続サラリーマン忠臣蔵とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 続サラリーマン忠臣蔵の意味・解説 

続サラリーマン忠臣蔵

原題:
製作国:日本
製作年:1961
配給:東宝
スタッフ
監督:杉江敏男 スギエトシオ
製作:藤本真澄 フジモトサネズミ
原案:井原康男 イハラヤスオ
脚本:笠原良三 カサハラリョウゾウ
撮影:完倉泰一 カンクラタイイチ
音楽:神津善行 コウヅヨシユキ
美術:村木与四郎 ムラキヨシロウ
録音:三上長七郎 ミカミチョウシチロウ
スクリプター:田中一清 タナカカズキヨ
照明:金子光男 カネコミツオ
キャスト(役名
森繁久彌 モリシゲヒサヤ森繁久弥 (大石良雄
久慈あさみ クジアサミ (大石律子)
夏木陽介 ナツキヨウスケ (大石力)
新珠三千代 アラタマミチヨ (芸者加代次)
東野英治郎 トウノエイジロウ (吉良剛之介)
加東大介 カトウダイスケ (小野寺十三郎)
坪内美詠子 ツボウチミエコ (小野寺丹子)
有島一郎 アリシマイチロウ (大野久兵衛
三橋達也 ミハシタツヤ (大野五郎
団令子 ダンレイコ (大野奈美
小林桂樹 コバヤシケイジュ (寺岡平太郎
宝田明 タカラダアキラ (早野寛平
司葉子 ツカサヨウコ (早野軽子
山茶花究 サザンカキュウ (伴内耕一)
三船敏郎 ミフネトシロウ (桃井和雄)
志村喬 シムラタカシ (角川
草笛光子 クサブエミツコ (一文字才子
左卜全 ヒダリボクゼン (天野義平)
南道郎 ミナミミチロウ (肥後豊)
河津清三郎 カワヅセイザブロウ (山鹿之行)
中島そのみ ナカジマソノミ (堀部安子
藤木悠 フジキユウ (赤垣源造)
江原達怡 エハラタツヨシ (磯貝十郎)
児玉清 コダマキヨシ (岡野欣哉)
沢村いき雄 サワムライキオ (倉橋伝介)
八波むと志 ハッパムトシ (竹林唯七
小杉義男 コスギヨシオ (清水一角
柳家金語楼 ヤナギヤキンゴロウ (そば屋のおやじ)
塩沢とき シオザワトキ (ホステスA)
園田あゆみ ソノダアユミ (芸者A)
解説
サラリーマン忠臣蔵」の続篇で、脚本笠原良三監督杉江敏男撮影完倉泰一前作と同じスタッフ。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ビル一室借り大石商事発足した。赤穂産業からも同志社員続々参加、もとエレベーターガール堀部安子も加わり、その数は四十七名に達した。社長大石良雄はア、マン紹介特許売りこむため、天野化学肥後常務を、才子経営するクラブ接待した。だがヌラリクラリで一向にラチがあかない。大石はそこでもとタイピスト軽子が働いているのを見て驚いた軽子は夫の早野寛平が定五郎殺人事件未遂起訴され、やむなく浮草稼業をしているのだった商談成功せず、給料も払えぬ苦境陥った大石は、自分邸宅売払い、妻の律子を実家へ帰してしまった。自分寺岡下宿に転がりこんだ。息子の力は、小奈美との恋に邪魔が入り悩んでいた。小奈美の父大野常務たくらみで、吉良親戚上杉家との縁談が進められていたのだ。商工会議所にまで手をのばした吉良妨害商談はすべて失敗大石商事苦境どん底にあえいだ。寺岡肥後軽子惚れているのに目をつけ、軽子肥後言うことを聞くよう頼んだ。軽子は夫ある身、聞き入れるわけにはいかない。同じアパートにいる才子は、ひたむきに会社を心配する寺岡に心をひかれた。最後の道は、天野化学社長天野平にじか談判することだっだ。意外、天野即座に契約取りかわした。肥後吉良秘書伴内に買収され、今まで商談取りついでいなかったのだ。会社成績急上昇した。大石赤穂産業買占めかかった十二月十四日の降る日だった。大石社員一同をそばや「山科」に集合させた。赤穂産業株主総会のりこみ吉良社長退陣を迫る本心うちあけた。株主総会大荒れとなった。「山」と「川」の合言葉攻防を展開する大石作戦遂に吉良押しまくった。大石商事赤穂産業合併大石専務返り咲いた。

続サラリーマン忠臣蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/18 05:01 UTC 版)

続サラリーマン忠臣蔵』(ぞくサラリーマンちゅうしんぐら)は、1961年2月25日東宝系で公開された日本映画である。カラー。東宝スコープ






「続サラリーマン忠臣蔵」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「続サラリーマン忠臣蔵」の関連用語

続サラリーマン忠臣蔵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



続サラリーマン忠臣蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの続サラリーマン忠臣蔵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS