 
  45. ^ “スタジオポノック:8月に3編の短編アニメを劇場公開 「メアリと魔女の花」の米林監督らが参加”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年3月27日). https://mantan-web.jp/article/20180327dog00m200008000c.html 2018年3月27日閲覧。 
  46. ^ 実績紹介:万華鏡”. 組画. 2015年5月14日閲覧。
  47. ^ 「きょうの、あきない」”. TBS. 2017年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月10日閲覧。
  48. ^ ワイルドジャパン(NHK)、2015年7月21日閲覧
  49. ^ 尾野真千子、中川家・礼二と“濃い~”コントで新境地”. ORICON (2012年7月2日). 2017年9月19日閲覧。
  50. ^ 堤真一&尾野真千子にナオトがイン!?”. ORICON (2015年6月10日). 2015年6月10日閲覧。
  51. ^ “尾野真千子×紀里谷和明 特別ステーションIDロングバージョン 日映シネマガにて限定公開!”. dot.. (2015年4月3日). https://dot.asahi.com/business/pressrelease/2015040300052.html 2016年12月15日閲覧。 
  52. ^ 1300年のこころ、見つけました 奈良県観光キャンペーン”. 奈良県 (2015年9月1日). 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月1日閲覧。
  53. ^ 1997: SGIFF 10”. Singapore International Film Festival. 2015年12月24日閲覧。
  54. ^ 第4回おおさかシネマフェスティバルベストテン発表&表彰式より。
  55. ^ 尾野真千子が助演女優賞「びっくりする」/映画大賞”. 日刊スポーツ (2017年12月5日). 2017年12月5日閲覧。
  56. ^ “第36回「放送文化基金賞」” (PDF) (プレスリリース), 放送文化基金, (2010年5月28日), http://www.hbf.or.jp/awards/pdf/36kisha.pdf 
  57. ^ 2010年実績 / 東京ドラマアウォード”. 国際ドラマフェスティバル in TOKYO. 2012年11月21日閲覧。
  58. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞”. 角川マガジンズ (2012年5月2日). 2012年11月21日閲覧。
  59. ^ 「家政婦のミタ」がグランプリで5冠! 東京ドラマアウォード2012発表”. シネマトゥデイ (2012年10月22日). 2012年10月23日閲覧。
  60. ^ 2013年エランドール賞 受賞者”. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2013年1月19日閲覧。
  61. ^ 米倉涼子、2度目の橋田賞受賞 『ドクターX〜外科医・大門未知子』が高評価”. ORICON STYLE (2013年5月10日). 2016年12月15日閲覧。
  62. ^ 週刊ザテレビジョン2013 No.20』、角川マガジンズ、 34頁、2013年5月23日閲覧。
  63. ^ 関西元気文化圏賞 2011年受賞者”. 文化庁. 2013年7月12日閲覧。
  64. ^ 尾野真千子さんにゾンタ賞 - 奈良ゾンタクラブと奈良万葉ゾンタクラブ”. 奈良新聞 (2012年3月19日). 2017年12月6日閲覧。
  65. ^ 前田敦子、剛力、きゃりーらが『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』受賞”. ORICON STYLE (2012年11月26日). 2016年12月4日閲覧。
  66. ^ 尾野真千子、最も輝いた女性に選出 緊張しながら「美の秘けつと言われても」”. マイナビニュース (2016年12月1日). 2016年12月4日閲覧。
  67. ^ “日本最大級のアワード「2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」フィルム部門 演技賞に尾野真千子さんが決定!” (PDF) (プレスリリース), 一般社団法人 全日本シーエム放送連盟, (2017年10月17日), http://www.acc-cm.or.jp/lib/pdf/news/20171017_110.pdf 2017年10月17日閲覧。 


「尾野真千子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尾野真千子」の関連用語

尾野真千子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尾野真千子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾野真千子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS