片山虎之助とは?

片山虎之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 03:21 UTC 版)

片山 虎之助(かたやま とらのすけ、1935年(昭和10年)8月2日 - )は、日本政治家自治官僚日本維新の会所属の参議院議員(5期)、日本維新の会共同代表・国会議員団代表、岡山維新の会代表、広島維新の会代表、日本消防協会最高顧問。




  1. ^ a b “80歳片山虎之助氏が最高齢当選 大介氏と親子同時に”. 西日本新聞. (2016年7月10日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/sanin2016_all/article/258032.html 2016年7月29日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ 総務大臣”. 首相官邸ホームページ. 2017年9月24日閲覧。
  3. ^ a b 片山 虎之助(かたやま とらのすけ):参議院”. 参議院. 2017年9月24日閲覧。
  4. ^ a b “国会議員情報:片山 虎之助(かたやま とらのすけ):時事ドットコム”. 時事ドットコム (時事通信社). https://www.jiji.com/jc/giin?d=d06a8939b164afd8af33444eb915ed36&c=san&rel=ja 2017年9月24日閲覧。 
  5. ^ a b トラさんのプロフィール”. 片山虎之助ホームページ (2016年4月1日). 2017年9月24日閲覧。
  6. ^ a b おおさか維新共同代表・片山虎之助氏5選果たす”. 読売新聞 (2016年7月11日). 2016年7月11日閲覧。
  7. ^ 翌年の中央省庁再編総務省へ統合される3省庁兼任である。
  8. ^ “橋下氏の国政出馬を条件に片山氏が大阪組新党参加”. 日刊スポーツ. (2015年9月1日). http://www.nikkansports.com/general/news/1532569.html 2015年9月8日閲覧。 
  9. ^ “維新が柿沢幹事長を解任、後任に今井氏 馬場・片山氏も更迭”. 日本経済新聞. (2015年9月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H61_Y5A900C1PP8000/ 2015年9月8日閲覧。 
  10. ^ 維新:参院執行部側、無所属に 衆院中間派離党へ 毎日新聞 2015年10月21日
  11. ^ “チャンネル削減数明記せず NTT再編「10年に検討」”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年6月21日). http://www.47news.jp/CN/200606/CN2006062101003473.html 2014年4月8日閲覧。 
  12. ^ “受信料支払い義務化を 自民・片山氏”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年4月27日). http://www.47news.jp/CN/200604/CN2006042701000693.html 2014年4月8日閲覧。 
  13. ^ “早期の義務化法案に意欲 片山氏、NHK受信料で”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年5月25日). http://www.47news.jp/CN/200605/CN2006052501004134.html 2014年4月8日閲覧。 
  14. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ
  15. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会
  16. ^ 読売新聞2010年参院選 各党候補者アンケート
  17. ^ 産経新聞、2015年3月3日
  18. ^ a b 「片山総務相の選挙運動、公選法違反の疑い」、しんぶん赤旗 2002年6月26日
  19. ^ 毎日新聞、2016年4月19日
  20. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年


「片山虎之助」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「片山虎之助」の関連用語

片山虎之助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



片山虎之助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの片山虎之助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS