小林桂樹とは?

こばやし‐けいじゅ【小林桂樹】

[1923〜2010俳優群馬生まれ日活演技研究所研究生経て俳優デビュー森繁久弥主演の「社長シリーズサラリーマン役を演じて人気獲得し、「裸の大将」では画家山下清を演じた。他の出演作に「名もなく貧しく美しく」「椿三十郎(つばきさんじゅうろう)」「江分利満氏(えぶりまんし)の優雅な生活」など。


小林桂樹

以下の映画小林桂樹関連しています。
 
 
シネマ・クロッキオ
BS-i=オフィス・シロウズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


小林桂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 08:37 UTC 版)

小林 桂樹(こばやし けいじゅ、1923年11月23日 - 2010年9月16日)は、日本俳優。サラリーマン喜劇から社会派ドラマまで幅広く活躍し、その生涯において253本の映画に出演した。『裸の大将』の山下清の演技で1958年第13回毎日映画コンクール主演男優賞を受賞。 『黒い画集 あるサラリーマンの証言』の石野貞一郎の演技では1960年の第15回毎日映画コンクール主演男優賞およびキネマ旬報男優賞およびブルーリボン大衆賞(つまり3つの賞)を受賞。『白と黒』の落合克巳(東京地検捜査検事)の演技および『江分利満氏の優雅な生活』の江分利満の演技により1963年第18回毎日映画コンクール主演男優賞を、『われ一粒の麦なれど』の坂田昌義(農政省官吏)の演技で1964年第15回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。


  1. ^ 小林桂樹、草壁久四郎『演技者 小林桂樹の全仕事』ワイズ出版、1996年、304-305頁。ISBN 4948735604
  2. ^ “俳優の小林桂樹さん死去 86歳、「社長シリーズ」”. 朝日新聞デジタル. (2010年9月19日). http://www.asahi.com/special/playback/TKY201009180209.html 2016年12月11日閲覧。 
  3. ^ 小林桂樹さん逝く…サラリーマン像非凡に演じる”. スポニチ (2010-9-191). 2021年6月13日閲覧。
  4. ^ 日本映画専門チャンネル 「仲代達矢の日本映画遺産 第五部 時代劇の現場」
  5. ^ 同じく共演者の仲代達矢は「あの人ほど大らかな人はいない。1時間遅刻してもスタッフに「よーよー」と声をかける、僕はそんな丹波さんが大好きだった」と語っている。
  6. ^ 耳をすませば 劇場用公式パンフレット 声の出演者 comment&profile ページより ページ番号は無し
  7. ^ 耳をすませば”. 金曜ロードシネマクラブ. 日本テレビ. 2019年2月2日閲覧。
  8. ^ NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘”. 虫プロダクション. 2016年6月6日閲覧。
  9. ^ 番組エピソード 土曜ドラマ 松本清張シリーズ 遠い接近-NHKアーカイブス
  10. ^ 土曜ドラマ 戦後史実録シリーズ 空白の900分 - NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス 日本放送協会”. 2017年10月10日閲覧。
  11. ^ NHK特集 THE DAY その日・1995年日本 - NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス 日本放送協会”. 2017年10月10日閲覧。
  12. ^ 「秋の叙勲 都内から小林桂樹さんら618人 3人に受章の喜びの声を聞く」『読売新聞』1994年11月3日朝刊


「小林桂樹」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小林桂樹」の関連用語

小林桂樹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小林桂樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小林桂樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS