ニュースリリースとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ニュースリリースの意味・解説 

ニュースリリース

英語:news release

広報活動一環として発表される文書資料総称。あるいは、発表会見。「プレスリリース」とも言う。

ニュース・リリース

【英】news release

広報活動一手段として、企業自社情報マスコミ関係に配布する印刷物写真。たとえば、百貨店定期的に送付している催事予定売場情報も、これに相当する。また、新店舗設立や、新製品情報など不定期配布することもある。記者会見が行なわれ、詳細資料として提出される場合もある。いずれも無料記事採用される効果を狙ったもの。パブリック・リリースともいう。直接的販売結びつくものではないが、広告などと連動した販売促進活動側面援助的な意味を持っている

ニュース・リリース news release

広告活動において、官公庁団体企業情報主張を、ジャーナリストに渡す目的簡潔にまとめた配布物。媒体社に送られたり、記者発表の場で配布されたりする。最近ではインターネットでも見られるようにしている企業増加している。プレス・リリースとも呼ばれる

プレスリリース

(ニュースリリース から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/28 00:03 UTC 版)

プレスリリース英語: press releaseフランス語: communiqué de press)とは、報道機関に向けた、情報の提供・告知・発表のこと。「news release ニュースリリース」「報道発表」とも[1]。英語で「press プレス」は(元々は)「新聞」または「新聞社」で(それが転じて「報道機関」というニュアンスで用いて)、「release リリース」は「発表」「公開」「放出」等を意味する。


  1. ^ 「記者発表」や「記者会見」という語は、「プレスリリース」の同義語ではなく、プレスリリースの中でも特定の手法、(わざわざ)記者を集めて発表することや会見すること、を指す。
  2. ^ a b c 野呂エイシロウ『プレスリリースはラブレター: テレビを完全攻略する戦略的PR術』
  3. ^
    週刊少年ジャンプ編集長の突然死(2003年)
    2003年1月24日、東京湾内の船上で行われた、アニメ映画化作品『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の製作発表会見の最中に、当時同誌の編集長であった高橋俊昌クモ膜下出血を発症して突然倒れ、そのまま亡くなるという事態が発生した。多くのマスコミ関係者を集めた場で突如起きた、人気漫画雑誌の編集長の突然死であっただけに社会的な話題となった。
    宅八郎の記者会見乱入
    2003年7月18日、長野県庁の表現道場(当時長野県知事だった田中康夫の脱記者クラブ宣言によって記者クラブがフリー記者にも開放されていた)で行われた県知事記者会見におたく評論家の宅八郎が参加し、田中康夫が過去に雑誌で連載していた内容について謝罪をするように執拗に要求し、田中がこれを拒否すると宅が怒鳴り声を上げながら激しく抗議するなど場内は異様な雰囲気に包まれた。この一部始終はテレビや雑誌などのメディアでも取り上げられ話題になった。因みに、この時宅はフリーランスとして会見に参加していた。


「プレスリリース」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ニュースリリース」の関連用語

ニュースリリースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニュースリリースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2019 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプレスリリース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS