小林稔侍とは?

小林稔侍

以下の映画小林稔侍関連しています。
 
シネ・ロツポニカ
 
 
 
 
 


小林稔侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/27 15:21 UTC 版)

小林 稔侍(こばやし ねんじ、1941年2月7日[注釈 1] - )は、日本俳優である。身長180cm、血液型A型鈍牛倶楽部所属。本名は、小林 稔侍(こばやし としじ)。和歌山県伊都郡かつらぎ町出身。和歌山県立笠田高等学校卒業。




注釈

  1. ^ 公式プロフィールでは長らく1943年生となっていたが、2010年9月1日付のスポーツニッポン「我が道」のコーナーにて、実際は1941年生まれであるが若く間違えられたので特に訂正を求めなかったと発言。現在は公式プロフィールも1941年生に訂正されている。
  2. ^ 千葉真一が自分の空き時間に同作の撮影を見学していると、深作欣二が「ちょっと出ようか?」と千葉に声をかけ、バーテンダーの衣装を着せてカメオ出演させた[7][8]。小林は役がなくなったと落胆していたが、深作は主人公の弟分・志村勝男に小林を抜擢した[7][8]

出典

  1. ^ [知事対談] 僕にとって和歌山は、家族みたいなもの。」『和-nagomi-』vol.24、和歌山県、2014年7月10日、2018年4月12日閲覧。
  2. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月1日)より。
  3. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月2日)より。
  4. ^ 東映の友 1962年4月号 45頁。
  5. ^ a b スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月10日)より。
  6. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月9日)より。
  7. ^ a b JJサニー千葉『千葉流 サムライへの道』ぶんか社、2010年、142頁。ISBN 4821142694
  8. ^ a b 千葉真一、深作欣二の初時代劇の教えに感謝」『アサ芸+』、徳間書店、2012年11月28日、2012年11月29日閲覧。
  9. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月12日)より。
  10. ^ a b “小林稔侍映画初主演、高倉健さん喜んでもらえるかな”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年10月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710110000076.html 2017年10月11日閲覧。 
  11. ^ チェン・ボーリンの初主演ドラマ「たった一度の雪 SAPPORO・1972年」放送決定!”. ライブ台湾 (2006年12月22日). 2014年4月4日閲覧。
  12. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月15日)より。
  13. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月28日)より。
  14. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月16日)より。
  15. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月17日)より。
  16. ^ スポーツニッポン 芸能面『我が道・小林稔侍』(2010年9月11日)より。
  17. ^ 「家族はつらいよ」ポスタービジュアル完成!山田洋次監督×横尾忠則2大巨匠が奇跡のコラボ”. 映画.com (2014年12月14日). 2015年3月6日閲覧。
  18. ^ “劇団ひとりが「家族はつらいよ2」に出演、山田洋次の演出に感動”. 映画ナタリー. (2016年11月18日). http://natalie.mu/eiga/news/209783 2016年11月18日閲覧。 
  19. ^ TBS、月曜も“改名”「月曜ゴールデン」から「月曜名作劇場」に”. ORICON STYLE. オリコン (2016年2月26日). 2016年3月18日閲覧。


「小林稔侍」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小林稔侍」の関連用語

小林稔侍のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小林稔侍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小林稔侍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS