樹木希林とは?

樹木希林

以下の映画樹木希林関連しています。
東北新社クリエイツ/ティー・オー・ピー
角川大映映画=シネボイス
東映アストロフィルム
 


樹木希林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 04:07 UTC 版)

樹木 希林(きき きりん、1943年1月15日[2][1] - 2018年9月15日[3])は、日本女優。戸籍名、内田 啓子[1]、旧姓:中谷[1]。また、旧芸名は悠木 千帆ゆうき ちほ初代)[1]東京府東京市神田区(現・東京都千代田区)出身[1][4]




  1. ^ a b c d e f g h i j k 樹木希林”. KINENOTE. 2016年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.62.
  3. ^ “俳優 樹木希林さん 死去 個性豊かな演技で高い評価”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2018年9月16日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180916/k10011632631000.html 2018年9月16日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f “おんなのしんぶん・別所哲也:樹木希林との本音トークを全文掲載”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年10月31日). オリジナルの2015年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151211125834/https://mainichi.jp/articles/20141031/mog/00m/040/010000c 2018年1月14日閲覧。 
  5. ^ a b c “樹木希林、「別居50年」の内田裕也と離婚しない理由は…”. スポーツ報知. (2017年5月21日). オリジナルの2017年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/Pv4yi 2017年6月5日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 斎藤明美「これがはじまり 最終回 樹木希林 『行きがかり上、役者になって、自分にはずっと合っていないなと思いつつ.....。』」『キネマ旬報』2008年12月下旬号、キネマ旬報社、 152-155頁。
  7. ^ 松井清人『オカン、おふくろ、お母さん』 文藝春秋、2006年、71-73頁
  8. ^ 浜美雪「樹木希林」『笑いの女神たち コメディエンヌXファイル』白夜書房、2008年7月15日、100-101頁。ISBN 978-4-86191-391-4
  9. ^ 樹木希林さん、貫いた“独特”夫婦45年 仕事選びの基準は「順番とギャラ」 スポーツ報知 2018年9月17日
  10. ^ a b c 朝日新聞 2018年5月21日朝刊 文化・文芸欄「語る 人生の贈りもの 樹木希林:10『芸名は「ちゃちゃちゃりん」?』」
  11. ^ 樹木希林 「…鑑定団」司会に立候補!?理由は「セリフ覚えなくていい」原田監督と樹木希林の不思議な関係が見えた、映画『わが母の記』トークイベント宮崎あおい「色気を感じる」と役所広司を絶賛するも、樹木希林は「全然」とバッサリ【読者のみなさまへ】女優・樹木希林ロングインタビュー掲載 「SWITCH」のご紹介
  12. ^ a b c d e f 樹木希林 (2015年10月4日). スペシャル・インタビュー 樹木希林さん. (インタビュー). TORJA.. http://torja.ca/interview/kiki-kirin/ 2016年6月11日閲覧。 
  13. ^ このドラマで樹木は森繁の影響を強く受けたらしく、後に森繁は樹木の演技を見て「あれは俺の演技だ」と語ったという。森繁久弥『大遺言書』[要ページ番号]より。
  14. ^ 「広告夫婦がゆく!! 今月のゲスト・樹木希林さん」『広告批評』2008年6-7月号、マドラ出版、 54-55頁。
  15. ^ 樹木希林さんが道徳ドラマ「星野君の二塁打」を読んだら?”. サンデー毎日. 牧太郎の青い空白い雲. 毎日新聞出版 (2018年9月25日). 2021年2月5日閲覧。
  16. ^ 金澤誠「2008年キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞 樹木希林 『歩いても 歩いても』により」『キネマ旬報』2009年2月下旬号、キネマ旬報社、 48頁。
  17. ^ プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(1/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  18. ^ a b 樹木希林が旧芸名「悠木千帆」をオークション企画で売却した過去を告白”. トピックニュース (2016年7月18日). 2018年9月23日閲覧。
  19. ^ a b スポーツニッポン 1977年4月2日 13面記事より。
  20. ^ a b プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(2/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  21. ^ a b プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(3/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  22. ^ a b スポーツニッポン 1977年4月5日 15面記事より。
  23. ^ (cache)【プレイバック芸能スキャンダル史】樹木希林に不倫を暴露された久世光彦”. 日刊ゲンダイウェブ魚拓によるキャッシュ) (2013年3月6日). 2013年11月9日閲覧。
  24. ^ a b c “樹木希林、「左目失明」で見せた女優魂”. SANSPO.COM. (2004年1月30日). オリジナルの2005年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050302233433/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200401/gt2004013002.html 2016年9月10日閲覧。 
  25. ^ “樹木希林 夫・内田裕也の存在に感謝「破天荒さは私のほうが…」”. Sponichi Annex. (2016年5月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/19/kiji/K20160519012616050.html 2016年9月10日閲覧。 
  26. ^ a b “樹木希林告白、内田裕也が寝ているとき「刺そうと…」 黒柳徹子特番で奇跡の夫婦初共演”. 産経ニュース. (2016年7月13日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160713/ent1607130005-n1.html 2016年9月10日閲覧。 
  27. ^ a b 樹木希林 (2009年2月20日). 【ゆうゆうLife】向き合って 女優・樹木希林さん(66)(下)(1/3ページ). インタビュアー:竹中文. 産経ニュース.. オリジナルの2009-02-23時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090223112621/http://sankei.jp.msn.com/life/body/090220/bdy0902200808000-n1.htm 2016年5月15日閲覧。 
  28. ^ 樹木希林 (2009年2月20日). 【ゆうゆうLife】向き合って 女優・樹木希林さん(66)(下)(2/3ページ). インタビュアー:竹中文. 産経ニュース.. オリジナルの2009-02-23時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090223113647/http://sankei.jp.msn.com/life/body/090220/bdy0902200808000-n2.htm 2016年5月15日閲覧。 
  29. ^ 1986年4月25日死去。
  30. ^ a b “ピップも樹木希林さん追悼 17年間CM出演「感謝」100周年式典も笑いの渦「ユーモアあふれるお人柄」”. Sponichi Annex. (2018年9月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/18/kiji/20180918s00041000256000c.html 2018年9月30日閲覧。 
  31. ^ a b c d “富士フイルム 樹木希林さん追悼 40年CM出演「感謝」今年の“お正月を写そう”撮影時「無事に1年を」”. Sponichi Annwx. (2018年9月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/18/kiji/20180918s00041000154000c.html 2018年9月30日閲覧。 
  32. ^ a b 特別公開:樹木希林さん出演TVCM”. 富士フイルム (2018年). 2018年9月30日閲覧。
  33. ^ “左目失明の樹木希林が会見”. 日刊スポーツ. (2004年1月29日). オリジナルの2004年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040207114754/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-040129-0024.html 2016年1月13日閲覧。 
  34. ^ “内田、希林に「死ぬとき俺連れて行くな」”. 日刊スポーツ. (2013年3月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130312-1096692.html 
  35. ^ “樹木希林:1年半ぶりがん治療「昨日で終了」 穏やかな笑顔見せる”. まんたんウェブ. (2014年1月16日). http://mantan-web.jp/2014/01/16/20140116dog00m200021000c.html 2016年1月13日閲覧。 
  36. ^ a b “『ザ・ノンフィクション』TV史上初・内田裕也に密着、語りは樹木希林”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ. (2018年7月26日). https://news.mynavi.jp/article/20180727-670510/ 2018年9月16日閲覧。 
  37. ^ “樹木希林が大腿骨骨折、NHK生放送番組に電話出演 - 芸能:日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808160000781.html 2018年8月17日閲覧。 
  38. ^ “樹木希林さんが死去 5年前に全身のがん告白”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年9月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809160000713.html 2018年9月16日閲覧。 
  39. ^ 浅田美代子、樹木希林さんは「母であり、姉であり、親友」「気丈で立派だった」スポーツ報知、2018年9月18日
  40. ^ 樹木希林さん葬儀営まれる 「2度母を失った」是枝裕和監督がメッセージ 本木雅弘さん「遠くを見つめるように亡くなった」産経ニュース、2018年9月30日
  41. ^ 樹木希林写真展がFUJIFILM SQUAREで開催 デビュー当時からの活躍を、写真と動画で振り返る”. SPICE. イープラス (2018年11月8日). 2018年12月9日閲覧。
  42. ^ 内田也哉子、UTAも来場! レスリー・キー撮影特別展示『愛・樹木希林』。 妻夫木 聡、斎藤 工、松坂桃李らによる追悼映像も”. エンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年11月21日). 2018年12月9日閲覧。
  43. ^ a b “樹木希林さん、遺作は来年公開映画「エリカ38」 自ら企画、主演は浅田美代子”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年9月17日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180917-OHT1T50031.html 2018年9月17日閲覧。 
  44. ^ エリカ38”. ムービーウォーカー. 2020年4月17日閲覧。
  45. ^ 内田裕也さん逝く 79歳 希林さんの死から半年 もう聞けない“ロケンロール"― スポニチ Sponichi Annex 芸能」『スポーツニッポンスポーツニッポン新聞社、2019年3月18日。
  46. ^ “樹木希林さん追悼でカンテレがドラマ「鬼ユリ校長、走る!」を10月2日深夜に放送”. スポーツ報知. (2018年9月1日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180927-OHT1T50218.html 2018年9月30日閲覧。 
  47. ^ Returner -リターナー-の上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  48. ^ 樹木希林、認知症の役は「やりたがる役者がいないので私に回ってくる(笑)」”. cinemacafe.net (2012年4月18日). 2016年9月10日閲覧。
  49. ^ そして父になるの上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  50. ^ “樹木希林、人生初のお伊勢参りが映画に”. シネマトゥデイ. (2014年8月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0060686 2014年12月11日閲覧。 
  51. ^ “樹木希林、河瀬直美新作で主演「死ぬ死ぬ詐欺みたいね」”. シネマトゥデイ. (2014年12月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068910 2014年12月11日閲覧。 
  52. ^ “阿部寛、今度は夢追う“ダメ中年”!? 樹木希林と親子役…是枝監督最新作『海よりもまだ深く』”. シネマカフェ. (2015年12月25日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/25/36667.html 2015年12月25日閲覧。 
  53. ^ “樹木希林がナレーション担当、建築家・津端修一とその妻の暮らし追った記録映画が公開”. 映画ナタリー. (2016年10月17日). http://natalie.mu/eiga/news/205620 2016年10月18日閲覧。 
  54. ^ 樹木希林のギャラはタダ!?「もう困った時の樹木希林というのはナシ」”. MovieWalker (2017年5月27日). 2017年6月5日閲覧。
  55. ^ 小山美咲 (2017年10月10日). “山崎努&樹木希林、56年の時を経て夫婦役で初共演!”. シネマトゥデイ. 2018年5月25日閲覧。
  56. ^ “樹木希林さん遺作の独映画で「ゴンドラの唄」8月に日本公開…死去2か月前に撮影、旅館の女将役”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月17日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190316-OHT1T50365.html 2019年3月17日閲覧。 
  57. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  58. ^ プレミアムカフェ 温故希林 骨董(とう)珍道中 in ソウル(2012年)”. NHK (2020年5月26日). 2021年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月30日閲覧。
  59. ^ 神宮希林”. 東海テレビ. 2015年8月8日閲覧。
  60. ^ 戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅”. 東海テレビ. 2015年8月8日閲覧。
  61. ^ NHK BSプレミアム 「京都 名門のうたげ〜樹木希林の"仕出し"巡り〜」 再放送のご案内”. 杉本節子のだいどこ日記 (2016年11月5日). 2021年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  62. ^ 樹木希林のばあばとフルタチさん”. 東海テレビ. 2020年9月12日閲覧。
  63. ^ “フジで西城秀樹さん追悼特番、坂上忍が故人ゆかりの人に直撃取材”. SANSPO.COM. (2018年5月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180523/geo18052305030017-n1.html 2018年5月25日閲覧。 
  64. ^ 樹木希林さんに昨年6月から密着 最後のドキュメンタリー、NHKで26日放送”. ORICON NEWS. オリコン (2018年9月20日). 2018年9月30日閲覧。
  65. ^ “故樹木希林さん語りのラジオドラマ、全国ラジオ局で再放送”. Sponichi Annex. (2018年10月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/10/kiji/20181010s00041000140000c.html 2018年10月31日閲覧。 
  66. ^ 検索結果 神田・神保町 レコード屋のおかみさん”. 放送ライブラリー. 放送番組センター. 2018年10月31日閲覧。
  67. ^ 「No.1ストレートトーク」篇 樹木(15秒) Softbank
  68. ^ “【樹木希林さん出演、宝島社 企業広告】「死ぬときぐらい好きにさせてよ」が「読売広告大賞」グランプリ受賞” (プレスリリース), dot.ドット 朝日新聞出版, (2016年4月18日), オリジナルの2016年5月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160525162205/https://dot.asahi.com/business/pressrelease/2016041800225.html 2016年5月15日閲覧。 
  69. ^ 樹木希林さん、地球の人々へ最後のメッセージ 宝島社の企業広告に登場”. ORICON NEWS. オリコン (2018年10月29日). 2018年10月31日閲覧。
  70. ^ “「三井のリハウス」新作TVCF放映開始 〜樹木希林さんを祖母役に起用し、大切な家を売却する家族の思いを表現〜” (プレスリリース), 三井不動産リアルティ, (2016年8月19日), https://www.mf-realty.jp/news/2016/20160819_01.html 2016年9月10日閲覧。 
  71. ^ 「年齢を受け入れて着たい服を着る」樹木希林がそごう・西武のプロジェクト新アイコンに”. Fasionsnap.com NEWS. レコオーランド (2016年9月8日). 2016年9月10日閲覧。
  72. ^ “Mastercardが「pricelessを選ぼう。」キャンペーンを開始” (プレスリリース), マスターカード, (2017年6月1日), http://newsroom.mastercard.com/asia-pacific/ja/press-releases/newsroom-170601/ 2017年6月5日閲覧。 
  73. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  74. ^ “樹木の「底が知れない」才能 / 映画大賞”. nikkansports.com. (2012年12月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20121229-1065690.html 2017年8月31日閲覧。 
  75. ^ 東京国際映画祭“ARIGATO賞”新設、受賞者に樹木希林、広瀬すず、細田守ら”. 映画ナタリー (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。
  76. ^ 「第39回山路ふみ子映画賞」に是枝裕和監督の「海街diary」”. 映画.com (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  77. ^ 第7回TAMA映画賞|第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM”. TAMA CINEMA FORUM (2015年). 2015年11月21日閲覧。
  78. ^ 【報知映画賞】樹木希林、地方の体育館上映で見えた「出不精のおばあさんも映画が大好き」”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月28日閲覧。
  79. ^ a b 綾瀬はるかや広瀬すずも爆笑!樹木希林の爆笑スピーチ”. Movie Walker (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  80. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!—”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月21日閲覧。
  81. ^ 樹木希林、『あん』で初のアジア太平洋・女優賞獲得「一番の年上ということで…」”. シネマカフェ. 2016年5月11日閲覧。
  82. ^ “第42回「放送文化基金賞」表彰対象について” (プレスリリース), 公益財団法人 放送文化基金, (2016年6月8日), http://www.hbf.or.jp/upload/42kisha.pdf 2016年6月8日閲覧。 
  83. ^ 樹木希林が第10回アジア・フィルム・アワード特別功労賞を受賞、日本人では2人目”. 映画ナタリー (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  84. ^ 樹木希林、“功労賞”受賞も「ちっとも功労していない」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年5月16日). 2017年6月5日閲覧。
  85. ^ “平成29年度 第66回神奈川文化賞が決定しました!” (プレスリリース), 神奈川県, (2017年10月17日), https://www.pref.kanagawa.jp/prs/p1183202.html 2020年3月15日閲覧。 
  86. ^ 樹木希林、北米映画祭で受賞も「それは何ですか?」と情報知らず”. クランクイン!. ハリウッド・チャンネル (2018年5月19日). 2018年5月25日閲覧。
  87. ^ “樹木希林、北米の映画祭で女優賞「75歳で“次の世”考え中だが、ほめられるのはうれしい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年7月27日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180727-OHT1T50193.html 2018年7月28日閲覧。 
  88. ^ 河瀬直美、樹木希林さんに特別功労賞を授与 「なら国際映画祭」オープニングセレモニー”. 映画.com (2018年9月20日). 2018年9月30日閲覧。
  89. ^ “【報知映画賞】助演女優賞に樹木希林さん、存在感は生き続ける”. スポーツ報知. (2018年11月28日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181127-OHT1T50305.html 2018年12月9日閲覧。 
  90. ^ “樹木希林さん助演女優賞、3作で強烈印象/映画大賞”. nikkansports.com. (2018年12月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812040000112.html 2018年12月9日閲覧。 
  91. ^ 毎日映画コンクールで「万引き家族」が大賞ほか3冠、柄本佑と安藤サクラが主演賞”. 映画ナタリー (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  92. ^ 第42回日本アカデミー賞 最優秀賞決定!” (2019年3月1日). 2019年3月1日閲覧。
  93. ^ “浅田美代子、樹木希林さんの代理でATP賞授賞式出席 「墓前に報告したい”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年7月11日). https://hochi.news/articles/20190711-OHT1T50167.html 2019年7月12日閲覧。 


「樹木希林」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「樹木希林」の関連用語

樹木希林のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



樹木希林のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの樹木希林 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS