人工膀胱とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > オストミー用語 > 人工膀胱の意味・解説 

人工膀胱(ストーマの項参照)

尿を排泄するために造設された尿路排泄孔。

人工膀胱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/20 08:10 UTC 版)

人工膀胱(じんこうぼうこう、ウロストミー、Urostomy)とは、負傷や膀胱癌の治療のために膀胱を摘出した際に、膀胱に代わって作られる代用膀胱。主要な種類には回腸導管、尿管皮膚瘻、蓄尿型人工膀胱、自排尿型人工膀胱の4種類が存在する。ストーマ(腹部の開口部)を保有する人工膀胱保有者(あるいは人工肛門保有者)をオストメイトと呼ぶ。




「人工膀胱」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工膀胱」の関連用語

人工膀胱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人工膀胱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本オストミー協会日本オストミー協会
Copyright (C) JAPAN OSTOMY ASSOCIATION, INC. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人工膀胱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS