高野ムツオとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 高野ムツオの意味・解説 

高野ムツオ

高野ムツオの俳句

かまきりの卵嚢よりの寒暮光
げんのしようこから夕闇の子守唄
のたりのたりと海は死にゆく蛍草
ふわふわの黄金であり冬の蜂
みどりの夜子は一本の眠れる矢
アトピー性皮膚炎のわが月見草
ジャズが湧く蔦ことごとく枯れ尽くし
チエルノブイリ夜の菫のその先に
人間に戻りてプールより上る
人頭に鳥身みどりの夜を歩き
冬田の闇ざっと一億瓲ぐらい
勾玉の中に醒めたる秋の雨
四人家族雪夜は蘭の蕾ほど
土曜日は我もさざなみ蒸鰈
地下鉄晩夏翅毟られし者ら乗せ
坂口安吾とは霜月の蝶番
塩竈の初夏まずは蛸の足
天牛やまもなく霧の時代来る
奥歯あり喉あり冬の陸奥の闇
子の喉の火柱見える秋の暮
宵闇の末の松山より少年
寒気団整列したり敏雄の忌
愛咬のまま陸前の月夜茸
放蕩のはじめに金糸南瓜あり
族集えり一人は赤き眼の大蛾
梅一輪一輪ずつの放射能
梅雨の夜の書物に海が一つずつ
永劫の酸性雨なり兎の眼
河凍るうすもも色の唇を閉じ
波音に鉄道草の月日あり
海の音聞くために祖母禾となる
瓶中の蝮の夢や天の川
畦を来る一本足や夏雲雀
眠る子は大きなしずく葛の谷
祖霊集めるため寒鯛の目玉喰う
秋風の見える望遠鏡が欲し
童子の眼碧むやませが滲み通る
羽の音籠る春暮の郵便局
艮に棲めば眼窩に光り苔
葛の葉を繰り出す夜の機械あり
蓮根に空飛ぶ話もちかける
蟹の泡積乱雲に続くべし
谷底の螺鈿となりて残る虫
貝殻一つ一つ濃霧のオルゴール
車にも仰臥という死春の月
近づけば暗黒であり大紅葉
野に拾う昔雲雀でありし石
長距離走者おそらく冬のかすみ草
闇生まる花桐二本歩み寄り
阿弖流為の鼓膜を張りし春田なり
 

高野ムツオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 17:09 UTC 版)

高野 ムツオ(たかの ムツオ、1947年7月14日 - )は、宮城県出身の俳人。本名は高野睦夫。金子兜太の「海程」所属を経て佐藤鬼房に師事、鬼房の跡を継ぎ現「小熊座」主宰。




「高野ムツオ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高野ムツオ」の関連用語

高野ムツオのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高野ムツオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高野ムツオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS