カダフィ大佐とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > カダフィ大佐の意味・解説 

カダフィ大佐

読み方:カダフィたいさ
別名:カダフィガダフィガダフィ大佐カッザーフィームアンマル・アル=カッザーフィーカダフィ・ムアンマル・ムハンマド・アブミンヤール
英語:QadhafiGaddafiMuammar Gaddafi

リビアの政治家。いわゆるカダフィ政権」の元首として、1969年政権掌握して以来2011年8月まで40年以上にわたって国家の最高指導者であった。

リビア直接民主制標榜しているため、公的肩書きは持たない形となっていたが、事実上カダフィ大佐がリビア国家元首と見なされている。なお、カダフィ大佐がなぜ「大佐」の称号呼ばれるか、その由来諸説あって定かでない日本では報道機関も含め「カダフィ大佐」の呼び名定着している。

2011年2月リビアではいわゆるアラブの春」の流れから反カダフィ派による政権打倒機運が強まり、リビア国民評議会中心とする大規模抗争勃発した。2011年8月リビア首都トリポリサブハバニワリードシルトなどが相次いで制圧され、カダフィ政権事実上崩壊した。

政権崩壊後、カダフィ大佐の行方は分らなくなっていたが、2011年10月20日リビア国民評議会がカダフィ大佐の発見、およびその死亡確認発表した。遺体25日まで民衆前に晒された。

ムアンマル・アル=カッザーフィー

(カダフィ大佐 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 05:10 UTC 版)

ムアンマル・アル=カッザーフィーアラビア語: معمر أبو منيار القذافي‎, muʿammar ʾabū minyār al-qaḏḏāfī, 1942年6月7日[1] - 2011年10月20日)は、リビア軍人革命家政治家で、大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の最高指導者。称号は「リビア最高指導者および革命指導者」(زعيم وقائد الثورة في ليبيا, zaʿīm wa-qāʾid al-ṯawrah fī lībiyā, ザイーム・ワ=カーイド・ッ=サウラ・フィー・リービヤー)、「敬愛なる指導者」(الأخ القائد, al-aḫ al-qāʾid, アル=アフ・ル=カーイド)[2]1969年のリビア革命によって政権を獲得後、2011年に至るまで長期にわたり独裁政権を維持したが、2011年リビア内戦によって政権は崩壊、自身も反カッザーフィー派部隊によって殺害された[3]




  1. ^ 6月19日生まれ説もある。かつては9月生まれ説もあった。
  2. ^ 公式サイト(#外部リンク参照)より。
  3. ^ カダフィ大佐が死亡=リビア国民評議会発表 時事通信
  4. ^ 井上ひさしの『ニホン語日記』によれば1969年の革命でにわかに政権指導者になったとき、欧米メディアの「カダフィ」のローマ字表記は7つから8つあったという。冠詞の "al" をつけるか否かやイニシャルだけで G, Q, K などが使用される(リビア方言en)では正則アラビア語の q の文字は g, k, kh と3通りに発音される可能性がある)ためで、実際に日本以外の主要メディアにおける表記は40種前後もあり、さらに個人名ムアンマルの表記のヴァリエーションも含めれば更に総数は増える。詳しくは本項目英語版該当記事(en)参照。
  5. ^ 参考リンク:Gaddafi? Qaddafi? Kaddafi? Let's call the whole things off! - newsling
  6. ^ 2011年(平成23年)3月8日外務省告示第75号「国際連合安全保障理事会決議に基づく資産凍結等の措置の対象となるリビアのカダフィ革命指導者及びその関係者を指定する件」
  7. ^ もっとも、小国や軍の規模の小さい国(欧州の公国、アフリカ諸国など)では、軍の常設の最高位が大佐である場合もある。これは近代以前の軍隊では連隊が平時の編成上の最大単位であり、連隊長を務める大佐が実質的に軍の最高位であったことも関係している。英語版 Colonel の該当項目も参照のこと。
  8. ^ 大佐昇進以前のカッザーフィーの階級を大尉: captain)と解説する例もあるが、これは誤りである。またアブー=バクル・ユーニス・ジャーベルも少将: major general)と誤記されることがある。
    参考リンク:Libyan Army - UNIFORM INSIGNIA
  9. ^ “カダフィ大佐 なぜ大佐?”. 読売新聞. (2009年7月10日). オリジナルの2007年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071026023506/http://osaka.yomiuri.co.jp/mono/mo71023b.htm 
  10. ^ 2009年9月の朝日新聞「特派員コラム」
  11. ^ Soumiea Abushagur (2011). The Art of Uprising: The Libyan Revolution in Graffiti. Lulu.com. p. 18. ISBN 9781105155352.
  12. ^ Christopher H. Dalton; Richard A. Lobban Jr. (2014). Libya: History and Revolution (illustrated ed.). ABC-CLIO. p. 129. ISBN 978-1440828850.
  13. ^ 日本国外務省ホームページの表記による[1]。2004年以前は「社会主義人民リビア・アラブ国」という表記を採用していた。
  14. ^ The Risk Report Volume 1 Number 10 (December 1995) Page 1, 3-4. "Libya Has Trouble Building the Most Deadly Weapons". The Risk Report Volume 1 Number 10 (December 1995) Page 1, 3-4. Wisconsin Project reports.
  15. ^ “Libyan Arms Designs Traced Back to China”. ワシントン・ポスト. (2004年2月15日). https://www.washingtonpost.com/archive/politics/2004/02/15/libyan-arms-designs-traced-back-to-china/2aacac24-4d49-4198-9aa0-7d68962fd8c2/?utm_term=.cdacdb2097a5 2019年6月27日閲覧。 
  16. ^ 毎日新聞2008年11月01日
  17. ^ “ブッシュ米大統領、カダフィ大佐と初めて電話会談 有力後継者、訪米へ”. 産経新聞. (2008年11月18日)
  18. ^ “ラクイラ・サミット:固めの握手 カダフィ大佐と米大統領”. 毎日新聞. (2009年7月10日). オリジナルの2009年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090715070814/http://www.mainichi.jp/select/world/news/20090710dde007030014000c.html 2009年7月10日閲覧。 
  19. ^ “リビア革命40周年式典 西側首脳は欠席”. 日テレNEWS24. (2009年9月2日). http://www.news24.jp/articles/2009/09/02/10142993.html 2010年1月10日閲覧。 
  20. ^ “リビアで革命40周年記念式典、西側首脳は欠席”. ロイター. (2009年9月2日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-11305020090902 2010年1月10日閲覧。 
  21. ^ “カダフィ氏、国連総会で大荒れ…憲章投げ捨てる”. (2009年9月24日). オリジナルの2009年9月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090926152518/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090924-OYT1T00131.htm 2009年9月24日閲覧。 
  22. ^ “リビア暫定首相「民主国家を建設」…国連で演説”. 読売新聞. (2011年9月25日). オリジナルの2012年1月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120117230431/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110925-OYT1T00521.htm 2011年9月25日閲覧。 
  23. ^ “カダフィ大佐らに逮捕状=デモ弾圧、市民殺害の疑い―国際刑事裁”. 時事通信. (2011年6月27日) 2011年6月29日閲覧。
  24. ^ カダフィ大佐を国際手配 ICPO、身柄拘束要請  :日本経済新聞(2011年9月9日)2015年5月23日閲覧。
  25. ^ ICC検察官、カダフィ大佐の国際手配強化をICPOに要請 | Reuters(2011年9月9日)2015年5月23日閲覧。
  26. ^ カダフィ大佐が死亡=リビア国民評議会発表 時事通信
  27. ^ U.S. Drone Involved in Final Qaddafi Strike, as Obama Heralds Regime's 'End'”. FOXニュース (2011年10月20日). 2019年7月3日閲覧。
  28. ^ カダフィは誰に殺された? 暗殺再現アニメ”. GIZMODO (2011年10月21日). 2019年7月3日閲覧。
  29. ^ a b リビア:カダフィ大佐死亡 NATO、作戦終了へ 「貢献格差」明らか 毎日新聞 2011年10月22日閲覧
  30. ^ 【カダフィ大佐死亡】 国民評議会副議長が確認 リビア全土解放を宣言へ 産経新聞 2011年10月21日閲覧
  31. ^ リビア:カダフィ大佐 故郷のシルトで最後を迎える 毎日新聞、2011年10月21日
  32. ^ a b “「大佐は銃撃戦で死亡」反カダフィ派が表明映像と食い違い、議論も”. 日本経済新聞夕刊3版: p. 3. (2011年10月21日) 
  33. ^ a b “カダフィ大佐拘束後、銃撃戦で死亡か「連行中、殺害」情報も”. 中日新聞夕刊D版: p. 1. (2011年10月21日) 
  34. ^ 再送:カダフィ大佐の死因は調査必要、「即時処刑は違法」=国連 ロイター通信
  35. ^ 国連、カダフィ大佐の死因解明を要請 CNN
  36. ^ カダフィ大佐死亡:移送途中に銃殺の可能性強まる 毎日新聞
  37. ^ a b 「カダフィを射殺」と名乗り=街頭で遭遇、2発撃ち込む-兵士 時事通信
  38. ^ カダフィ氏は少年が殺害 金色の銃でと英紙報道 47news
  39. ^ カダフィ大佐の遺体、事実上公開 店の冷蔵室に 日本経済新聞 2011年10月22日閲覧
  40. ^ カダフィ大佐の遺体公開=遺族は故郷埋葬を要求-リビア 時事通信
  41. ^ リビア:カダフィ大佐遺体を埋葬 砂漠の秘密の場所 毎日新聞
  42. ^ Harris, Lillian Craig (1986). Libya: Qadhafi's Revolution and the Modern State. Boulder, Colorado: Westview Press. ISBN 0-8133-0075-4, pp. 98–99
  43. ^ Kawczynski, Daniel (2011). Seeking Gaddafi: Libya, the West and the Arab Spring. Biteback. ISBN 978-1-84954-148-0, p. 115
  44. ^ Bruce St. John, Ronald (2012). Libya: From Colony to Revolution (revised edition). Oxford: Oneworld. ISBN 978-1-85168-919-4, pp. 210–211.
  45. ^ “サルコジ仏元大統領、汚職疑惑で訴追 リビア大佐から選挙資金調達か”. AFPBBNews (フランス通信社). (2018年3月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/3168271 2018年3月24日閲覧。 
  46. ^ “カダフィ・ガールズ 写真特集”. 時事通信. (2011年4月10日). http://www.jiji.com/jc/d4?p=qag100&d=d4_mili&j4 2011年6月29日閲覧。 
  47. ^ “Qaddafi's Most Bizarre Moments in a Bizarre Speech”. The Atlantic. (2011年2月22日). https://www.theatlantic.com/international/archive/2011/02/qaddafi-s-most-bizarre-moments-in-a-bizarre-speech/342161/ 2018年1月30日閲覧。 
  48. ^ a b “中国、カダフィ大佐の「天安門」発言に困惑”. 日本経済新聞. (2011年2月24日) 
  49. ^ “【リビア騒乱】腹心の公安相が辞任し反乱を呼びかけ 内戦の様相”. 産経新聞. (2011年2月23日). オリジナルの2011年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110224200557/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110223/mds11022308570011-n1.htm 2011年6月29日閲覧。 
  50. ^ “中国鉄建、リビアで受注した3件の鉄道工事、全面停止”. The Atlantic. (2011年3月8日). https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110308/Searchina_20110308037.html 2018年8月26日閲覧。 
  51. ^ “<中華経済>中国鉄建がリビアの幹線鉄道建設受注”. Record China. (2008年2月18日). https://www.recordchina.co.jp/b15778-s0-c20-d0000.html 2018年8月28日閲覧。 
  52. ^ “海洋安全保障雑感~米国東海岸便り(No.7)”. 海上自衛隊幹部学校 (海上自衛隊幹部学校). (2017年11月28日). https://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-095.html 2019年4月21日閲覧。 
  53. ^ “カダフィ政権への中国の武器売却疑惑、リビア暫定政府が調査”. AFP. (2011年9月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/2824880 2016年1月5日閲覧。 
  54. ^ a b 小学館 NEWSポストセブン 2011.05.23 07:00 - カダフィ氏「回転ベッド」愛用し、階段を35段以上上れない
  55. ^ カダフィの息子が役員に 伊の強豪ユベントス - 47NEWS 2002/08/27
  56. ^ とあるリビア人選手のサッカー人生 - Qoly
  57. ^ リビア 租税回避地使い核取引 130億円送金 毎日新聞 2016年5月23日
  58. ^ a b c d e f g h The Gaddafi family – its key members”. ガーディアン (2011年8月30日). 2011年10月29日閲覧。
  59. ^ “カダフィ大佐の次男拘束、正式な確認はなかった=IOC”. ロイター (ロイター). (2011年8月23日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-22830220110823 2011年8月23日閲覧。 
  60. ^ “カダフィ氏次男のセイフ・イスラム氏を拘束”. 読売新聞. (2011年11月19日). オリジナルの2012年1月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120117230404/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111119-OYT1T00799.htm 2011年11月19日閲覧。 
  61. ^ “カダフィ大佐の息子、恩赦で釈放 リビア”. CNN.co.jp. CNN. (2017年6月12日). https://www.cnn.co.jp/world/35102575.html 2018年11月8日閲覧。 
  62. ^ “Gaddafi's son Saif 'to run for Libyan president' in 2018 elections”. デイリー・テレグラフ. (2018年3月20日). https://www.telegraph.co.uk/news/2018/03/20/gaddafis-son-saif-run-libyan-president-2018-elections/ 2018年11月8日閲覧。 
  63. ^ “リビア「国民会議」を延期=戦闘激化、政治解決困難に”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2019年4月10日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041000249&g=int 2020年2月17日閲覧。 
  64. ^ a b “カダフィ一族まで海外逃亡の動き 長女、五男の妻が脱出図り、拒否”. 産経新聞. (2011年2月24日). オリジナルの2011年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110225103038/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110224/mds11022408170007-n1.htm 2011年2月26日閲覧。 
  65. ^ Libya: the battle for control of Sirte”. デイリー・テレグラフ (2011年8月25日). 2011年10月29日閲覧。
  66. ^ カダフィ大佐四男も処刑か=拘束後の生存映像-シリアTV(時事通信社2011年10月24日)2011年10月30日閲覧
  67. ^ “カダフィ大佐娘の親善大使解任 国連開発計画”. 朝日新聞. (2011年2月24日). http://www.asahi.com/international/update/0224/TKY201102240502.html 2011年6月29日閲覧。 


「ムアンマル・アル=カッザーフィー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カダフィ大佐」の関連用語

カダフィ大佐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カダフィ大佐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムアンマル・アル=カッザーフィー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS