小池百合子とは?

小池百合子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 05:51 UTC 版)

小池 百合子(こいけ ゆりこ、1952年昭和27年〉7月15日 - )は、日本政治家[4]東京都知事(第20代)。




注釈

  1. ^ 国連発足時からの公用語は、英語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語の5言語であったが、1973年の第30回総会においてアラビア語が追加された。詳細は国際連合参照。
  2. ^ ピラミッドへの登頂は、遺跡の保護と墜落事故防止のため、1983年にエジプト政府により禁止されている。
  3. ^ この時は、テレビ東京専属の「パーソナリティー」(事実上の局アナ業務担当)。
  4. ^ 2007年3月付の公電によれば、小池の前任の久間章生は、仲井真に環境影響評価で協力するよう同意させるためには、50メートルの修正が必要である、とメアに強く述べている[101][103]
  5. ^ 2007年7月の参議院選挙で与党は大敗している。

出典

  1. ^ a b c 防衛省・防衛大臣時の経歴
  2. ^ 時事通信 (2016年7月31日). “「小池氏当選は誇り」=カイロ大関係者が祝福-留学先エジプト【都知事選】”. 2016年7月31日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 『東京都公報』 増刊第68号 東京都選挙管理委員会告示第108号 (PDF)”. 東京都 (2016年8月2日). 2016年8月1日閲覧。
  4. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus コトバンク. 2019年2月22日閲覧。
  5. ^ a b c オフィシャルプロフィール 小池ゆりこオフィシャルサイト
  6. ^ “【都知事選】小池百合子氏が当選 増田氏、鳥越氏ら抑え初の女性都知事に(UPDATE)”. ハフィントン・ポスト. (2016年8月1日). http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/31/yuriko-wins-at-election_n_11284158.html 
  7. ^ a b c "官軍"小池百合子新都知事の勝負勘 野心の原点は父親の会社倒産、街金に追われた過去」、『dot asahi』2016年8月10日。(週刊朝日 2016年8月19日号より抜粋)。
  8. ^ a b KOIKE Yuriko *私の留学体験談* - 1999年4月MYCOM留学タイムズ Archived 2016年7月31日, at the Wayback Machine.
  9. ^ a b c 衆議院議員 小池百合子さん エジプト・カイロへ大学留学中、ピラミッドの頂上でお茶を点てました」、『プレジデント』2008年10月13日号、PRESIDENT Online2015年1月9日閲覧。
  10. ^ https://www.asahi.com/articles/ASL6H5SBXL6HUTIL042.html
  11. ^ 「「カイロ大首席卒業」囁かれた小池知事、現地取材で真相判明」週刊ポスト2017年6月16日号
  12. ^ 1985年4月11日毎日新聞夕刊より。
  13. ^ 『小池式コンセプトノート』P235
  14. ^ a b c 知られざる小池百合子~「東京大改革」新リーダーの次なる一手は?”. テレビ東京 カンブリア宮殿 (2016年9月29日). 2016年11月5日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  16. ^ 鯨岡仁「政権選択『93世代』はいま――対談小池百合子氏前原誠司氏」『朝日新聞』43724号、朝日新聞東京本社2008年1月7日、2面。
  17. ^ “テロ対策特措法:国会の事前承認に否定的…小池防衛相”. 毎日新聞. (2007年8月3日) 
  18. ^ アサヒコム 2007年8月11日配信など
  19. ^ 読売新聞2007年8月10日
  20. ^ “小池防衛相、続投希望せず 情報漏えいで「引責」”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年8月24日). オリジナルの2015年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150109052915/http://www.47news.jp/CN/200708/CN2007082401000781.html 2015年1月9日閲覧。 
  21. ^ “小池百合子氏が町村派を退会 「派閥の時代でない」”. 共同通信. (2009年9月3日). オリジナルの2009年9月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090906235747/http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090301000648.html 2011年2月15日閲覧。 
  22. ^ “【東京都知事選】小池百合子氏が自民都連に推薦依頼取り下げ 増田寛也氏は出馬表明を通知”. 産経新聞. (2016年7月10日). http://www.sankei.com/politics/news/160710/plt1607100066-n1.html 
  23. ^ “小池百合子氏を応援したら「除名対象」!!自民都連が文書で警告 石原伸晃会長らが所属議員を引き締め”. 産経ニュース. (2016年7月13日). http://www.sankei.com/politics/news/160713/plt1607130024-n1.html 
  24. ^ “都知事に小池氏…初の女性、増田・鳥越氏に大差”. 読売新聞. (2016年8月1日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20160731-OYT1T50100.html 
  25. ^ “小池都知事の政治団体「都民ファーストの会」発足”. 報知新聞. (2016年9月21日). http://www.hochi.co.jp/topics/20160921-OHT1T50008.html 
  26. ^ “【東京都議選】地域政党「都民ファーストの会」始動 事実上の"小池新党"旗揚げ 現職と新人の計4人公認”. 産経新聞. (2017年1月23日). http://www.sankei.com/politics/news/170123/plt1701230037-n1.html 
  27. ^ “小池都知事の政治塾開講=2900人参加、新党へ布石も”. 時事通信. (2016年10月30日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016103000020&g=pol [リンク切れ]
  28. ^ 小池知事の代表辞任「選挙のため露骨」「すっきりした」”. 朝日新聞 (2017年7月4日). 2017年10月8日閲覧。
  29. ^ 小池百合子知事、22年ぶり女性副知事に辞令「都庁にガラスの天井はない」”. 産経ニュース (2017年10月14日). 2017年10月27日閲覧。
  30. ^ “22年ぶり女性副知事起用へ、小池知事が人事案提案”. 日本経済新聞. (2017年10月4日). http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO21880580U7A001C1CC1000/ 
  31. ^ “都、副知事1人を回避 人事案同意 安藤氏、3度目の知事代理”. 日本経済新聞. (2016年6月16日). http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO03646070V10C16A6L83000/ 
  32. ^ 小池知事:「希望の党」結成 代表就任「消費増税凍結」”. 毎日新聞 (2017年9月25日). 2017年10月8日閲覧。
  33. ^ “前原氏「希望に合流」表明=民進、常任幹事会で了承【17衆院選】”. jiji.com. (2017年9月28日). https://www.jiji.com/jc/amp?k=2017092800383 
  34. ^ “希望、排除の論理 小池氏「全員受け入れ、さらさらない」 民進、広がる反発”. 毎日新聞. (2017年9月30日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170930/ddm/003/010/105000c 
  35. ^ “衆院選、全議席が確定 自民は284に”. 日本経済新聞. (2017年10月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22592450T21C17A0MM8000/ 
  36. ^ “小池氏 希望の党代表辞任 衆院選不振で引責 後任は玉木氏”. スポニチアネックス. (2017年11月14日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/11/14/kiji/20171114s00042000169000c.html 
  37. ^ “小池百合子都知事が希望の党の特別顧問就任発表”. 産経新聞. (2017年11月21日). http://www.sankei.com/politics/news/171121/plt1711210026-n1.html 
  38. ^ “小池百合子都知事「改革保守路線を継いで頑張って」、新「希望の党」にエール”. 産経新聞. (2018年5月9日). http://www.sankei.com/politics/news/180509/plt1805090038-n1.html 
  39. ^ “国民民主党:「分かれて活動、大変残念」小池都知事”. 毎日新聞. (2018年5月7日). https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/083000c 
  40. ^ 2007年7月21日 毎日新聞 東京朝刊
  41. ^ 小池百合子 日本人がイスラームを正しく知るために
  42. ^ 協会概要』日本リビア友好協会。
  43. ^ a b 日本リビア友好協会の歩み』日本リビア友好協会。
  44. ^ a b c “カダフィ氏「大佐」の理由  執務室には「明治天皇の写真」 (1/2) : J-CASTニュース”. ジェイ・キャスト. (2011年2月22日). http://www.j-cast.com/2011/02/22088721.html 
  45. ^ /status/5883654473 Twitter / 小池百合子: ちなみに、リビアのカダフィ指導者へのお土産はWiiに ... Twitter、2009年11月19日
  46. ^ “リビア反体制トップ、自民小池氏と会談 日本に支援要請”. (2011年8月6日). オリジナルの2011年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110807001147/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110806/mds11080616430001-n1.htm 2011年8月6日閲覧。 
  47. ^ a b “自民党総裁選:小池百合子氏の公約”. ロイター. (2008年9月11日). https://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-33690120080910 2017年9月29日閲覧。 
  48. ^ “小池知事に聞く都議選 勝敗分けた戦略と決断”. BSフジLIVE プライムニュース. (2017年7月3日) 
  49. ^ “保守の立場、「ぶれぬ」小池氏 安保政策や憲法観”. 朝日新聞. (2017年10月1日). http://www.asahi.com/articles/ASK9Z56XZK9ZUTFK00B.html 2017年10月1日閲覧。 
  50. ^ KOIKE Yuriko *臓器移植は条件つき賛成* - 1997年3月24日スポーツニッポン(東日本版)掲載 一筆啓上より
  51. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  52. ^ “2012衆院選 東京10区 小池百合子”. 毎日新聞. (2009年8月30日). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A13010003003 
  53. ^ 第169回国会 3212 青少年健全育成のための有害図書類・有害情報規制に関する法整備を求めることに関する請願
  54. ^ “小池百合子氏のコミケ応援宣言が波紋 本当に「漫画表現」は守られるのか”. J-CASTニュース. (2016年7月18日). http://www.j-cast.com/2016/07/18272776.html 
  55. ^ “無電柱化で成長戦略 ■衆議院議員 小池百合子氏 防災面で高い必要性”. 日刊産業新聞. (2015年11月9日). http://www.japanmetal.com/news-to2015110962482.html 2016年7月23日閲覧。 
  56. ^ “無電柱化:視界良好? …国・自治体始動、世論の後押し期待”. ニュースサイト「毎日新聞」 (毎日新聞社). (2016年2月1日). http://mainichi.jp/articles/20160201/k00/00e/040/175000c 2016年7月23日閲覧。 
  57. ^ “毎日フォーラム・ファイル:無電柱化 推進法案の今国会成立目指す 自民党”. ニュースサイト「毎日新聞」 (毎日新聞社). (2016年3月10日). http://mainichi.jp/articles/20160307/org/00m/010/036000c 2016年7月23日閲覧。 
  58. ^ 東京都子どもを受動喫煙から守る条例”. 2018年6月28日閲覧。
  59. ^ “子供いる家や車内禁煙 都条例施行、罰則はなし”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2018年4月1日). https://www.sankei.com/politics/news/180401/plt1804010003-n1.html 2018年6月28日閲覧。 
  60. ^ “受動喫煙防止「家庭でも禁煙を」 都の条例成立”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年10月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21937200V01C17A0EA2000/ 2018年6月28日閲覧。 
  61. ^ “子どもを受動喫煙から守る条例、都議会で成立へ”. 読売新聞 (読売新聞社). (2017年10月5日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO001599/20171004-OYT1T50027.html 2018年6月28日閲覧。 
  62. ^ “東京都の受動喫煙防止条例、賛成多数で可決”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年6月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3229152027062018000000/ 2018年6月28日閲覧。 
  63. ^ “東京都、「屋内禁煙」条例案提出先送りへ 小池知事「国との整合必要」”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2018年1月30日). https://www.sankei.com/smp/life/news/180130/lif1801300049-s1.html?pdm_ref=rna 2018年6月28日閲覧。 
  64. ^ “受動喫煙対策、国より厳しく 小池色アピール 都条例骨子案”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2018年4月20日). https://www.sankei.com/politics/news/180420/plt1804200033-n1.html 2018年6月28日閲覧。 
  65. ^ “8割超の飲食店が禁煙へ…都の喫煙防止条例成立”. 読売新聞 (読売新聞社). (2018年6月27日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20180627-OYT1T50087.html 2018年6月28日閲覧。 
  66. ^ “飲食店業界「一律な規制は廃業を生む」 東京都の受動喫煙防止条例骨子案を批判 小池知事に署名提出”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2018年4月24日). https://www.sankei.com/life/news/180424/lif1804240031-n1.html 2018年6月28日閲覧。 
  67. ^ “都受動喫煙条例「分権に反する」 杉並区長”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年11月15日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO23470310U7A111C1L83000/ 2018年6月28日閲覧。 
  68. ^ “受動喫煙防止条例案 自民党と共産党が修正案提出へ”. テレ朝news (テレビ朝日). (2018年6月23日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000130214.html 2018年6月28日閲覧。 
  69. ^ “東京都議会厚生委で可決”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年6月25日). https://mainichi.jp/articles/20180626/k00/00m/040/021000c 2018年6月28日閲覧。 
  70. ^ “受動喫煙防止条例が成立=飲食店の対策強化-五輪へ国より厳格化・都議会”. 時事通信 (時事通信社). (2018年6月27日). http://sp.m.jiji.com/pickup/article/id/2037192 2018年6月28日閲覧。 
  71. ^ “従業員雇う飲食店は原則禁煙、国より厳しい都条例が成立”. TBS NEWS (TBSテレビ). (2018年6月27日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3407368.html 2018年6月28日閲覧。 
  72. ^ 日刊ゲンダイ2008年12月12日紙面より)
  73. ^ a b c “【政界徒然草】「政界渡り鳥」の異名持つ小池百合子元防衛相にとって東京都政は新天地となるのか? (1/5)”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年7月11日). http://www.sankei.com/politics/news/160709/plt1607090004-n1.html 2016年7月21日閲覧。 
  74. ^ a b c “【政界徒然草】「政界渡り鳥」の異名持つ小池百合子元防衛相にとって東京都政は新天地となるのか? (2/5)”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年7月11日). http://www.sankei.com/politics/news/160709/plt1607090004-n2.html 2016年7月21日閲覧。 
  75. ^ 小池百合子「小沢一郎と小泉純一郎を斬る」 『文藝春秋』2008年1月号、p131
  76. ^ “小池百合子の乱勢い「韓国人学校 都の土地提供、貸し出しはまあ撤回ですね”. 産経ニュース. (2016年7月7日). http://www.sankei.com/premium/news/160706/prm1607060006-n3.html 
  77. ^ 大下英治『小池百合子の華麗なる挑戦』川出書房新社、2008年、p169
  78. ^ KOIKE Yuriko *手記 小池ゆりこ「子宮全摘出」の記録* - 週刊宝石7月16日号より
  79. ^ "小池百合子ホームページ*
  80. ^ 大下『小池百合子の華麗なる挑戦』p289~291
  81. ^ “「女の直感で『よろしくない』と思った」 小池元防衛相”. 朝日新聞デジタル. (2007年11月29日). http://www.asahi.com/special/071029/JJT200711290007.html 2016年7月16日閲覧。 
  82. ^ a b “小池百合子氏が「臥薪嘗胆ヘア」ばっさり”. 日刊スポーツ. (2012年12月20日). http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20121220-1061984.html 2016年7月19日閲覧。 
  83. ^ a b “内閣入り内定!? 小池百合子が断髪式でショートカット復活”. ニコSPA!政策論壇. (2012年12月20日). http://ch.nicovideo.jp/nicospa/blomaga/ar24001 2016年6月30日閲覧。 
  84. ^ 政権奪還!いよいよ断髪。 - コラム・寄稿 - 小池ゆりこ オフィシャルサイト” (2012年12月12日). 2016年7月21日閲覧。
  85. ^ "藤吉雅春『小池百合子研究』週刊文春 2005年10月20日号
  86. ^ 『小池百合子 封印の二十一歳』光文社 FLASH 通巻1020号
  87. ^ ““アンチG民”鳥越俊太郎氏、小池百合子氏と仲良く虎トークしていた”. デイリースポーツ. (2016年7月13日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/13/0009279985.shtml 
  88. ^ “小池百合子氏に池上彰氏が「なんで嫌われているのですか」と質問、その答えは?【都知事選】”. The Huffington Post. (2016年7月31日). http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/31/ikegami-vs-yuriko_n_11284602.html 2016年10月28日閲覧。 
  89. ^ “小池百合子氏「私は自民ではなく都連の一部と戦っている」”. 日刊ゲンダイ. (2016年7月27日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186422/4 
  90. ^ “吉田沙保里、「話題の人物」に 小池都知事は「トップリーダー賞」受賞”. ORICON STYLE. (2016年11月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2081460/full/ 2016年11月15日閲覧。 
  91. ^ “高畑充希、飛躍の一年を回顧「台風の目にいるような感じ」”. ORICON STYLE. (2016年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2081875/full/ 2016年11月24日閲覧。 
  92. ^ “小池知事2度目ベストドレッサー賞「あまり体形が変わってない」”. スポニチアネックス. (2016年12月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/01/kiji/K20161201013823560.html 2016年12月1日閲覧。 
  93. ^ “The 100 Most Influential People”. TIME. (2017-04-20). http://time.com/collection/2017-time-100/4742712/yuriko-koike/. 
  94. ^ a b “政党支部、収支ピタリ一致の「怪」 「帳尻合わせない」”. 朝日新聞. (2007年11月26日). オリジナルの2007年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071128075525/http://www.asahi.com/politics/update/1126/TKY200711260173.html 2016年7月21日閲覧。 
  95. ^ a b c “【東京都知事選】小池百合子氏代表の支部事務所が支援者ビルに格安入居 政治資金規正法抵触も”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年7月4日). http://www.sankei.com/affairs/news/160704/afr1607040005-n1.html 2016年7月21日閲覧。 
  96. ^ “【東京都知事選】小池百合子氏側が反論「報道に違和感」 支援者ビル格安入居問題”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年7月4日). http://www.sankei.com/affairs/news/160704/afr1607040029-n1.html 2016年7月21日閲覧。 
  97. ^ a b c 「それでも時代は、小沢総理を求めるのか」『中央公論』2008年10月号、p67
  98. ^ a b 「小沢一郎と小泉純一郎を斬る」文藝春秋』2008年1月号、p129 Archived 2016年8月3日, at the Wayback Machine.
  99. ^ 小池百合子、大下英治「小泉純一郎と小沢一郎 『勝負所』を知り尽くした2人の男について」『週刊ポスト』2012年8月31日号、p41、43
  100. ^ 「『小沢教』信者・脱会者14人が告白 実録 惚れた瞬間切れた瞬間」『週刊朝日』2012年7月27日号、p24
  101. ^ a b “沖縄知事に「空手形」”. 朝日新聞. (2011年5月4日) 
  102. ^ 07TOKYO5134_a”. ウィキリークス (2007年11月7日). 2016年7月21日閲覧。
  103. ^ 07NAHA47_a”. ウィキリークス (2007年3月12日). 2016年7月21日閲覧。
  104. ^ “登場の政治家ら相次ぎ「ノーコメント」”. 朝日新聞. (2011年5月4日) 
  105. ^ “「戦っている相手は沖縄のメディア」小池元防衛相”. 朝日新聞. (2013年3月26日). オリジナルの2013年3月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130326184327/http://www.asahi.com/politics/update/0326/TKY201303260369.html 
  106. ^ 水俣病問題に係る懇談会[どこ?]
  107. ^ “小池首相補佐官、厚労相の「産む機械」発言に不快感”. 朝日新聞. (2007年2月4日). オリジナルの2007年2月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070206021234/http://www.asahi.com/politics/update/0204/005.html 2016年7月22日閲覧。 
  108. ^ 衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 2000年11月22日議事録(2005年4月20日時点のアーカイブ
  109. ^ “【政界徒然草】都知事選で小池百合子流のけんか殺法はどこまで通用するのか? 鳥越俊太郎氏の出馬でやや計算に狂いが… (2/4ページ)”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年7月18日). http://www.sankei.com/premium/news/160716/prm1607160018-n2.html 2017年4月12日閲覧。 
  110. ^ 小池防衛相:「神戸の港湾組合、震災支援を阻害」発言(毎日インタラクティブ 記事はサイトリニューアルにより消滅)
  111. ^ “小池百合子氏、在特会の関連団体での講演を指摘され「よく存じておりません」”. The Huffington Post. (2016年7月8日). http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/08/koike-yuriko-conference_n_10879790.html 
  112. ^ “小池百合子都知事独占インタビュー(2)待機児童数の多い東京都で「保育士不足」が顕著。医療的ケア児を育てる家庭への対策は?”. 日経DUAL. (2016年11月7日). オリジナルの2016年11月8日時点によるアーカイブ。. http://gyo.tc/1D1iD 2016年11月8日閲覧。 
  113. ^ “小池百合子氏 自民党選挙カーに「ご苦労様」”. デイリースポーツ. (2016年7月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/24/0009316977.shtml?ph=1 
  114. ^ 小池知事「知事の部屋」/記者会見(平成29年8月10日)
  115. ^ “小池知事の「人工知能、つまり私」発言にネット困惑”. 産経ニュース. (2017年8月15日). http://www.sankei.com/politics/news/170815/plt1708150045-n1.html 
  116. ^ 中央アジア・コーカサス研究所 | NPO法人ポータルサイト - 内閣府
  117. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  118. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  119. ^ 会長の変更について 日本ウェイトリフティング協会
  120. ^ 都道府県銃剣道連盟事務局一覧表(平成28年7月1日現在) (PDF)
  121. ^ 週刊朝日』2016年6月24日18ページ「参院選後の改憲目指す 日本会議と安倍首相 日本の右傾化進める"陰の組織"」
  122. ^ Sasagase Yuji, Hayashi Keita and Sato Kei Japan’s Largest Rightwing Organization: An Introduction to Nippon Kaigi | The Asia-Pacific Journal: Japan Focus December 14, 2015 Volume 13 | Issue 48 | Number 5
  123. ^ “外国人労働者と労働者不足に悩む国同士はWin-Winの関係”. NEWSポストセブン. (2014-06-05). http://www.news-postseven.com/archives/20140605_255525.html. 
  124. ^ a b c d 自由民主党 役員表 政務調査会(部会・調査会・特別委員会等)
  125. ^ 党内活動無電柱化推進法案を了承国土交通部会・ITS推進・道路調査会合同会議 平成26年10月28日 自民党
  126. ^ a b プロフィール | 小池ゆりこ オフィシャルサイト
  127. ^ 自民党どうぶつ愛護議員連盟総会”. 三原じゅん子オフィシャルブログ (2015年7月1日). 2016年8月2日閲覧。
  128. ^ 「北朝鮮による拉致被害者救出のための国民大集会in岩手」を開催しました。 拉致問題対策本部 2008年
  129. ^ 国際連帯税議連、菅官房長官に27年度税制要請書提出 2014.10.15
  130. ^ 馬英九総統が小池百合子・衆議院議員と会見 - 発信日時:2011/1/12(2016年7月24日時点のアーカイブ
  131. ^ 小池百合子衆議院議員がレジオン・ドヌール勲章を受章 在日フランス大使館 最終更新日 10/02/2016
  132. ^ シリア難民支援議員連盟 | Facebook
  133. ^ お知らせ(【トルコ関連イベント情報(他団体)】トルコ避難中のシリア難民のための学校整備プロジェクトのご案内)”. 日本トルコ文化交流会. 2016年8月4日閲覧。
  134. ^ “仏ルノー社外取締役に自民の小池百合子氏”. 日本経済新聞. (2013年4月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD170NX_X10C13A4TJ2000 
  135. ^ “小池氏、女性初の会長=重量挙げ協会”. 時事ドットコム. (2013年6月15日). オリジナルの2013年6月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130625131929/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061500269 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小池百合子」の関連用語

小池百合子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小池百合子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小池百合子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS