日野草城とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 日野草城の意味・解説 

ひのそうじょう -さうじやう 【日野草城】 ○

1901~1956俳人東京生まれ本名、克修(よしのぶ)。京大卒。「旗艦」を創刊して「ホトトギス」を離反自由主義立場から無季俳句連作俳句新興運動実践した。句集花氷」「人生午後」など。

日野草城

日野草城の俳句

えりあしのましろき妻と初詣
かいつぶりさびしくなればくぐりけり
きさらぎの薮にひびける早瀬かな
こひびとを待ちあぐむらし闘魚の辺
こほろぎや右の肺葉穴だらけ
しろがねの水蜜桃や水の中
じやんけんの白き拳や花衣
ちちろ虫女体の記憶よみがへる
てのひらに載りし林檎の値を言はる
ところてん煙のごとく沈みをり
ひとりさす眼ぐすり外れぬ法師蟬
ぼうたんのひとつの花を見尽くさず
ものの種にぎればいのちひしめける
わぎもこのはだのつめたき土用かな
をさなごのひとさしゆびにかかる虹
をみなとはかかるものかも春の闇
二上山をみてをりいくさ果てしなり
仰向けの口中の屠蘇たらさるる
切干やいのちの限り妻の恩
初鏡娘のあとに妻坐る
初霜やひとりの咳はおのれ聴く
南風や化粧に洩れし耳の下
右眼には見えざる妻を左眼にて
夏布団ふわりとかかる骨の上
夜の雪われを敗残者といふや
妻が持つ薊の棘を手に感ず
妻子を担ふ片眼片肺枯手足
子猫ねむしつまみ上げられても眠る
山茶花やいくさに敗れたる国の
手をとめて春を惜しめりタイピスト
新涼や女に習ふマンドリン
星屑や鬱然として夜の新樹
春の夜のわれをよろこび歩きけり
春の夜や都踊はよういやさ
春の昼遠松風のきこえけり
春の灯や女は持たぬのどぼとけ
春暁や人こそ知らね木々の雨
朝寒や歯磨匂ふ妻の口
水晶の念珠つめたき大暑かな
永き日や相触れし手は触れしまま
浴後裸婦らんまんとしてけむらへり
満月の照りまさりつつ花の上
潮干狩夫人はだしになり給ふ
研ぎ上げし剃刀にほふ花ぐもり
秋の夜や紅茶をくぐる銀の匙
秋風やつまらぬ男をとこまへ
篁を染めて春の日しづみけり
聖くゐる真夜のふたりやさくらんぼ
船の名の月に読まるる港かな
見えぬ目の方の眼鏡の玉も拭く
 

日野草城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/22 00:27 UTC 版)

日野 草城(ひの そうじょう、1901年明治34年)7月18日 - 1956年昭和31年)1月29日)は東京都出身の俳人。本名は克修(よしのぶ)。「ホトトギス」で学んだ後、「旗艦」を創刊、女性のエロスを主題とした句や無季俳句を作り、昭和初期の新興俳句運動を主導。戦後は「青玄」を創刊・主宰し一転して静謐な句を作った。


  1. ^ 秋尾敏「水原秋桜子と『馬酔木』」、『俳壇』第11号2000年2012年2月6日閲覧。
  2. ^ 『現代俳句ハンドブック』、212-213頁
  3. ^ 『日野草城』 152頁
  4. ^ 『現代俳句大事典』 469頁
  5. ^ 『定本 現代俳句』 164頁
  6. ^ 『日野草城』 11頁
  7. ^ 『日野草城』 116頁
  8. ^ 『日野草城』 156頁


「日野草城」の続きの解説一覧



日野草城と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日野草城」の関連用語

日野草城のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日野草城のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日野草城 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS