田中康夫とは? わかりやすく解説

田中康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 17:00 UTC 版)

田中 康夫(たなか やすお、1956年昭和31年〉4月12日 – )は、日本政治家作家。愛称はヤッシー


  1. ^ 田中康夫氏が横浜市長選に出馬へ、争点IRだけでなく街のあり方を変える”. 日刊スポーツ (2021年7月6日). 2021年7月6日閲覧。
  2. ^ 田中康夫の東京ペログリ日記リターンズ 2007年9月3日の記述 参照(以下日付のみの際は同日記から)
  3. ^ a b 有名人が語る受験必勝法 一橋大法学部合格、新党日本代表・田中康夫氏:直撃インタビュー:社会特集:スポーツ報知 スポーツ報知
  4. ^ 『恋愛自由自在』
  5. ^ ファッションは親友、田中康夫くんに学んだ”. 日経電子版 (2018年1月28日). 2020年6月27日閲覧。
  6. ^ [1]
  7. ^ 『神戸震災日記』巻末 1996年、新潮社 ISBN 978-4103651031
  8. ^ 「月刊日本」子宮頸がんワクチン特集にてインタビュー記事が掲載されました 田中康夫公式サイト
  9. ^ 33年後のなんとなく、クリスタル 田中康夫著 中年になった彼女たちの「憂国」”. 日本経済新聞 (2014年12月15日). 2020年6月27日閲覧。
  10. ^ 4月4日の記述
  11. ^ 7月11日の記述
  12. ^ 11月21日のキャプション 参照
  13. ^ ぼくこそ真の「保守」なのです
  14. ^ 連載 第38回「浅田彰と田中康夫の続・憂国呆談」番外編Webスペシャル 週刊ダイヤモンド 2005年11・12月号
  15. ^ 「新しいケインズ・正しいハイエク」こそ
  16. ^ 石原知事定例記者会見録 2004年8月13日
  17. ^ 新党日本2009マニフェスト
  18. ^ 3月4日の記述
  19. ^ 7月10日の記述
  20. ^ Yahoo!みんなの政治 田中康夫 議案コメント
  21. ^ 『日本を取り巻く無責任の体系』「続・憂国呆談」番外編Webスペシャル
  22. ^ 田中康夫、そのまんま東にエール…ビートたけしは沈黙
  23. ^ 12月28日の記述
  24. ^ a b 長い物に巻かれる意気地の無さよ
  25. ^ ナニワっ子は惚れっぽいが飽きっぽい
  26. ^ 逆命利君、いや逆命利「民」の覚悟なれ
  27. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  28. ^ いつまで続く「究極の選択」
  29. ^ 「脱ダム宣言」全文”. 長野県 (2013年6月23日). 2020年6月27日閲覧。
  30. ^ “公安委員に河野義行さん 知事、6月県会に提案へ”. 信濃毎日新聞. (2002年5月21日). https://www.shinmai.co.jp/feature/kensei/2002/02052101.htm 2020年6月27日閲覧。 
  31. ^ 田中は全労連系からの委員指命理由に、長野県内における連合系組合と全労連系組合の構成人員比を考慮したとしていたが、多くの都道府県では連合系による労働委員会委員の独占が続いている。
  32. ^ なお、2010年長野県知事選挙では村井が引退し、前副知事の腰原愛正が村井県政の継承を唱えて立候補したが、田中県知事の時に総務省から出向して副知事を務めていた阿部守一が民主・社民・国民新の3党の推薦を受けて立候補した。阿部は自民・公明両党が推薦した腰原を僅差で抑え、他に田中県知事時代から長野県信濃美術館・東山魁夷館長を務めていた共産党推薦の松本猛も下して当選した。
  33. ^ “田中氏の衆院くら替え決定 新党日本公認で兵庫8区”. 47NEWS (共同通信社). (2009年7月21日). http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072101001101.html 2009年7月23日閲覧。 
  34. ^ “新党日本、比例候補を発表=田中代表は重複-衆院選”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年8月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009081700328 2009年8月17日閲覧。 [リンク切れ]
  35. ^ “連合、田中氏推薦せず 衆院選兵庫8区”. 神戸新聞NEWS (神戸新聞). (2009年7月29日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002175733.shtml 2009年9月10日閲覧。 [リンク切れ]
  36. ^ 田中康夫氏ら、民主会派入り2009年9月14日読売新聞
  37. ^ 統一会派「国民新党・新党日本」衆院に4議席 - 2010年6月8日20時24分配信読売新聞
  38. ^ 時事通信社 2012年11月12日 兵庫8区に室井氏擁立=民主県連
  39. ^ “国会議員ゼロに=新党日本【12衆院選】”. 時事ドットコム. (2012年12月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012121700365 2012年12月17日閲覧。 
  40. ^ 横浜市長選挙(令和3年8月22日執行)”. 横浜市. 2021年8月23日閲覧。
  41. ^ 江藤淳 「三作を同時に推す」 『文藝』、1980年12月号、269ページ
  42. ^ 『昔みたい』解説、1989年、新潮社、新潮文庫、321ページ、ISBN 4-1014-3405-0
  43. ^ 斎藤美奈子 『文壇アイドル論』 2002年、岩波書店、237ページ ISBN 978-4000246132
  44. ^ 佐藤清文 「まだ見ぬ田中康夫のために:Γεια σου.」 『文藝別冊 田中康夫』 2001年、河出書房新社
  45. ^ ただし、これらの用語は田中以外も使っている。例えば、「パブリック・サーヴァント」は河村たかし名古屋市[2]原子力安全基盤機構原子力規制委員会の前身)[3] により、「公共への奉仕者」という公務員の性質を強調する際に用いられる
  46. ^ 『ハイライフ、ハイスタイル』、213-215p
  47. ^ 『東京ステディ・デート案内』角川文庫版153ページ
  48. ^ 『ぼくたちの時代』「ディア・エディター」、初出『話の特集』1982年7月号
  49. ^ 「Linux的な生き方とは」田中康夫知事が講演 nikkei BPnet
  50. ^ 田中知事、松本歯科大客員教授に/長野県 IDN 歯科関連ニュース。
  51. ^ 2008年1月13日の記述
  52. ^ a b 『日本紳士録』交詢社
  53. ^ 田中康夫知事定例会見 2003年11月21日(長野県)
  54. ^ 「女性自身」2000年10月10日号
  55. ^ 田中の公式サイト内、「プロフィール」より。
  56. ^ “田中康夫さん44歳W嬢と交際13年結婚”. 日刊スポーツ. (2010年11月2日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/p-et-tp0-20101102-697188_m.html 2014年4月15日閲覧。 


「田中康夫」の続きの解説一覧

「田中康夫」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

田中康夫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



田中康夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田中康夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS