日活とは? わかりやすく解説

日活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 05:12 UTC 版)

日活株式会社(にっかつ、:NIKKATSU CORPORATION)は、日本映画製作、配給会社である。


注釈

  1. ^ 戦前の日活製作の映画を他社に配給委託することもあった[8]
  2. ^ 井上雅雄によれば、「五社協定」は日活の製作再開の発表前に検討・作成されていたが、結果的に「日活による引抜き防止策」として機能することになった[14]
  3. ^ 『戦後映画の産業空間: 資本・娯楽・興行』では「野口博志」が「野口博司」になっている。
  4. ^ にっかつの名前がスクリーンに登場するのは1979年(昭和54年)以降である。
  5. ^ その後千葉興行株式会社に経営委託され「シネマックス千葉ニュータウン」と改称し再開業している。
  6. ^ 7月から12月までの半年の実績。
  7. ^ 単独配給は5月まで。6月からは、ダイニチが大映と日活の2社製作作品の配給を開始。
  8. ^ 8月、ダイニチから離脱。

出典

  1. ^ a b c d e f 日活株式会社 第169期決算公告
  2. ^ 『あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇』(朝日新聞社)
  3. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社)
  4. ^ 日活五十年史(日活株式会社)
  5. ^ a b 会社案内:沿革”. 日活公式サイト. 日活. 2020年2月16日閲覧。
  6. ^ 東宝(株)『東宝五十年史』(1982.11)”. 渋沢社史データベース. 渋沢栄一記念財団. 2020年2月16日閲覧。 “昭和20年(1945)4月24日 大映の直営館、日活へ譲渡成立調印”
  7. ^ 松竹 『松竹九十年史』松竹、1985年12月、674頁。全国書誌番号:87001945 
  8. ^ a b 井上 2016, p. 16.
  9. ^ a b c d 井上 2016, p. 18.
  10. ^ a b c 井上 2016, p. 17.
  11. ^ 井上 2016, pp. 18–19.
  12. ^ 井上 2016, p. 19.
  13. ^ 井上 2016, p. 28.
  14. ^ a b 井上 2016, p. 22.
  15. ^ a b 井上 2016, p. 29.
  16. ^ 井上 2016, p. 31.
  17. ^ 日テレのニュースリリース日活のニュースリリース
  18. ^ レスキューファイアー日活制作担当に関するソースはタカラトミーのニュースリリースより https://www.takaratomy.co.jp/company/release/press/pdf/p090114.pdf
  19. ^ フライデー (2012年5月26日). “「創業100年企業の血脈」第五回 日活「倒産危機を救った元ホテルマン社長の奇策」”. 現代ビジネス. p. 2. 2020年8月18日閲覧。
  20. ^ THE PAGE (2017年12月3日). “日活株買い大勝利、旭硝子大仕手戦と小豆売りでまさか敗北 山崎種二(下)”. Yahoo!ニュース. 2020年8月18日閲覧。
  21. ^ 日活、ゲーム事業参入へ 新レーベル「SUSHI TYPHOON GAMES」始動”. シネマトゥデイ (2016年1月26日). 2016年1月26日閲覧。



「日活」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日活のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日活のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日活 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS