樹木希林とは?

樹木希林

以下の映画樹木希林関連しています。
東北新社クリエイツ/ティー・オー・ピー
角川大映映画=シネボイス
東映アストロフィルム
 


樹木希林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/01 17:19 UTC 版)

樹木 希林(きき きりん、1943年〈昭和18年〉1月15日[2][1] - 2018年〈平成30年〉9月15日[3])は、日本女優。戸籍名、内田 啓子[1]、旧姓:中谷[1]。また、旧芸名は悠木 千帆ゆうき ちほ初代)[1]東京府東京市神田区出身[1][4]




  1. ^ a b c d e f g h i j k 樹木希林”. KINENOTE. 2016年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.62.
  3. ^ “俳優 樹木希林さん 死去 個性豊かな演技で高い評価”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2018年9月16日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180916/k10011632631000.html 2018年9月16日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f “おんなのしんぶん・別所哲也:樹木希林との本音トークを全文掲載”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年10月31日). オリジナルの2015年12月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151211125834/https://mainichi.jp/articles/20141031/mog/00m/040/010000c 2018年1月14日閲覧。 
  5. ^ a b c “樹木希林、「別居50年」の内田裕也と離婚しない理由は…”. スポーツ報知. (2017年5月21日). オリジナルの2017年6月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/Pv4yi 2017年6月5日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 斎藤明美「これがはじまり 最終回 樹木希林 『行きがかり上、役者になって、自分にはずっと合っていないなと思いつつ.....。』」『キネマ旬報』2008年12月下旬号、キネマ旬報社、 152-155頁。
  7. ^ 松井清人『オカン、おふくろ、お母さん』 文藝春秋、2006年、71-73頁
  8. ^ 浜美雪『笑いの女神たち』[要ページ番号]白夜書房
  9. ^ 樹木希林さん、貫いた“独特”夫婦45年 仕事選びの基準は「順番とギャラ」 スポーツ報知 2018年9月17日
  10. ^ a b c 朝日新聞 2018年5月21日朝刊 文化・文芸欄「語る 人生の贈りもの 樹木希林:10『芸名は「ちゃちゃちゃりん」?』」
  11. ^ 樹木希林 「…鑑定団」司会に立候補!?理由は「セリフ覚えなくていい」原田監督と樹木希林の不思議な関係が見えた、映画『わが母の記』トークイベント宮崎あおい「色気を感じる」と役所広司を絶賛するも、樹木希林は「全然」とバッサリ【読者のみなさまへ】女優・樹木希林ロングインタビュー掲載 「SWITCH」のご紹介
  12. ^ a b c d e f 樹木希林 (2015年10月4日). スペシャル・インタビュー 樹木希林さん. (インタビュー). TORJA.. http://torja.ca/interview/kiki-kirin/ 2016年6月11日閲覧。 
  13. ^ このドラマで樹木は森繁の影響を強く受けたらしく、後に森繁は樹木の演技を見て「あれは俺の演技だ」と語ったという。森繁久弥『大遺言書』[要ページ番号]より。
  14. ^ 「広告夫婦がゆく!! 今月のゲスト・樹木希林さん」『広告批評』2008年6-7月号、マドラ出版、 54-55頁。
  15. ^ 金澤誠「2008年キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞 樹木希林 『歩いても 歩いても』により」『キネマ旬報』2009年2月下旬号、キネマ旬報社、 48頁。
  16. ^ プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(1/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  17. ^ a b 樹木希林が旧芸名「悠木千帆」をオークション企画で売却した過去を告白”. トピックニュース (2016年7月18日). 2018年9月23日閲覧。
  18. ^ a b プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(2/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  19. ^ a b プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(3/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  20. ^ (cache)【プレイバック芸能スキャンダル史】樹木希林に不倫を暴露された久世光彦”. 日刊ゲンダイウェブ魚拓によるキャッシュ) (2013年3月6日). 2013年11月9日閲覧。
  21. ^ a b c “樹木希林、「左目失明」で見せた女優魂”. SANSPO.COM. (2004年1月30日). オリジナルの2005年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050302233433/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200401/gt2004013002.html 2016年9月10日閲覧。 
  22. ^ “樹木希林 夫・内田裕也の存在に感謝「破天荒さは私のほうが…」”. Sponichi Annex. (2016年5月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/19/kiji/K20160519012616050.html 2016年9月10日閲覧。 
  23. ^ a b “樹木希林告白、内田裕也が寝ているとき「刺そうと…」 黒柳徹子特番で奇跡の夫婦初共演”. 産経ニュース. (2016年7月13日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160713/ent1607130005-n1.html 2016年9月10日閲覧。 
  24. ^ a b 樹木希林 (2009年2月20日). 【ゆうゆうLife】向き合って 女優・樹木希林さん(66)(下)(1/3ページ). インタビュアー:竹中文. 産経ニュース.. オリジナルの2009-02-23時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090223112621/http://sankei.jp.msn.com/life/body/090220/bdy0902200808000-n1.htm 2016年5月15日閲覧。 
  25. ^ 樹木希林 (2009年2月20日). 【ゆうゆうLife】向き合って 女優・樹木希林さん(66)(下)(2/3ページ). インタビュアー:竹中文. 産経ニュース.. オリジナルの2009-02-23時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090223113647/http://sankei.jp.msn.com/life/body/090220/bdy0902200808000-n2.htm 2016年5月15日閲覧。 
  26. ^ 1986年4月25日死去。
  27. ^ a b “ピップも樹木希林さん追悼 17年間CM出演「感謝」100周年式典も笑いの渦「ユーモアあふれるお人柄」”. Sponichi Annex. (2018年9月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/18/kiji/20180918s00041000256000c.html 2018年9月30日閲覧。 
  28. ^ a b c d “富士フイルム 樹木希林さん追悼 40年CM出演「感謝」今年の“お正月を写そう”撮影時「無事に1年を」”. Sponichi Annwx. (2018年9月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/18/kiji/20180918s00041000154000c.html 2018年9月30日閲覧。 
  29. ^ a b 特別公開:樹木希林さん出演TVCM”. 富士フィルム (2018年). 2018年9月30日閲覧。
  30. ^ “左目失明の樹木希林が会見”. 日刊スポーツ. (2004年1月29日). オリジナルの2004年2月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040207114754/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-040129-0024.html 2016年1月13日閲覧。 
  31. ^ “内田、希林に「死ぬとき俺連れて行くな」”. 日刊スポーツ. (2013年3月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130312-1096692.html 
  32. ^ “樹木希林:1年半ぶりがん治療「昨日で終了」 穏やかな笑顔見せる”. まんたんウェブ. (2014年1月16日). http://mantan-web.jp/2014/01/16/20140116dog00m200021000c.html 2016年1月13日閲覧。 
  33. ^ a b “『ザ・ノンフィクション』TV史上初・内田裕也に密着、語りは樹木希林”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ. (2018年7月26日). https://news.mynavi.jp/article/20180727-670510/ 2018年9月16日閲覧。 
  34. ^ “樹木希林が大腿骨骨折、NHK生放送番組に電話出演 - 芸能:日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808160000781.html 2018年8月17日閲覧。 
  35. ^ “樹木希林さんが死去 5年前に全身のがん告白”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年9月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809160000713.html 2018年9月16日閲覧。 
  36. ^ 浅田美代子、樹木希林さんは「母であり、姉であり、親友」「気丈で立派だった」スポーツ報知、2018年9月18日
  37. ^ a b “樹木希林さん、遺作は来年公開映画「エリカ38」 自ら企画、主演は浅田美代子”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年9月17日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180917-OHT1T50031.html 2018年9月17日閲覧。 
  38. ^ 樹木希林さん葬儀営まれる 「2度母を失った」是枝裕和監督がメッセージ 本木雅弘さん「遠くを見つめるように亡くなった」産経ニュース、2018年9月30日
  39. ^ 樹木希林写真展がFUJIFILM SQUAREで開催 デビュー当時からの活躍を、写真と動画で振り返る”. SPICE. イープラス (2018年11月8日). 2018年12月9日閲覧。
  40. ^ 内田也哉子、UTAも来場! レスリー・キー撮影特別展示『愛・樹木希林』。 妻夫木 聡、斎藤 工、松坂桃李らによる追悼映像も”. エンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年11月21日). 2018年12月9日閲覧。
  41. ^ 内田裕也さん逝く 79歳 希林さんの死から半年 もう聞けない“ロケンロール"― スポニチ Sponichi Annex 芸能」『スポーツニッポンスポーツニッポン新聞社accessdate=、2019年3月18日。
  42. ^ “樹木希林さん追悼でカンテレがドラマ「鬼ユリ校長、走る!」を10月2日深夜に放送”. スポーツ報知. (2018年9月1日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180927-OHT1T50218.html 2018年9月30日閲覧。 
  43. ^ 樹木希林、認知症の役は「やりたがる役者がいないので私に回ってくる(笑)」”. cinemacafe.net (2012年4月18日). 2016年9月10日閲覧。
  44. ^ “樹木希林、人生初のお伊勢参りが映画に”. シネマトゥデイ. (2014年8月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0060686 2014年12月11日閲覧。 
  45. ^ “樹木希林、河瀬直美新作で主演「死ぬ死ぬ詐欺みたいね」”. シネマトゥデイ. (2014年12月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068910 2014年12月11日閲覧。 
  46. ^ “阿部寛、今度は夢追う“ダメ中年”!? 樹木希林と親子役…是枝監督最新作『海よりもまだ深く』”. シネマカフェ. (2015年12月25日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/25/36667.html 2015年12月25日閲覧。 
  47. ^ “樹木希林がナレーション担当、建築家・津端修一とその妻の暮らし追った記録映画が公開”. 映画ナタリー. (2016年10月17日). http://natalie.mu/eiga/news/205620 2016年10月18日閲覧。 
  48. ^ 樹木希林のギャラはタダ!?「もう困った時の樹木希林というのはナシ」”. MovieWalker (2017年5月27日). 2017年6月5日閲覧。
  49. ^ 小山美咲 (2017年10月10日). “山崎努&樹木希林、56年の時を経て夫婦役で初共演!”. シネマトゥデイ. 2018年5月25日閲覧。
  50. ^ “樹木希林さん遺作の独映画で「ゴンドラの唄」8月に日本公開…死去2か月前に撮影、旅館の女将役”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月17日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190316-OHT1T50365.html 2019年3月17日閲覧。 
  51. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  52. ^ 神宮希林”. 東海テレビ. 2015年8月8日閲覧。
  53. ^ 戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅”. 東海テレビ. 2015年8月8日閲覧。
  54. ^ “フジで西城秀樹さん追悼特番、坂上忍が故人ゆかりの人に直撃取材”. SANSPO.COM. (2018年5月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180523/geo18052305030017-n1.html 2018年5月25日閲覧。 
  55. ^ 樹木希林さんに昨年6月から密着 最後のドキュメンタリー、NHKで26日放送”. ORICON NEWS. オリコン (2018年9月20日). 2018年9月30日閲覧。
  56. ^ “故樹木希林さん語りのラジオドラマ、全国ラジオ局で再放送”. Sponichi Annex. (2018年10月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/10/kiji/20181010s00041000140000c.html 2018年10月31日閲覧。 
  57. ^ 検索結果 神田・神保町 レコード屋のおかみさん”. 放送ライブラリー. 放送番組センター. 2018年10月31日閲覧。
  58. ^ 「No.1ストレートトーク」篇 樹木(15秒) Softbank
  59. ^ “【樹木希林さん出演、宝島社 企業広告】「死ぬときぐらい好きにさせてよ」が「読売広告大賞」グランプリ受賞” (プレスリリース), dot.ドット 朝日新聞出版, (2016年4月18日), オリジナルの2016年5月25日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160525162205/https://dot.asahi.com/business/pressrelease/2016041800225.html 2016年5月15日閲覧。 
  60. ^ 樹木希林さん、地球の人々へ最後のメッセージ 宝島社の企業広告に登場”. ORICON NEWS. オリコン (2018年10月29日). 2018年10月31日閲覧。
  61. ^ “「三井のリハウス」新作TVCF放映開始 〜樹木希林さんを祖母役に起用し、大切な家を売却する家族の思いを表現〜” (プレスリリース), 三井不動産リアルティ, (2016年8月19日), https://www.mf-realty.jp/news/2016/20160819_01.html 2016年9月10日閲覧。 
  62. ^ 「年齢を受け入れて着たい服を着る」樹木希林がそごう・西武のプロジェクト新アイコンに”. Fasionsnap.com NEWS. レコオーランド (2016年9月8日). 2016年9月10日閲覧。
  63. ^ “Mastercardが「pricelessを選ぼう。」キャンペーンを開始” (プレスリリース), マスターカード, (2017年6月1日), http://newsroom.mastercard.com/asia-pacific/ja/press-releases/newsroom-170601/ 2017年6月5日閲覧。 
  64. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  65. ^ “樹木の「底が知れない」才能 / 映画大賞”. nikkansports.com. (2012年12月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20121229-1065690.html 2017年8月31日閲覧。 
  66. ^ 東京国際映画祭“ARIGATO賞”新設、受賞者に樹木希林、広瀬すず、細田守ら”. 映画ナタリー (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。
  67. ^ 「第39回山路ふみ子映画賞」に是枝裕和監督の「海街diary」”. 映画.com (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  68. ^ 第7回TAMA映画賞|第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM”. TAMA CINEMA FORUM (2015年). 2015年11月21日閲覧。
  69. ^ 【報知映画賞】樹木希林、地方の体育館上映で見えた「出不精のおばあさんも映画が大好き」”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月28日閲覧。
  70. ^ a b 綾瀬はるかや広瀬すずも爆笑!樹木希林の爆笑スピーチ”. Movie Walker (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  71. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!—”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月21日閲覧。
  72. ^ 樹木希林、『あん』で初のアジア太平洋・女優賞獲得「一番の年上ということで…」”. シネマカフェ. 2016年5月11日閲覧。
  73. ^ “第42回「放送文化基金賞」表彰対象について” (プレスリリース), 公益財団法人 放送文化基金, (2016年6月8日), http://www.hbf.or.jp/upload/42kisha.pdf 2016年6月8日閲覧。 
  74. ^ 樹木希林が第10回アジア・フィルム・アワード特別功労賞を受賞、日本人では2人目”. 映画ナタリー (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  75. ^ 樹木希林、“功労賞”受賞も「ちっとも功労していない」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年5月16日). 2017年6月5日閲覧。
  76. ^ 樹木希林、北米映画祭で受賞も「それは何ですか?」と情報知らず”. クランクイン!. ハリウッド・チャンネル (2018年5月19日). 2018年5月25日閲覧。
  77. ^ “樹木希林、北米の映画祭で女優賞「75歳で“次の世”考え中だが、ほめられるのはうれしい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年7月27日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180727-OHT1T50193.html 2018年7月28日閲覧。 
  78. ^ 河瀬直美、樹木希林さんに特別功労賞を授与 「なら国際映画祭」オープニングセレモニー”. 映画.com (2018年9月20日). 2018年9月30日閲覧。
  79. ^ “【報知映画賞】助演女優賞に樹木希林さん、存在感は生き続ける”. スポーツ報知. (2018年11月28日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181127-OHT1T50305.html 2018年12月9日閲覧。 
  80. ^ “樹木希林さん助演女優賞、3作で強烈印象/映画大賞”. nikkansports.com. (2018年12月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812040000112.html 2018年12月9日閲覧。 
  81. ^ 毎日映画コンクールで「万引き家族」が大賞ほか3冠、柄本佑と安藤サクラが主演賞”. 映画ナタリー (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  82. ^ 第42回日本アカデミー賞 最優秀賞決定!” (2019年3月1日). 2019年3月1日閲覧。


「樹木希林」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「樹木希林」の関連用語

樹木希林のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



樹木希林のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの樹木希林 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS