西東三鬼とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 西東三鬼の意味・解説 

西東三鬼

読み方さいとう さんき

俳人岡山県生。本名斎藤敬直。日本歯科医専卒。「旗艦」に参加、「天香」「天狼創刊同人となる。「断崖創刊主宰句集に『旗』『夜の』等。昭和37年(1962)歿、62才。

西東三鬼

西東三鬼の俳句

うつくしき眼と会ふ次の雷待つ間
おそるべき君等の乳房夏来る
くらやみに蝌蚪の手足が生えつつあり
ひげを剃り百虫足を殺し外出す
みどり子の頬突く五月の波止場にて
みな大き袋を負へり雁渡る
中年や独語おどろく夜の秋
中年や遠くみのれる夜の桃
九十九里浜に白靴提げて立つ
倒れたる案山子の顔の上に天
僧を乗せしづかに黒い艦が出る
元日を白く寒しと昼寝たり
冬に生ればつた遅すぎる早すぎる
冬浜に老婆ちぢまりゆきて消ゆ
切り捨てし胃の腑かわいや秋の暮
占領地区の牡蠣を将軍に奉る
右の眼に大河左の眼に騎兵
哭く女窓の寒潮縞をなし
垂れ髪に雪をちりばめ卒業す
夕焼へ群集だまり走り出す
夜の桜満ちて暗くて犬噛合ふ
大寒の街に無数の拳ゆく
大寒や転びて諸手つく悲しさ
大旱の赤牛となり声となる
寒夜明け赤い造花が又も在る
寒燈の一つ一つや国敗れ
広島や卵食ふ時口ひらく
恋猫と語る女は憎むべし
昇降機しづかに雷の夜を昇る
春ゆふべあまたのびつこ跳ねゆけり
春を病み松の根つ子も見あきたり
暗く暑く大群集と花火待つ
木瓜の朱へ這いつつ寄れば家人泣く
杖上げて枯野の雲を縦に裂く
枯蓮のうごく時きてみなうごく
梅雨はげし百虫足殺せし女と寝る
梅雨富士の黒い三角兄死ぬか
水枕ガバリと寒い海がある
沖に船氷菓舐め取る舌の先
海から誕生光る水着に肉つまり
湖畔亭にヘヤピンこぼれ雷匂ふ
滅びつつピアノ鳴る家蟹赤し
炎天の坂や怒を力とし
炎天の岩にまたがり待ちに待つ
炎天の犬捕り低く唄ひだす
犬の蚤寒き砂丘に跳び出せり
白馬を少女瀆れて下りにけむ
百舌に顔切られて今日が始るか
秋の暮大魚の骨を海が引く
穀象の一匹だにもふりむかず
 

西東三鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/01 17:31 UTC 版)

西東 三鬼(さいとう さんき、1900年明治33年)5月15日 - 1962年昭和37年)4月1日)は、岡山県出身の俳人。医師として勤める傍ら30代で俳句をはじめ、伝統俳句から離れたモダンな感性を持つ俳句で新興俳句運動の中心人物の一人として活躍。戦後は「天狼」「雷光」などに参加し「断崖」を主宰。本名・斎藤敬直(さいとう けいちょく)。


  1. ^ 大高弘達 「評伝 西東三鬼」 『西東三鬼の世界』 16-17頁。
  2. ^ 『西東三鬼集』 三橋敏雄解説 348-349頁。
  3. ^ 『俳句人』創刊号 1946年11月1日発行。
  4. ^ 『新俳句人連盟七〇年』 350頁。
  5. ^ 『西東三鬼集』 三橋敏雄解説 358頁。
  6. ^ 西東三鬼賞について”. 津山市. 2015年2月10日閲覧。
  7. ^ a b 『西東三鬼集』 三橋敏雄解説 346-347頁。
  8. ^ 『定本 現代俳句』438-440頁。
  9. ^ 『現代の俳人101』 58頁
  10. ^ 『現代俳句大事典』 238-240頁。
  11. ^ 『定本 現代俳句』442-443頁。
  12. ^ 『現代俳句ハンドブック』 201頁
  13. ^ 『西東三鬼集』 三橋敏雄解説 348頁。


「西東三鬼」の続きの解説一覧





西東三鬼と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西東三鬼」の関連用語

西東三鬼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

常呂川

巻き貼り

S-1097

大雪山国立公園

ヘラクレスリッキー

ランドレース

インペリアル・ゼブラプレコ L046

木和田川砂防一号堰堤





西東三鬼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西東三鬼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS