山岡賢次とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 山岡賢次の意味・解説 

山岡賢次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/06 00:17 UTC 版)

山岡 賢次(やまおか けんじ、1943年(昭和18年)4月25日 - )は、日本政治家




注釈

  1. ^ 生活の党はその後、「生活の党と山本太郎となかまたち」と名称を変えて活動していたが、この時期は山岡が何らかの役職についていた旨の表記はない
  2. ^ 当時の法務大臣は林田悠紀夫
  3. ^ 当時の大蔵大臣は竹下派橋本龍太郎

出典

  1. ^ “野田首相:一川・山岡氏の続投明言…年明け国会、五里霧中”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年12月9日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111210k0000m010055000c.html [リンク切れ]
  2. ^ 山岡 賢次 | 自由党” (日本語). 自由党. 2018年6月9日閲覧。
  3. ^ 山岡荘八全集36 講談社、439頁
  4. ^ 公式サイト「生活の党元衆議院議員 山岡けんじ オフィシャルWeb」
  5. ^ 日本経済新聞 2011年9月3日朝刊[要ページ番号]
  6. ^ “法案審議「強行採決も辞さぬ」 民主・山岡国対委員長”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年11月1日). オリジナル2009年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091104062157/http://www.asahi.com/politics/update/1101/TKY200911010224.html 
  7. ^ a b 「人事異動」『官報』号外特43号、国立印刷局2011年9月2日、1面。
  8. ^ FNN[リンク切れ]2011年9月5日
  9. ^ 2011年10月29日(土)「しんぶん赤旗」 [1]
  10. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  11. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  12. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  13. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  14. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  15. ^ “「えっ、私離党なの?」「なんで事前通知ない?」”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705002111/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00001078-yom-pol 
  16. ^ “階・辻両議員離党を撤回 いいかげん対処 民主の体質露呈”. 東京新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120706160828/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012070302000118.html 
  17. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  18. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  19. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  20. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  21. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20130424235545/http://www.asahi.com/politics/update/0703/TKY201207030389.html 
  22. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  23. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  24. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  25. ^ “選挙区当選者 - 2009総選挙”. asahi.com (朝日新聞社). http://www2.asahi.com/senkyo2009/carta/O0302010.html 2016年12月25日閲覧。 
  26. ^ “外国人参政権「通常国会で必ず成立」 山岡氏”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月9日). オリジナル2010年1月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100112113653/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100109/stt1001091713008-n1.htm 2010年4月23日閲覧。 
  27. ^ “外国人参政権法案成立させる〜民主・山岡氏”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2010年1月12日). http://www.news24.jp/articles/2010/01/12/04151406.html 2011年9月6日閲覧。 
  28. ^ “<山岡国対委員長>外国人選挙権法案は今秋以降に先送り”. Yahoo!ニュース. 毎日jp(毎日新聞) (Yahoo Japan). (2010年3月18日). オリジナル2010年3月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100323064529/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100318-00000124-mai-pol 2010年4月23日閲覧。 
  29. ^ a b “「民主党は反対」提示前、山岡氏が渡辺副総裁候補に留守電”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年4月8日). オリジナル2008年4月13日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20080413002222/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080408-OYT1T00353.htm 
  30. ^ NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまで[リンク切れ]
  31. ^ a b c d e f “日銀人事:民主・山岡氏、人事案提示前に副総裁候補に電話”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年4月8日). オリジナル2008年4月9日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2008-0409-1432-36/mainichi.jp/select/seiji/news/20080409k0000m010137000c.html 
  32. ^ 「『政争の愚』消耗戦1ヶ月――検証・日銀人事政府案3度否決」『日本経済新聞日本経済新聞社、2008年4月10日、4面。
  33. ^ a b “クローズアップ2008:日銀人事案三たび提示 財務起用に首相固執”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年4月8日). http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20080408ddn003010028000c.html [リンク切れ]
  34. ^ “日銀人事 「渡辺副総裁」に民主不同意強まる - 政治”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年4月7日). オリジナル2008年4月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080411060931/http://www.asahi.com/politics/update/0407/TKY200804070222.html 
  35. ^ “渡辺氏に「反対する」 民主・山岡氏、正式提示前に電話 - 政治”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年4月8日). オリジナル2008年4月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080411220159/http://www.asahi.com/politics/update/0408/TKY200804080314.html 
  36. ^ a b “日銀副総裁候補・渡辺氏への事前電話問題 衆参両院、民主・山岡氏から事情聴取へ”. FNNニュース (Fuji News Network.). (2008年4月9日). オリジナル2008年4月10日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2008-0410-1507-41/www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00130655.html 
  37. ^ “山岡氏の聴取、無期延期 与党から反発の声続々”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年4月10日). オリジナル2008年4月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080413201251/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080410/stt0804102012008-n1.htm 
  38. ^ “日銀総裁:後任人事 電話問題 「政倫審に山岡氏召喚」--自公合意”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年4月12日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080412ddm005010140000c.html [リンク切れ]
  39. ^ a b c d e f g h i “社協のマルチ警鐘記事に議連が抗議 民主3氏の名前(1/2ページ)”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年10月17日). オリジナル2008年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081018065842/http://www.asahi.com/politics/update/1017/NGY200810160012.html 
  40. ^ 悪徳商法に注意!! マルチ商法 (PDF)”. 伊賀市社協だより――あいしあおう 22号. 伊賀市社会福祉協議会. p. 4 (2006年10月15日). 2007年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月23日閲覧。
  41. ^ a b “山岡氏ら民主議連「マルチ注意」に抗議 06年、広報の伊賀市協へ:社会”. 中日新聞 CHUNICHI Web (中日新聞社). (2008年10月17日). オリジナル2008年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081018025644/http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008101702000271.html 
  42. ^ a b “民主党:前田議員ら「マルチ注意」広報誌に抗議書 三重”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年10月18日). オリジナル2008年10月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081020041518/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081018k0000m040161000c.html 
  43. ^ a b “社協のマルチ警鐘記事に議連が抗議 民主3氏の名前(2/2ページ)”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年10月17日). オリジナル2008年10月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081019062707/http://www.asahi.com/politics/update/1017/NGY200810160012_01.html 
  44. ^ a b “悪質な商法から消費者保護 伊賀市社協に大臣表彰 三重”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年6月23日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120702040204/http://sankei.jp.msn.com/region/news/110623/mie11062302180001-n1.htm 
  45. ^ 「消費者支援功労者表彰等」『消費者月間 - 消費者情報課 - 消費者庁消費者庁
  46. ^ 平成23年度「消費者支援功労者表彰等」』。
  47. ^ J-CAST2008年10月16日
  48. ^ “山岡氏側に不透明な資金 市長側から400万円、秘書報酬か”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2009年1月23日). オリジナル2009年1月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090126050227/http://47news.jp/CN/200901/CN2009012301000360.html 
  49. ^ “山岡消費者相、マルチから献金=05〜08年に250万円超”. 時事ドットコム (時事通信社). (2011年9月8日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201109/2011090800390 [リンク切れ]
  50. ^ 日本共産党2010年1月13日
  51. ^ “普天間「生活に影響ない」=沖縄の市議反発し、発言撤回−民主・山岡氏”. Yahoo!ニュース. 時事通信 (Yahoo Japan). (2010年5月6日). オリジナル2010年5月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100509182709/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100506-00000080-jij-pol 
  52. ^ “民主・山岡氏:「アイヌ人の血を引く蛮族」と発言”. 毎日jp (毎日新聞社). (2007年10月31日). オリジナル2007年5月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20070514030407/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071101k0000m010106000c.html 
  53. ^ “「小沢さんは時々三振する」側近・山岡氏、講演で”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年5月2日). オリジナル2008年5月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080503082752/http://www.asahi.com/politics/update/0502/TKY200805020337.html 
  54. ^ J-CAST2009年3月4日
  55. ^ 毎日新聞 2010年1月10日[要ページ番号]
  56. ^ “石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 民主・山岡氏”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年2月5日). オリジナル2010年2月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100208110341/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100205/stt1002050952001-n1.htm 2011年1月14日閲覧。 
  57. ^ エッ、菅直人は暫定総理!? 山岡国対委員長ポロリJ-CASTニュース 2010年6月3日
  58. ^ “山岡氏が「ノーズロ」答弁、官房長官から注意”. YOMIURIONLINE (読売新聞社). (2011年10月29日). オリジナル2011年10月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20111031131043/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20111028-OYT1T01086.htm 
  59. ^ “山岡国家公安委員長:「ノーズロ」発言を陳謝 抗議受け”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年11月1日). オリジナル2011年11月13日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20111113183422/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111102k0000m010021000c.html 
  60. ^ “「ユーロは破綻する」「金融・経済の大津波」山岡氏、失言連発”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年1月5日). オリジナル2012年1月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120106010603/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120105/plc12010517370009-n1.htm 2012年1月6日閲覧。 
  61. ^ “「ユーロ破綻」山岡氏が撤回 官房長官「不適切」”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2012年1月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0600R_W2A100C1EB1000/ 2012年1月6日閲覧。 
  62. ^ 公式ウェブサイトプロフィール


「山岡賢次」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山岡賢次」の関連用語

山岡賢次のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山岡賢次のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山岡賢次 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS