百田尚樹とは?

百田尚樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/25 07:53 UTC 版)

百田 尚樹(ひゃくた なおき、1956年2月23日 - )は、日本放送作家小説家大阪府大阪市東淀川区出身。




注釈

  1. ^ 「大好評の「オッサン」シリーズがついに…“シーズン2”突入!今回は“怒れる”主張を持ったオッサンたちが大集結!過激すぎるプレゼンにスタジオ騒然…」に西村眞悟、パン職人廣瀬満男、ロバート・ゲラー東京大学教授と共にゲストとして出演
  2. ^ 名指しはしていないが沖縄タイムス琉球新報だと思われる。同地では三大全国紙はほとんど読まれていない

出典

  1. ^ a b (週刊現代 2013, p. 15)
  2. ^ “テリー伊藤対談「百田尚樹」(1)放送作家になったきっかけは…”. アサ芸プラス. (2014年8月26日). http://www.asagei.com/excerpt/25794 
  3. ^ 百田 尚樹 - ご意見バン! - 真相報道バンキシャ!”. 日本テレビ. 2016年3月29日閲覧。
  4. ^ a b c “本屋大賞:百田尚樹さん作家7年目で文学賞を初受賞「直木賞以上の最高の賞」”. MANTANWEB. (2013年4月10日). http://mantan-web.jp/2013/04/10/20130409dog00m200072000c.html 2013年6月10日閲覧。 
  5. ^ 『永遠の0』、歴代13作目の文庫100万部超え”. オリコン (2012年10月11日). 2013年3月19日閲覧。
  6. ^ “本屋大賞:百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」が受賞”. MANTANWEB. (2013年4月9日). http://mantan-web.jp/2013/04/09/20130409dog00m200043000c.html 
  7. ^ a b “情熱大陸:出す本全てが売れまくる…50歳でデビューした異色の作家、百田尚樹に密着”. 毎日jp. (2013年6月4日). http://mainichi.jp/feature/news/20130604org00m200053000c.html 2013年6月10日閲覧。 
  8. ^ 鈴木保奈美、ローラらに「メガネ ベストドレッサー賞」 武井咲「ずっと欲しかった」”. Billboard JAPAN (2012年10月9日). 2013年10月13日閲覧。
  9. ^ 「NHK経営委員:百田氏が退任へ」、毎日新聞、2015年1月31日
  10. ^ NHK経営委員会HP 経営委員紹介
  11. ^ (週刊現代 2013, p. 14)
  12. ^ 男の履歴書 百田尚樹編|インライフ
  13. ^ “百田氏「日教組は日本のがん」 講演会後の質疑応答で”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年6月18日). http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061801001971.html 2014年6月19日閲覧。 
  14. ^ 宮崎駿、『風立ちぬ』と同じ百田尚樹の零戦映画を酷評「嘘八百」「神話捏造」」、『Business Journal』、サイゾー2013年9月25日2014年1月15日閲覧。
  15. ^ “NHK経営委員 百田尚樹氏 東京都知事選応援で波紋 持論展開”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年2月4日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/02/04/kiji/K20140204007521230.html 2014年2月5日閲覧。 
  16. ^ a b “百田氏が選挙応援演説 NHK経営委員、持論展開”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月5日). http://www.47news.jp/47topics/e/250047.php 2014年2月8日閲覧。 アーカイブ
  17. ^ 米が百田氏発言を批判共同通信 2014年2月8日
  18. ^ “米、百田尚樹氏発言「非常識」 東京裁判批判に反論”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月8日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020801001646.html 2014年2月9日閲覧。 
  19. ^ “米国務省「不合理」と反論 百田尚樹氏の都知事選演説”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月8日). http://www.asahi.com/articles/ASG2804PRG27UHBI032.html 2014年2月8日閲覧。 
  20. ^ “NHK経営委員発言:騒動収まらず”. 毎日新聞デジタル. (2014年2月6日). オリジナル2014年2月7日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2014-0207-1811-51/mainichi.jp/select/news/20140206k0000m010136000c.html 2014年2月12日閲覧。 
  21. ^ “NHK経営委員は「節度もって」 委員長、異例の見解”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月12日). http://digital.asahi.com/articles/ASG2D5QJKG2DUCVL01M.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG2D5QJKG2DUCVL01M 2014年2月13日閲覧。 
  22. ^ “人間のくず「言い過ぎた」 百田尚樹氏インタビュー”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月20日). http://www.asahi.com/articles/ASG2L6GFWG2LUTIL062.html 2014年5月27日閲覧。 
  23. ^ NHK経営委員の南京大虐殺否定発言を批判 中国外交部報道官 駐日中国大使館2014年2月5日
  24. ^ “米大使館、NHK取材に難色 百田氏の発言理由に”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月14日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021401002679.html 2014年4月7日閲覧。 
  25. ^ 櫻井よしこケネディ駐日米大使はNHK取材を拒否していなかった!」、『週刊ダイヤモンド』2014年3月1日号、2014年4月7日閲覧。
  26. ^ 日米関係はどこへ〜ケネディ駐日大使に聞く〜
  27. ^ 百田氏「沖縄2紙を潰さねば」 「どこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはず」とも - 産経新聞、2015年6月26日
  28. ^ 「『沖縄の地元紙、左翼に乗っ取られている』 自民勉強会」、朝日新聞、2015年6月26日
  29. ^ “百田尚樹氏「発言」の真意 報じられた言葉と報じられなかった言葉”. 産経デジタル. (2015年6月29日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150629/plt1506291534001-n1.htm 2015年10月2日閲覧。 
  30. ^ “[大弦小弦]作家の百田尚樹氏から「悪魔に魂を売った記者」という異名をいただいた・・・”. 沖縄タイムス (沖縄タイムス社). (2017年11月6日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/166154 2018年3月30日閲覧。 
  31. ^ 深笛義也 (2018年1月19日). “百田尚樹「(沖縄・米軍ヘリ機材落下は)全部嘘」、記者に「娘さんは中国人の慰み者」”. ビジネスジャーナル (サイゾー). http://biz-journal.jp/2018/01/post_22047.html 2018年3月30日閲覧。. 
  32. ^ 「やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹氏が描いた『殉愛』」産経新聞、2014年11月21日
  33. ^ 「たかじんさん長女が人権救済申し立て 百田氏発言めぐり」、朝日新聞、2015年1月19日
  34. ^ a b “たかじんさん娘の訴え認める 百田氏「殉愛」出版社、名誉毀損で支払い命令”. 産経新聞. (2016年7月29日). http://www.sankei.com/affairs/news/160729/afr1607290029-n1.html 2016年7月30日閲覧。 
  35. ^ a b “幻冬舎に賠償命令 「殉愛」で名誉毀損認める 東京地裁”. 朝日新聞. (2016年7月29日). http://digital.asahi.com/articles/ASJ7Y517HJ7YUTIL035.html 2016年7月30日閲覧。 
  36. ^ “たかじん氏描いた本で幻冬舎に賠償命令”. NHK. (2016年7月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010614001000.html 2016年7月30日閲覧。 
  37. ^ “百田さん「殉愛」巡り、たかじんさん長女が勝訴”. 読売新聞. (2016年7月29日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20160729-OYT1T50078.html 2016年7月30日閲覧。 
  38. ^ “「殉愛」出版社に賠償命令、名誉毀損など認める”. TBS. (2016年7月29日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2833320.html 2016年7月30日閲覧。 
  39. ^ “「殉愛」で名誉毀損、二審も認める 幻冬舎の賠償を増額”. 朝日新聞. (2017年2月1日). http://www.asahi.com/articles/ASK214FHZK21UTIL012.html 2017年2月1日閲覧。 
  40. ^ “百田尚樹氏書籍、賠償命令確定 やしきさんたかじん長女の名誉毀損”. サンスポ・コム. (2017年12月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171222/tro17122217450010-n1.html 2017年12月22日閲覧。 
  41. ^ 日本テレビ (2012年3月3日). “今夜は小説家SP!誰でも小説家になれると売れっ子作家が太鼓判!”. 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU. 2013年7月20日閲覧。
  42. ^ 堂々上々 道上洋三が行く 第20回 ゲスト 百田尚樹さん”. おはようパーソナリティ道上洋三です (2013年5月20日). 2014年3月21日閲覧。


「百田尚樹」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「百田尚樹」の関連用語

百田尚樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



百田尚樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの百田尚樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS