渡瀬恒彦とは?

渡瀬恒彦

以下の映画渡瀬恒彦関連しています。
グルーヴコーポレーション
 
スーパーハリウッド
 
 
 


渡瀬恒彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 20:03 UTC 版)

渡瀬 恒彦(わたせ つねひこ、1944年7月28日[1] - 2017年3月14日)は、日本俳優歌手。本名同じ。




注釈

  1. ^ 高田は当時喫茶店で仲間たちとヒロポンを吸っている渡瀬を目撃している
  2. ^ ニッポン放送薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー」2017年4月2日放送分でも触れられたエピソード
  3. ^ 津川は渡瀬を「ちゃん」付けで、かつ自分が亡くなった時に葬儀を仕切ってもらいたくブログで「渡瀬ちゃんは僕の裏方の葬儀取り締まり」と公言する程信頼していた。あわせて渡瀬が2009年公開『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』を映画館で見て感動、津川に連絡してきた様子を2009年2月13日更新津川のブログに残している。津川雅彦 (2009年2月13日). “『旭山動物園物語』大化けか?”. 津川雅彦オフィシャルブログ「サンタの隠れ家より」. 2017年4月19日閲覧。
  4. ^ 「当時の家政婦が渡瀬に言い寄られたと言った。」と証言したのは大原麗子の実弟
  5. ^ 「徹子の部屋」2011年4月28日出演分でも同じ話をしている
  6. ^ 直接渡瀬の名前は出してないが、佐藤は4月10日渡瀬の自宅へ弔問に行ったと思われるツィートを残している佐藤二朗のツィート(2017年4月10日)- Twitter
  7. ^ 「劇場版釣りキチ三平」に出演した須賀健太も渡瀬へ感謝のTwitterを残している須賀健太のツィート(2017年3月15日)- Twitter

出典

  1. ^ a b c d 渡瀬恒彦”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 渡瀬恒彦 逝去について”. 東映マネージメント (2017年3月24日). 2017年3月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f “【評伝】渡瀬恒彦さん「スターに学問はいらない 映画は肉体労働だ」”. スポーツ報知. (2017年3月17日). オリジナルの2018年5月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170516165528/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170317-OHT1T50027.html 2018年5月31日閲覧。 
  4. ^ “渡瀬さん地域の誇り 28日「時代屋の女房」追悼上映”. 読売新聞 (読売新聞社). (2017年5月26日). http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20170525-OYTNT50259.html?from=tw 2017年6月2日閲覧。 
  5. ^ a b c d “渡瀬恒彦第一作から主役 兄・渡哲也そっくり”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社): p. 10. (1969年12月12日) 
  6. ^ a b “渡瀬恒彦さん死去母校からも惜しむ声 三田学園同級生ら悼む 女子学生が押しかけ/人の上に立つ資質 /兵庫”. 毎日新聞(兵庫版) (毎日新聞). (2017年3月17日). http://mainichi.jp/articles/20170317/ddl/k28/200/456000c 2017年3月31日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h “渡瀬恒彦、大原麗子からベッドインを拒否されていた 三枚目な私生活”. 週刊新潮 (新潮社). (2017年3月31日). http://www.dailyshincho.jp/article/2017/03310800/?all=1 2017年3月17日閲覧。 
  8. ^ a b “渡瀬恒彦さん訃報 兵庫からも惜しむ声”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2017年3月16日). オリジナルの2017年4月1日時点におけるアーカイブ。. http://archive.fo/KVgoJ 2017年4月1日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h 「変幻自在役者インタビュー渡瀬恒彦」『Big tomorrow』2009年10月号、青春出版社、 52頁、 雑誌17621-10。
  10. ^ “渡瀬さん“芸能界最強伝説” 早大空手部出身「元格闘家をKO」”. ディリースポーツ (神戸新聞社). (2017年3月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/17/0010006371.shtml 2017年3月31日閲覧。 
  11. ^ a b c d e 「徹子の部屋辞典 2002年5月9日渡瀬恒彦” (2002-). 2017年4月7日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g 「渡哲也の実弟渡瀬恒彦が東映からデビュー ついに押し切られた兄貴の反対」『週刊明星』、集英社、1969年12月28日号、 150頁。
  13. ^ a b c 『私と東映』 x 中島貞夫&渡瀬恒彦 トークイベント(第2回 / 全2回)
  14. ^ a b c d e “兄貴渡哲也は反対、でもガンバル渡瀬恒彦、主役でデビュー 『殺し屋人別帳』 ずぶとい神経で意気込む 石井監督『来年はスター』”. 報知新聞 (報知新聞社): p. 13. (1969年12月12日) 
  15. ^ a b c “"渡哲也の弟"デビュー 渡瀬恒彦 十年ぶりの大型新人”. 内外タイムス (内外タイムス社): p. 5. (1969年12月18日) 
  16. ^ a b c 撮影所マイスター対談「渡瀬恒彦さんと東映京都撮影所」今までサラリーマンやっていた奴が、数日後に映画の主演やるんですよ(笑)”. 東映株式会社 (2010-). 2017年4月1日閲覧。
  17. ^ a b c 吉本准一「気になるスター渡瀬恒彦『主役もワキ役もそれなりにおもしろいですね……』」『映画情報』1983年5月号、国際情報社、 18-19頁。
  18. ^ “「9係」に出演して10年!39歳になった井ノ原快彦さんのバースデー 渡瀬恒彦コメント”. 警視庁捜査一課9係 (テレビ朝日). (2015年5月18日). オリジナルの2016年3月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160328181856/https://www.tv-asahi.co.jp/9gakari_10/contents/news/0008/ 2018年12月25日閲覧。 
  19. ^ a b c 撮影所マイスター対談「渡瀬恒彦さんと東映京都撮影所」なんで役者さんがスピンの練習をしているんだ(笑)”. 東映株式会社 (2010-). 2017年3月31日閲覧。
  20. ^ a b c d e “【芸能】渡瀬恒彦さんの盟友・中島貞夫監督が語る「やんちゃな恒さん」”. ディリースポーツ (神戸新聞社). (2017年3月17日). https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/03/17/0010009219.shtml 2017年4月1日閲覧。 
  21. ^ 「追悼・渡瀬恒彦「70年代を猛然とつっ走ったスター」中島貞夫」『キネマ旬報』2017年5月下旬号、株式会社キネマ旬報社、 69頁、 雑誌20723-5/15。
  22. ^ a b c 「追悼・渡瀬恒彦「70年代を猛然とつっ走ったスター」中島貞夫」『キネマ旬報』2017年5月下旬号、株式会社キネマ旬報社、 70頁、 雑誌20723-5/15。
  23. ^ “渡瀬恒彦さん追悼秘話 ヤクザ映画で“革命的な極道”模索”. 東京スポーツ新聞 (東京スポーツ新聞社). (2017年3月17日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/663757/ 2017年4月1日閲覧。 
  24. ^ a b c d “酒場で無類の強さを発揮、自らバスを運転し横転…最強二枚目俳優「渡瀬恒彦」逝く”. 週刊新潮 (新潮社). (2017年4月1日). http://news.livedoor.com/article/detail/12877041/ 2017年4月1日閲覧。 
  25. ^ a b “病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(3)アクションに代役は不要だ”. 週刊アサヒ芸能 (徳間書店). (2016年11月2日). http://www.asagei.com/excerpt/68814 2017年4月1日閲覧。 
  26. ^ a b 「変幻自在役者インタビュー渡瀬恒彦」『Big tomorrow』2009年10月号、青春出版社、 53頁、 雑誌17621-10。
  27. ^ “友が明かす渡瀬さん秘話 大原麗子さんとの結婚…離婚”. ディリースポーツ (神戸新聞社). (2017年3月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/17/0010006373.shtml 2017年4月1日閲覧。 
  28. ^ “渡瀬恒彦さん死去…「仁義なき戦い」シリーズ”. 読売新聞 (YOMIURI ONLINE). (2017年3月16日). オリジナルの2017年3月16日時点におけるアーカイブ。. http://archive.fo/9ShdO 2017年3月19日閲覧。 
  29. ^ a b 「本音を申せば」『週刊文春』2017年3月30日号、文藝春秋、 51頁、 雑誌20405-3・30。
  30. ^ TVでた蔵「2016年7月22日放送 13:05 - 13:55 NHK総合 スタジオパークからこんにちは 薬師丸ひろ子」”. ライブ・オン・ティービー (2016年7月22日). 2017年4月6日閲覧。
  31. ^ 「広告の中の人(1)お客さんとの距離が近くなる 渡瀬恒彦氏」『宣伝会議』2014年08月号、株式会社宣伝会議、 70頁、 雑誌15611-8。
  32. ^ a b c d e f 「広告の中の人(1)お客さんとの距離が近くなる 渡瀬恒彦氏」『宣伝会議』2014年08月号、株式会社宣伝会議、 71頁、 雑誌15611-8。
  33. ^ “【甘口辛口】渡瀬恒彦さん「最高の仕事」のために健康に留意…最期の最期まで手抜きを嫌った人生だった”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年3月19日). http://www.sanspo.com/etc/news/20170319/amk17031905000001-n1.html 2017年3月29日閲覧。 
  34. ^ “(追想録)渡瀬恒彦さん(俳優) 渋みある演技、手を抜かず=”. 日本経済新聞(夕刊) (日本経済新聞社). (2017年4月19日). http://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGKKZO15481680Z10C17A4EAC000&scode=9605&ba=1 2017年5月4日閲覧。 
  35. ^ a b “渡瀬「おみやさん」10年目 長~く愛して”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2011年4月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110428-767705.html 2017年4月6日閲覧。 
  36. ^ “渡瀬恒彦が落語に悪戦苦闘中!”. オリコン (オリコン株式会社). (2007年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/47665/full/ 2017年4月2日閲覧。 
  37. ^ “渡瀬恒彦が『ちりとてちん』クランクアップ”. オリコン (オリコン株式会社). (2008年2月11日). http://www.oricon.co.jp/news/51797/full/ 2017年4月4日閲覧。 
  38. ^ a b 「追悼・渡瀬恒彦「宝物のような存在でした」プロデューサーが見た渡瀬恒彦」『キネマ旬報』2017年5月下旬号、株式会社キネマ旬報社、 74頁、 雑誌20723-5/15。
  39. ^ “渡瀬恒彦が新刑事ドラマで新境地”. オリコン (オリコン株式会社). (2006年4月6日). http://www.oricon.co.jp/news/17613/full/ 2017年4月4日閲覧。 
  40. ^ 「変幻自在役者インタビュー渡瀬恒彦」『Big tomorrow』2009年10月号、青春出版社、 50頁、 雑誌17621-10。
  41. ^ “「9係」渡瀬係長が67歳「サンキューです」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2011年8月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110803-814743.html 2017年4月4日閲覧。 
  42. ^ a b c “「9係」新シリーズ4月「相棒」枠で放送”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年2月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150207-1431374.html 2017年4月5日閲覧。 
  43. ^ “捜査一課9係 9年目初スピンオフドラマ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年6月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140627-1324480.html 2017年4月6日閲覧。 
  44. ^ “橋田賞に渡瀬恒彦、水谷豊、阿部寛ら”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/12/kiji/K20120712003660180.html 2017年4月2日閲覧。 
  45. ^ “大原麗子さん七回忌、最初の夫・渡瀬恒彦「いろいろありすぎて…」”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2015年8月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150803/geo15080305020012-n1.html 2017年3月31日閲覧。 
  46. ^ a b c d e “渡瀬恒彦さん壮絶死 武骨、不器用、男くさい…人間味あふれる演技もう見られない”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年3月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170317/geo17031705050011-n3.html 2017年3月27日閲覧。 
  47. ^ a b “【サンスポ記者が明かす渡瀬さんの役者魂】9係は「やらせてください!」”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年3月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170317/geo17031705020007-n1.html 2017年3月27日閲覧。 
  48. ^ a b c d e f 「追悼・渡瀬恒彦「宝物のような存在でした」プロデューサーが見た渡瀬恒彦」『キネマ旬報』2017年5月下旬号、株式会社キネマ旬報社、 75頁、 雑誌20723-5/15。
  49. ^ “渡瀬恒彦 胆のうがんは「小康状態」も新作ドラマ進行中”. 女性セブン (小学館). (2017年2月2日). http://www.news-postseven.com/archives/20170119_485631.html 2017年3月27日閲覧。 
  50. ^ “病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(1)キャリアの段差をぶち壊せ”. アサ芸プラス (徳間書店). (2016年10月31日). http://www.asagei.com/excerpt/68913 2017年3月29日閲覧。 
  51. ^ “がん治療の渡瀬恒彦、苦渋の十津川警部降板 後任は内藤剛志”. 女性セブン (小学館). (2016年9月8日). http://www.news-postseven.com/archives/20160825_442064.html?PAGE=2 2017年3月29日閲覧。 
  52. ^ a b c d e f g h i 薄雲鈴代 (2017年4月24日). “大部屋の役者を束ねた渡瀬恒彦の素顔 京都の撮影所で慕われた男気とやさしさ”. WEB RONZA. 朝日新聞. 2017年4月24日閲覧。
  53. ^ a b “渡瀬恒彦さんの遺作に衝撃、感動、追悼コメント続々」”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2017年3月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2088123/full/ 2017年3月27日閲覧。 
  54. ^ “津川雅彦 がん闘病中の渡瀬恒彦と共演、撮影では「みんなが気遣った」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2017年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/02/kiji/20170302s00041000280000c.html 2017年3月27日閲覧。 
  55. ^ “渡瀬恒彦、がん闘病を初激白!兄・渡哲也の自宅で励まし合っていた”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年2月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170219/geo17021905060007-n1.html 2017年3月27日閲覧。 
  56. ^ a b “渡哲也が涙…渡瀬恒彦さん家族葬 病室で「セリフ全部覚えていた」弟の役者魂明かす”. ディリースポーツ (神戸新聞社). (2017年3月18日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/18/0010010073.shtml 2017年3月28日閲覧。 
  57. ^ “渡瀬恒彦さん72歳、多臓器不全で死去 「9係」などに出演=”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年3月16日). http://mainichi.jp/articles/20170316/dyo/00m/200/022000cl 2017年3月28日閲覧。 
  58. ^ “渡瀬恒彦さんが死去、所属事務所発表「最期まで幸せな俳優人生全うに感謝」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170316-OHT1T50074.html 2017年3月28日閲覧。 
  59. ^ “渡哲也が直筆のコメント、弟・渡瀬さんの死に「喪失感は何とも言葉になりません」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170316-OHT1T50100.html 2017年3月28日閲覧。 
  60. ^ “渡瀬恒彦「兄貴程度の芝居しかできなかったら消えていた」」”. 週刊ポスト (小学館). (2017年3月24日). http://www.news-postseven.com/archives/20170324_504445.html 2017年3月29日閲覧。 
  61. ^ “兄・渡哲也、気丈に送る 渡瀬恒彦さん家族葬”. 東京中日スポーツ (東京新聞社). (2017年3月18日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017031802000193.html 2017年3月29日閲覧。 
  62. ^ a b “渡哲也、弟・渡瀬恒彦さんと最後の別れ…主演ドラマの「せりふ覚えていた」”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年3月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170318/geo17031805050012-n2.html 2017年3月27日閲覧。 
  63. ^ “貫地谷しほり渡瀬さん偲び涙 おみやさんで共演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1794488.html 2017年3月29日閲覧。 
  64. ^ テレビ朝日「警視庁捜査一課9係」公式のツィート(2017年3月18日)- Twitter
  65. ^ “テレ朝「タクシードライバーの推理日誌」放送、冒頭で渡瀬さん追悼”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/19/kiji/20170319s00041000412000c.html 2017年3月30日閲覧。 
  66. ^ “渡瀬恒彦さん最後の撮影現場、仲間由紀恵に「本当にありがとね、いろいろごめんな」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170324-OHT1T50067.html 2017年3月27日閲覧。 
  67. ^ “渡瀬恒彦さんの未公開ドラマがあった!フジ「夏目連太郎の逆転捜査」24日放送決定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170317-OHT1T50136.html 2017年3月28日閲覧。 
  68. ^ “渡瀬恒彦さん遺作「そして誰もいなくなった」2夜連続放送で15・7%、13・1%の好視聴率定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170327-OHT1T50097.html 2017年3月29日閲覧。 
  69. ^ “TBS 渡瀬さん追悼し『十津川警部』放送 内藤剛志が番組紹介”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2017年3月27日) 
  70. ^ “渡瀬恒彦さん追悼放送「十津川警部」は12・2%”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2017年3月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1798831.html 2017年3月29日閲覧。 
  71. ^ “「9係」今シリーズは“主人公不在”設定「渡瀬さんの気持ち大事に」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2017年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/28/kiji/20170328s00041000131000c.html 2017年3月28日閲覧。 
  72. ^ “渡瀬恒彦さん、回想シーンで「警視庁捜査一課9係」“出演”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年4月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170402/geo17040205010014-n1.html 2017年4月3日閲覧。 
  73. ^ “故・渡瀬恒彦さん最後の出演作「警視庁捜査一課9係」放送開始”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年4月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170412-OHT1T50221.html 2017年4月12日閲覧。 
  74. ^ “渡瀬恒彦さん『9係』初回スタート 冒頭から登場にSNSでは感動の声”. オリコン (オリコン株式会社). (2017年4月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2089083/full/ 2017年4月12日閲覧。 
  75. ^ 「警視庁捜査一課9係Season12」(CASE1 かかし連続殺人(あらすじ・東映テレビ公式))”. 東映テレビ株式会社 (2017年4月12日). 2017年4月12日閲覧。
  76. ^ “羽田美智子:亡き渡瀬恒彦さんへの思い語る「魂がそこにいる」 ドラマ「警視庁捜査一課9係」に出演”. まんたんウェブ (MANTAN). (2017年5月3日). https://mantan-web.jp/2017/05/03/20170503dog00m200018000c.html 2017年5月9日閲覧。 
  77. ^ a b “渡哲也驚いた錦織圭と親戚だった”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2008年8月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080810-393850.html 2017年4月8日閲覧。 
  78. ^ “渡瀬恒彦「芸能界ケンカ最強伝説」の真実(2ページめ)”. 月刊大衆 (双葉社). (2017年4月4日). http://taishu.jp/detail/27270/page2/ 2017年4月8日閲覧。 
  79. ^ a b 渡瀬恒彦さん哀悼秘話、芸能界”最強の男”が10年以上通い続けた650円の支那そば”. 週刊女性 (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。
  80. ^ “情に厚い男だった渡瀬さん「南極物語」タロとジロ 共演後も飼い続けた”. スポーツニッポン (スポーツニッポン社). (2017年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/16/kiji/20170315s00041000581000c.html 2017年3月24日閲覧。 
  81. ^ 愛犬の死やサギもネタに? 黒柳徹子が渡瀬恒彦相手に大暴走!”. 株式会社サイゾー (2008年10月20日). 2017年3月23日閲覧。
  82. ^ a b 「追悼・渡瀬恒彦「僕はスターじゃないですもん」慕われた希少な俳優」『キネマ旬報』2017年5月下旬号、株式会社キネマ旬報社、 73頁、 雑誌20723-5/15。
  83. ^ a b “ひとりごと「渡瀬恒彦」”. 夕刊フジ (産経新聞社). (2006年4月22日). http://www.zakzak.co.jp/hitorigoto/20060422.html 2017年4月9日閲覧。 
  84. ^ TVでた蔵「2013年9月9日放送 8:30 - 9:55 TBSはなまるマーケット」”. ライブ・オン・ティービー (2013年9月9日). 2017年4月1日閲覧。
  85. ^ テレビドラマデータベース「南極大陸」”. キューズ・クリエィティブ (2011-). 2017年4月3日閲覧。
  86. ^ “話題のTBS系ドラマ「小さな巨人」の演出担当を直撃 「半沢直樹に似ている」と言われているが(4頁)”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年4月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170423/geo17042312000017-n4.html 2017年4月23日閲覧。 
  87. ^ a b c “話題のTBS系ドラマ「小さな巨人」の演出担当を直撃 「半沢直樹に似ている」と言われているが(3頁)”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2017年4月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170423/geo17042312000017-n3.html 2017年4月23日閲覧。 
  88. ^ 荒木一郎の自伝『まわり舞台の上で』(文遊社刊)荒木取材時のライター野村正昭の証言
  89. ^ 東映スピード・アクション浪漫アルバム”. 徳間書店 (2015年9月16日). 2017年6月3日閲覧。
  90. ^ 「文壇アウトローズの世相放談「これでいいのだ!vol.667」」『SPA!』2017年4月25日号、扶桑社、 125頁、 23454-4/25。
  91. ^ a b c d 病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(2)タバコの火は自分でつける”. 徳間書店 (2016年11月1日). 2017年3月25日閲覧。
  92. ^ a b 苦手な会見も兄渡哲也のためなら/渡瀬さん悼む”. 日刊スポーツ新聞社 (2017年3月17日). 2017年4月5日閲覧。
  93. ^ a b c 「4人のヤクザを5分でKO?渡瀬恒彦「芸能界再最強伝説」」『週刊文春』2017年3月30日号、文藝春秋、 149頁、 雑誌26405-3/30。
  94. ^ a b c 「変幻自在役者インタビュー 渡瀬恒彦」『BIG tomorrow』2009年10月号、青春出版社、 54頁、 雑誌26851-8/4。
  95. ^ a b 「変幻自在役者インタビュー 渡瀬恒彦」『BIG tomorrow』2009年10月号、青春出版社、 51頁、 雑誌26851-8/4。
  96. ^ あまくちからくち - NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブ”. NHK. 2017年4月2日閲覧。
  97. ^ a b “渡&渡瀬40年ぶり“見納め”共演”. オリコンキャリア (オリコン). (2011年11月10日). http://career.oricon.co.jp/news/2003559/full/ 2017年4月1日閲覧。 
  98. ^ “渡哲也&渡瀬恒彦、40年ぶり兄弟共演「おそらくこれが最後」”. 文化通信. (2011年11月10日). http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=1403 2017年4月1日閲覧。 
  99. ^ a b “渡&渡瀬兄弟、40年ぶり共演ドラマ撮了に「寂しい」”. オリコンキャリア (オリコン). (2011年12月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2004397/full/ 2017年4月2日閲覧。 
  100. ^ “渡哲也と渡瀬恒彦3度目の兄弟共演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年8月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130814-1172986.html 2017年4月3日閲覧。 
  101. ^ TVでた蔵「2014年7月9日放送 12:00 - 12:30 テレビ朝日徹子の部屋”. ライブ・オン・ティービー (2014年7月9日). 2017年4月5日閲覧。
  102. ^ a b “がん闘病の渡瀬恒彦が連ドラ復帰 兄・渡哲也と励まし合う”. 女性セブン (小学館). (2017年3月19日). https://www.news-postseven.com/archives/20170224_495913.html?PAGE=2 2017年4月2日閲覧。 
  103. ^ “ケンカ最強伝説も…渡瀬恒彦さん 兄・渡哲也の前だけでは“弟の顔””. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/16/kiji/20170315s00041000584000c.html 2017年4月2日閲覧。 
  104. ^ “兄渡哲也、元妻大原麗子さん/渡瀬恒彦さん写真特集”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1792904.html 2017年4月2日閲覧。 
  105. ^ “ビートたけしが語る渡哲也・渡瀬恒彦兄弟の粋なエピソード”. まいじつ (ニフティ). (2017年4月4日). https://myjitsu.jp/archives/20157 2017年4月9日閲覧。 
  106. ^ a b “友が明かす渡瀬さん秘話 大原麗子さんとの結婚…離婚”. ディリースポーツ (神戸新聞社). (2017年3月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/17/0010006373.shtml 2017年3月29日閲覧。 
  107. ^ a b “浅丘ルリ子が、妹分・大原麗子さんの思い出語る「夜中に家にやってきて…」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年1月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170117-OHT1T50184.html 2017年3月29日閲覧。 
  108. ^ TV出た蔵「2013年8月16日放送 19:57 - 20:54 フジテレビ 人生の正解TV〜これがテッパン〜大原麗子 孤独死の真実」”. ライブ・オン・ティービー (2013年8月16日). 2017年3月29日閲覧。
  109. ^ a b c d “女優・大原麗子の情念、救いを差し伸べた最愛の男”. アサヒ芸能 (徳間書店). (2013年3月21日). http://www.asagei.com/excerpt/12695 2017年4月18日閲覧。 
  110. ^ a b “渡瀬恒彦さん哀悼秘話、芸能界”最強の男”が10年以上通い続けた650円の支那そば(2ページめ)”. 週刊女性 (主婦と生活社). (2013年3月23日). http://www.jprime.jp/articles/-/9307?page=2 2017年4月19日閲覧。 
  111. ^ “渡瀬恒彦「芸能界ケンカ最強伝説」の真実(3ページめ)”. 月刊大衆 (双葉社). (2017年4月4日). https://taishu.jp/detail/27270/page3/ 2017年4月8日閲覧。 
  112. ^ 鯨の目―成田三樹夫遺稿句集(「無明舎出版」紹介頁)”. 無明舎出版 (2015-). 2017年4月15日閲覧。
  113. ^ 鯨の目―成田三樹夫遺稿句集(「Amazon」紹介頁)”. amazon (2015-). 2017年4月15日閲覧。
  114. ^ 佐高信 (2014年8月18日). “稀代の悪役俳優 成田三樹夫の反骨の系譜”. ダイヤモンドオンライン. ダイヤモンド社. 2017年4月15日閲覧。
  115. ^ a b “ガッツ石松、渡瀬さんは「わびさびを知る人だった」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170316-OHT1T50180.html 2017年4月23日閲覧。 
  116. ^ “芸能界最強説の渡瀬恒彦「怒らせちゃダメ」と安岡力也も恐怖”. 週刊ポスト (小学館). (2017年3月28日). http://www.news-postseven.com/archives/20170328_504691.html?PAGE=2= 2017年3月28日閲覧。 
  117. ^ 2017年3月20日03時53分のツィート-堀内正美公式Twitterアカウント
  118. ^ “伊東四朗「私よりずっと若い渡瀬さん亡くなりショック」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170316-OHT1T50165.html 2017年4月17日閲覧。 
  119. ^ 山村紅葉 (2017年3月18日). “渡瀬恒彦様”. 山村紅葉のつぶやき聞いて!. 2017年4月18日閲覧。
  120. ^ “伊東四朗「山村紅葉 十津川警部・渡瀬さんとの思い出「25年間、あちこちの断崖絶壁で…」”. ディリースポーツ (神戸新聞社). (2017年3月16日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/16/0010005667.shtml 2017年4月18日閲覧。 
  121. ^ “【追悼】風見しんご落胆「信じていません」”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2017年3月16日). http://www.news24.jp/articles/2017/03/16/08356604.html 2017年4月20日閲覧。 
  122. ^ a b c “風見しんご「信じてません」渡瀬さん悼む声続々…”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1793000.html 2017年4月20日閲覧。 
  123. ^ (株)マスタープラン 風見しんごプロフィール”. (株)マスタープラン (2017年3月16日). 2017年4月20日閲覧。
  124. ^ “佐藤二朗「凄く格好いい」幼い頃衝撃/渡瀬さん悼む”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1793181.html 2017年4月20日閲覧。 
  125. ^ 佐藤二朗のツィート(2017年3月16日)- Twitter
  126. ^ “渡瀬恒彦さんと過去共演の桂吉弥「2人目の師匠が」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1793043.html 2017年4月13日閲覧。 
  127. ^ a b “桂吉弥 朝ドラで渡瀬さんと共演「背中で教える方」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1793528.html 2017年4月12日閲覧。 
  128. ^ 貫地谷しほり (2017年3月19日). “師匠”. 「貫地谷しほりオフィシャルブログ しほりのおしゃべり工房」. 2017年4月13日閲覧。
  129. ^ 土屋太鳳 (2017年3月16日). “キャンペーンに、心を込めて。”. 「たおのSparkling Day」. 2017年4月13日閲覧。
  130. ^ a b “土屋太鳳、渡瀬さんとの「セーラー服と機関銃」秘話の思い出つづる”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/16/kiji/20170316s00041000400000c.html 2017年4月13日閲覧。 
  131. ^ “高嶋政宏、渡瀬さん悼む「全て教えてくださった巨星」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170316-OHT1T50206.html 2017年4月14日閲覧。 
  132. ^ a b c “BSジャパン、大型連休中に渡瀬恒彦さん出演「山岳救助隊シリーズ」一挙放送”. オリコン (株式会社オリコン). (2017年4月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2089932/full/ 2017年4月29日閲覧。 
  133. ^ a b “渡瀬恒彦さん訃報に追悼の声続々 原田龍二「ダンディーと鋭さが同居」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/16/kiji/20170316s00041000204000c.html 2017年4月14日閲覧。 
  134. ^ 原田龍二 (2017年3月16日). “大先輩”. BRO.原田龍二オフィシャルブログ. 2017年4月21日閲覧。
  135. ^ 名取裕子さん..話せぬほどの思いが..”. ニッポン放送「オールナイトニッポンミュージック10」番組ブログ (2017年3月22日). 2017年3月22日閲覧。
  136. ^ 中江有里のツィート(2017年3月15日)- Twitter
  137. ^ a b “安達祐実 “父”渡瀬恒彦さんを悼む「すごくショック。寂しい」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/16/kiji/20170316s00041000239000c.html 2017年4月21日閲覧。 
  138. ^ “草刈正雄「格好良かった…僕の目標」渡瀬さん悼む”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1793096.html 2017年4月24日閲覧。 
  139. ^ 羽田美智子 (2017年3月21日). “係長”. 羽田美智子オフィシャルブログ. 2017年4月29日閲覧。
  140. ^ 羽田美智子 (2017年3月31日). “係長”. 羽田美智子オフィシャルブログ. 2017年4月29日閲覧。
  141. ^ “羽田美智子「大好きで悲しい」渡瀬さん悼む”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1793095.html 2017年4月29日閲覧。 
  142. ^ 1978年・第52回キネマ旬報 ベスト・テン”. キネマ旬報社. 2018年8月4日閲覧。
  143. ^ シネマ報知 ブルーリボン賞ヒストリー 野村芳太郎監督が“一家”で4冠 - ウェイバックマシン(2012年2月19日アーカイブ分)
  144. ^ 第2回日本アカデミー賞公式サイト”. 日本アカデミー賞協会. 2018年8月4日閲覧。
  145. ^ 1980年・第54回キネマ旬報 ベスト・テン”. キネマ旬報社. 2018年8月4日閲覧。
  146. ^ あまくちからくち- NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  147. ^ “『おみやさんSP』渡瀬恒彦&貫地谷しほりのコンビで第2弾 10月放送決定”. ORICON STYLE. (2016年8月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2076884/full/ 2016年8月17日閲覧。 
  148. ^ “『そして誰もいなくなった』渡瀬恒彦、共演陣は「クセがあるというか」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月31日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170131/geo17013105030022-n1.html 2017年3月16日閲覧。 


「渡瀬恒彦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渡瀬恒彦」の関連用語

渡瀬恒彦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渡瀬恒彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渡瀬恒彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS