鈴鹿野風呂とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 鈴鹿野風呂の意味・解説 

鈴鹿野風呂


鈴鹿野風呂

鈴鹿野風呂の俳句

しぼり出すみどりつめたき新茶かな
北嵯峨の水美しき冷奴
雲を吐く三十六峯夕立晴
 

鈴鹿野風呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 16:29 UTC 版)

鈴鹿 野風呂(すずか のぶろ、1887年4月5日 - 1971年4月5日)は、俳人。本名・登。京都生、京都帝国大学卒。高濱虚子に師事、「ホトトギス」同人。1920年、「京大三高俳句会」を母体として日野草城らとともに「京鹿子」創刊。同誌はのちに野風呂が主宰となり、関西におけるホトトギス派の中軸となっていった。俳諧活動の傍ら学校でも教鞭をとり、戦後の一時期には旧制京都文科専門学校の最後の校長を務めている。1968年京都市文化功労者。句集に『野風呂句集』『浜木綿』 『俳諧大矢数』ほか多数。1971年に83歳で死去した。「京鹿子」発行所でもあった生家は現在は京鹿子社により野風呂記念館として運用されている。




「鈴鹿野風呂」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鈴鹿野風呂」の関連用語

鈴鹿野風呂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈴鹿野風呂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴鹿野風呂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS